フィットネスビデオ

新型コロナ下の第2四半期のモバイルアプリはダウンロード数、利用時間、売上いずれも新記録達成 |

新型コロナウイルス(COVID-19)による危機に世界が対処を続ける中、2020年第2四半期のテクノロジービジネスはモバイルアプリのダウンロード数、使用時間、消費者支出のいずれも新記録を作る結果となった。 モバイルビジネスのアナリティクス企業であるApp...

Read more

フェルナンド・アロンソ 「F1で重要なのは年齢ではなくスピード」 【 F1-Gate.com 】

ルノーF1で2021年にF1復帰することが決定したフェルナンド・アロンソは、シーズン中に40歳を迎えることになるが、重要なのはスピードであり、年齢ではないと自信をみせる。今月で39歳の誕生日を迎えるフェルナンド・アロンソは、F1から2年間離れていた後、2005年と2006年に2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーF1で2021年にF1復帰することが決定した。 「僕は何年にもわたってF1を見てきた。重要なのはストップウォッチだけであり、年齢ではない」とフェルナンド・アロンソは7月7日(水)に行われたビデオ記者会見で述べた。「僕はパスポートや生年月日に基づいてレースを分類したことは一度もない。常にストップウィッチだった。僕たちはまだ速いことを願っている」アルファロメオF1のキミ・ライコネン(40歳)が今シーズン限りでF1から引退することになった場合、フェルナンド・アロンソは2021年のF1グリッドで最年長ドライバーとなる。40歳のFドライバーは昔のF1では比較的一般的だったが、若者を重要視する現代のF1では珍しいことだと言える。先週末のF1オーストリアGPで3位表彰台を獲得したランド・ノリスは19歳。フェルナンド・アロンソが2001年にミナルディでF1レビューを果たしたときは18歳だった。2021年にルノーF1でチームメイトとなるエステバン・オコンは23歳で、先週、アロンソの成功を見て「F1を好きになった」と語っている。ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーF1が新進の若い才能よりもベテランを選んだことに疑問を呈する人もいることを認める。「我々の決定がそう思われることはすでに期待できる。ルノー・スポール・アカデミーのプロジェクトに対する関心や忠誠心の欠如と見なされる可能性がある。だが、そうではない」とシリル・アビテブールは語った。シリル・アビテブールは、新型コロナウイルスの影響でシーズンが遅れたことで、アカデミーのメンバーである中国人ドライバーの周冠宇や、デンマーク人ドライバーのクリスチャン・ルンガーを評価することが困難になったと説明した。「我々はアカデミーについて非常に真剣であり、特にこの2人については非常に真剣だ」とシリル・アビテブールは付け加えた。「エステバンのように、フェルナンドは彼らの発展に多くをもたらしてくれると確信している」フェルナンド・アロンソも、自分のミッションは成功をエンストンに戻すことではあるが、自分がそれを成し遂げられないとしても、若い世代がルノーF1で成功を味わうことを助ける仕事をすることを誇りに思うと語った。「自分の経験を生かしてできる限りアカデミーを助けようと思っている」とフェルナンド・アロンソは語った。「2022年のレギュレーションがどのようなものをもたらすとしても、僕は彼らを助けることができる。僕のミッションは、マシンだけでなくマシンの外にもあることと認識している」「全力を尽くし、チームがワールドチャンピオンチームになる手助けをするつもりだ。もし、それが自分のドライビングで達成できれば素晴らしいけど、それが将来の若いドライバーで達成されたとしても誇りに感じるだろう。それが僕のミッションだし、チームのためにベストを尽くす。」フェルナンド・アロンソが最後に表彰台に上がったのは2014年のF1ハンガリーGPまで遡る。アロンソは、キャビネットに新たなトロフィー追加することが主な目的の1つであると認める。「チームも僕と同じように表彰台に戻ることを望んでいるし、そのための手段を持っている」とフェルナンド・アロンソは語った。。2018年にF1を去って以降、フェルナンド・アロンソは、インディ500、デイトナ24レース、ル・マン24時間レース、ダカール・ラリーに出場してきたが、F1復帰の可能性があることが明らかになったとき、フィットネスの強化をさらに加速させたと語る。「身体を作り直す必要がある」とフェルナンド・アロンソは語った。「かなり具体的なフィットネスの準備を始めなければならなかった。2月に始めて今では100%だ。15日前にいくつかのフィットネステストを行い、これまでのキャリアで最高の結果が出た。だから、かなりやる気になっているし、満足している。かつてないほど強くなっているよ」...

