フィットネスエクササイズ

「カラダWEEK」クリエイターズ・ファイルで人気 予約3年待ちのカリスマヒップトレーナーMICOが参戦! | カラダWEEK | ニュース

今年で7年目となる、日本テレビ系「カラダWEEK」。キャプテンにはお馴染みの上田晋也、サポーターには中条あやみ・秋山竜次(ロバート)が就任。10月30日(土)~11月6日(土)の8日間、この期間を「カラダWEEK」と題し、10月30日(土)よる7時56分から放送の「世界一受けたい授業」を皮切りに、11月6日(土)深夜11時55分から放送の「Going! Sports...

Read more

初心者の方や女性の方でも通いやすい!京都の格安トレーニングジムを紹介! | | Dews (デュース)

京都市には、数多くのジムがあります。そのなかから今回は、初心者や女性にもおすすめの通いやすいジムをピックアップしました。「ジムに行ってみたいけれど、どこにしたらいいか分からない」という人は、ぜひ参考にしてみてください! 京都のおすすめジム5選...

Read more

エクササイズ機器市場の新しい壮大な成長ストーリー2021-2027Exigo、Fitness EM、Icon Health&Fitness | securetpnews

エクササイズ機器市場のプレーヤーの詳細な会社概要は、主要な戦略、製品ポートフォリオ、包括的なSWOT分析など、考えられる重要事項を含む世界のエクササイズ機器市場予測2021〜2027に関与しています。世界の運動器具市場規模レポート2021は、運動器具の市場シェアの現状、収益の創出、収益性、および世界の地域における運動器具市場の成長見通しをカバーしています。この研究には、エクササイズ機器業界の長所と短所、COVIDの発生の影響、および今後の業界の範囲に関するすべての重要な洞察と評価が適切な方法で含まれています。 エクササイズ機器市場レポートのPDFサンプルを入手してください:...

Read more

「第10回 KITフィットネスフェスティバル2021」をオンライン開催 学校法人金沢工業大学|共同通信PRワイヤー|下野新聞 SOON(スーン)

「第10回 KITフィットネスフェスティバル2021」をオンライン開催11月13日(土)に、ヨガからエアロビクスまで4つのレッスン動画を配信  11月13日(土)に「第10回KITフィットネスフェスティバル2021」を開催します。新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みレッスン動画をYouTube配信します。「KITフィットネスフェスティバル」は、2012年から毎年開催されているイベントで、金沢工業大学が主催します。日頃、体を動かす機会の少ない皆さん、エアロビック愛好者の皆さんそれぞれ自分に合ったプログラムで、楽しくフィットネスを体験できます。例年は学内の多目的ホールで開催していましたが、今回も2020年同様、オンラインでの開催となります。1.開催日:11月13日(土)2.レッスン内容:13:00~13:44 自宅でできる簡単トレーニング(講師:...

Read more

痩せるために“今すぐできること”は? ダイエット専門家が推奨【簡単痩せテク】とは – Peachy – ライブドアニュース

写真拡大 いま一番気になっていることが「痩せること」と言う方は少なくないと思います。そのためには、食事や運動をきちんと管理することが必須。でも、「それが難しい!」のが現実です。そこで今回は“痩せる”ために今すぐできることを探るべく、ダイエット専門家が推奨する4つの【簡単痩せテク】をチェックしてみましょう。🌼即効で3〜5kg減量可能。痩せるために【やるべきこと】&【やってはいけないこと】(1)お腹痩せには“ウォーキング”がおすすめ年齢を重ねるとともに気になってくるのがお腹周りの贅肉です。そんなお腹のサイズダウンに「ウォーキングが最も効果的」と語るのがイギリスでパーソナルトレーナーをしているカーリー・ロウェナさん。 ...

Read more

<10月16日は世界食糧デー>コロナ禍でも非接触で支援可能な従業員バーチャルボランティアプログラム「ケロッグ World Food Day チャレンジ 2021」10月14日(木)よりスタート

シリアル食品の世界シェアトップブランド「ケロッグ」を日本国内で展開する日本ケロッグ合同会社は、10月16日(土)の「世界食糧デー」にあわせ、10月14日(木)より「ケロッグ World...

Read more

コロナ禍でも非接触で参加可能! バーチャルボランティアプログラム「ケロッグ World Food Day チャレンジ 2021」をBeatFitが支援

本プログラムは、当社が運営する運動習慣化支援アプリ“BeatFit”を活用し、在宅リモートワーク環境下でも参加できる運動×食糧支援を組み合わせた従業員バーチャルボランティアプログラムで、昨年に続き2度目の開催となります。エクササイズ1分をシリアル1食分に換算し、食糧を必要とする子どもたちへの寄付につなげます。本年度の目標エクササイズ時間は15,000分で、昨年度から5,000分増やし、期間合計15,000食の寄付を目指します。■非接触の社員ボランティアで、リモートワーク環境下の「健康ケア」と「メンタルケア」も解決  日本ケロッグでは、グローバルで展開している食糧支援プログラム「Breakfasts...

Read more
Page 2 of 89 1 2 3 89