Read more

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、フィットネス宿泊プラン「Work harder & Destress」発売

世界に先駆けて導入したトレーニングキット「テクノジムケース」とバイクトレーニングマシン「バイクパーソナル」、体幹を整える「ウェルネスボール アクティブシッティング」を、10種以上のプログラムを盛り込んだトレーニングビデオとともにお部屋にご用意いたします。また、有酸素運動とストレッチによるリフレッシュの後は心地よくリラックスしていただけるよう、お部屋にハーブティーもご用意いたしました。都心の眺望が広がる地上約180mのお部屋をプライベートフィットネスとして、本格的なエクササイズとリラックスによる健康で充実したひとときをご提案いたします。...

Read more

【ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町】地上約180mのお部屋をプライベートフィットネスに 宿泊プラン「Work harder & Destress」を販売

世界に先駆けて導入したトレーニングキット「テクノジムケース」とバイクトレーニングマシン「バイクパーソナル」、体幹を整える「ウェルネスボール アクティブシッティング」を、10種以上のプログラムを盛り込んだトレーニングビデオとともにお部屋にご用意いたします。また、有酸素運動とストレッチによるリフレッシュの後は心地よくリラックスしていただけるよう、お部屋にハーブティーもご用意いたしました。都心の眺望が広がる地上約180mのお部屋をプライベートフィットネスとして、本格的なエクササイズとリラックスによる健康で充実したひとときをご提案いたします。...

Read more

飽きない、効率もいい 体験オンラインフィットネス|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

家電女優の奈津子です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ソーシャルディスタンスを守っての仕事が続いています。在宅時間も増えたことで、気になるのが運動不足。外出自粛期間中に蓄えられた脂肪がなかなか落ちないという声もよく耳にするようになりました。今回のテーマはオンラインフィットネスです。話題の2社のサービスを体験した様子をリポートします。24時間、いろんな種類のエクササイズができる「LEAN BODY」オンラインフィットネスの基本的な形態は2種。収録済みの動画を見ながら行う「ビデオレッスン型」と、トレーナーからリアルタイムで指導が受けられる「ライブレッスン型」に分かれています。まずは前者に特化している「LEAN...

Read more

Wyzeが約5300円のワイヤレス屋外カメラを発売 |

シアトルに拠点を置くWyzeは近年、数多くのスマートホームガジェットを手頃な価格で発表したことにより、その名を馳せるようになった。同社は今やスマートプラグやロック、体重計やフィットネスバンドなどあらゆる製品を販売しているが、すべての始まりは20ドル(約2100円)のWyze屋内防犯カメラであった。それに続き同社は最新カメラであるWyze Cam...

Read more

筋トレ嫌いが5か月も続いてる「リングフィットアドベンチャー」のスゴさ|GWおすすめゲーム – Engadget 日本版

新型コロナ感染拡大を封じ込める緊急事態宣言のなか、お家で迎えたゴールデンウィーク。ここ数週間ほど、筆者が外に行かずに「観光」と「運動」を満喫できているのは、Nintendo Switch用ソフト『リングフィットアドベンチャー』のおかげだったりします。▲自然豊かな野原から水車のある風景までバリエーション豊かなコースの数々。毎日走っても飽きません2019年10月の発売直後は予約を忘れて入手できず、たまたま某量販店で予約販売を見つけてから配送されてきたのが12月のこと。それから約5か月、1日も欠かさずプレイしています。輪っかコントローラーことリングコンを引っ張ったり押し込んだり上げ下げしたり、レッグバンドを太ももに巻いてバーチャルで走り込む日々です。筆者はずっとスポーツジムに通ってはいたものの、水泳やスタジオレッスンばかりで筋トレは苦手でした。そんなトレーニング属性だけに、はじめリングフィットにはさほど惹かれていませんでした。そんな筆者が、日常のルーチンである起床する、歯を磨く、ご飯を食べる、に加えて「リングを持つ」が加わるほどハマり、このゲームのためだけに安くはないJoy-Conを買い足しました(前のは反応が悪くなっていたから)。それはリングフィットが任天堂らしく、とことん「ゲーム」だからです。ファンタジーRPGとトレーニングの絶妙な融合これまで筆者が筋トレと縁遠かったのは、そこに「エンディング」がないからです。毎日決まった回数のバーベルを持ち上げ、スクワットをこなし、腹筋を鍛え上げる...............。この終わりが見えない鍛練に耐えられるようなメンタルの強さがなく、少しやってもすぐ投げ出していました。しかしリングフィットはとことん、頭からしっぽまで「ゲーム」です。「闇のドラゴンことドラゴが支配する世界を救うため冒険の旅に出る」というガチの王道ファンタジーRPGです。リングコンを持ってジョギングの動きで移動し、フィットネスやヨガの動きの要素を取り入れた「スキル」という技で魔物と戦う。筋肉を動かす=世界を救うことであり、ちゃんとエンディングもあります。▲ステージによっては「ほぼバトルのみ」のことも。時間当たりの運動量は効率いいですそしてRPGとは「積み重ねていく」システムのことです。「戦う」や「魔法」コマンドをくり返し、経験値を溜めてレベルを上げていき、新たなスキルを獲得していく。それはよく考えたら強度が上がってふだん動かしてない筋肉が悲鳴を上げることなんですが、「積み重ねたこと」の喜びがしんどさを上回っていく。筆者のようにサボリ癖のある子をその気にさせる上で、RPGって最強のシステムじゃないでしょうか。室内でカラダを動かすゲームは本作が初めてではなく、むかし初代プレステ用の『ダンスダンスレボリューション』にハマったこともありました。が、「PARANOiA」のステップを踏んだ翌日には、マンションの階下からの反応が怖かった......。リングフィットにはジョギングを屈伸運動で行える「サイレントモード」が用意されていて、さすが日本の住宅事情をよく分かってらっしゃる。▲膝を屈伸するだけで「走った」とみなし、床にドスドス足音が響かないサイレントモードのありがたさ満遍なく鍛えられるスキルマップの巧みさRPG仕立てについてはターン制バトルなどをなぞっているだけでなく、スキルの獲得も今どきのスキルツリー風味の「スキルマップ」方式。レベルアップごとにたまるスキルポイントとコインを一定額支払って入手していくんですが、1つ取るごとに枝分かれして「これの次はこれか、ないしコレ」と選んでいくやり方です。目当てのスキルを取るには、途中にある目当てでないものも取らざるを得ない。それぞれスキルには攻撃範囲とダメージ、そしてうで/はら/あし/ヨガの種類分けがあります。その中でもお買い得に見えるのが、ヨガのスキル。「立木のポーズ」はボス戦で大火力が期待でき(ヨガなのに火力)片足で立って上体をゆっくり倒す「英雄3のポーズ」は3体の敵を効率よくなぎ倒すのに向いています。そうしてヨガばかり使って展開を進めていくうち、「属性」なる概念が登場します。これはうで=赤やはら=黄など、同じ色のモンスターにはダメージに倍率がかかって利きやすいというもの。▲足(脚)=青なら同じ色の敵に大ダメージ。逆に無属性の敵は「どの色でも攻撃が通りにくい」のでやっかいやはりRPGという「ゲーム」だけにクリアしたい欲が湧いてくるため、勝つためなら!と「あし」のスクワットに手を出す。すると同系統のバンザイスクワットも魅力的に見えてくる......ということで、いつの間にやら一番キツいマウンテンクライマーを取っていました。▲スキルのほか攻撃力+10や連続行動、体力アップなどが取れるスキルマップ。コンプリートしたのでやることがない...ゲーマーであれば魔王を楽に倒せる最強の剣を取るために、何十時間もの回り道も厭わないもの。できるかぎりシンドい思いをしたくない、そのために床に手をつき脚を交互に引き寄せて息をゼーゼーさせるなんて平気だという矛盾した行動を取らせるリングフィット。これぞゲーミフィケーションですよね(違うかもしれない)。▲コース上で拾ったり店で買える素材から、体力回復などさまざまな効果を持つスムージーが作れる。ゲーム内の主人公は回復してもプレイヤーの疲れは取れませんリングはドラゴのストーカー?リングフィットのストーリーは「闇のオーラをまとうドラゴン(ドラゴ)を解き放った主人公が、リングコンそっくりのリングと一緒に冒険の旅に出る」という単純極まりないものです。おおむね行く先々で無理なトレーニングを強いられる人々を救ったり、腹筋で道をふさいでいる岩を砕いて交通を回復させたりと、ちょっと世界観は脳筋にもほどがありますが勇者ファンタジーの王道です。しかしリングとドラゴの関係にただならない濃密な何かが漂っています。そもそも貧弱な体を嘆いていたドラゴを鍛えてやるよき友だったリングは、闇のオーラに取り憑かれたドラゴ(取り憑かれる前とトレーニング狂が変わってない気もしますが)を友達だからと封じ込めていた間柄です。リングは道中では主人公(プレイヤー)が何をしても「よくやった!」「あと一息!」と褒めたり励ますばかり、失敗しても一言もけなさないいいやつです。リングがいなければ辛いトレーニングは耐えられないといっていい。こんなトレーナーが現実にいたら欲しいよ本当に。▲いきなりコイバナを始める元ラスボスその爽やかさが印象づけられているだけに、道中での言葉の端々に「ドラゴを助けてやらなければ......」という言葉が熱っぽく、ほとんど粘り気さえ感じられるのです。ただの友人のことばかり、そこまで四六時中考えていられるのか......?そう前フリを重ねておいて、とあるボス戦。「...

Read more
Page 2 of 217 1 2 3 217