フィットネス

フィットネスショップ 名古屋パルコ栄店 2021年10月20日(水)オープン|株式会社THINKフィットネスのプレスリリース

東海エリア最大級のラインナップを誇る、トレーニング・ホームマシンのショールーム「フィットネスショップ」が、久屋公園エリアよりフロア面積を約4倍にパワーアップし、移転オープンします。フィットネス・トレーニング用品・サプリメント・サポーター・リカバリーグッズ・ボディビル・格闘技用品などを取り揃え、トレーニング初心者から愛好者、競技者まで幅広い方々に満足していただける多様な商品を取り揃えています。■マシンショールームを完備 昨今、自宅でトレーニングをされる方が増えている中、フィットネスショップ...

Read more

スマートフィットネスウェアの市場規模と展望2021-2027 |センソリア、ミスフィット、アップル | securetpnews

スマートフィットネスウェア市場のプレーヤーの詳細な会社概要は、主要な戦略、製品ポートフォリオ、包括的なSWOT分析など、考えられる重要事項を含むグローバルなスマートフィットネスウェア市場予測2021〜2027に関与しています。世界のスマートフィットネスウェア市場規模レポート2021は、スマートフィットネスウェアの市場シェアの現状、収益の創出、収益性、および世界の地域におけるスマートフィットネスウェア市場の成長見通しをカバーしています。この調査には、スマートフィットネスウェア業界の長所と短所、COVIDの発生の影響、および今後の業界の範囲に関するすべての重要な洞察と評価が適切な方法で含まれています。 スマートフィットネスウェア市場レポートのPDFサンプルを入手する:...

Read more

服にも装着できるアクティヴィティトラッカーは、「スマート衣類」の市場を開拓できるか | WIRED.jp

「WHOOP」という名のアクティヴィティトラッカーを知っているか、誰かに尋ねてみてほしい。ぽかんとした顔をする人もいれば、これがなければ運動や睡眠はおろか生きていくことすらままならないと答える人もいるだろう。WHOOPはプロのスポーツ選手や大学所属のアスリート、ハードなトレーニングに取り組む「クロスフィッター」と呼ばれる人々、そして土日の運動を欠かさない“週末戦士”といった熱心なフィットネス愛好者向けのリストバンド型ウェアラブル端末だ。このWHOOPが注目される理由はふたつある。ひとつめは月額あるいは年額のサブスクリプション料金を支払わなければ利用できないこと。ふたつめは、その日にユーザーがどの程度の身体的負荷に耐えられそうか教えてくれる特筆すべき機能があることだ。「スマート衣類」への進出WHOOPのビジネスモデルに36億ドル(約3,960億円)もの評価額がつくとは思えないかもしれない。しかし、一部の投資家(そして人数は明らかになっていないがサブスクリプションの加入者たち)は、WHOOPをまさしく「Big WHOOP(大歓声)」に値するビジネスと見ているようだ。さらに、ボストンを拠点とする同社はこのほど製品のラインナップを拡大し、「スマート衣類」の分野へも進出しようとしている。手首に巻くタイプが主流の端末を、同社が展開するアスレチックウェアにも装着できるデザインに改良したのだ。新製品は「WHOOP...

Read more

AIフィットネス、手話ライブコマース等、アリババが取り組む障がい者のデジタル・ライフ – AlibabaNews Japanese – アリババニュース

解説:社会的弱者層の人々をデジタル技術の力でサポートする。アリババグループは一貫して続けてきた取り組みだ。中国貧困地域の農民でも使えるアリペイのフィンテック包摂的な取り組みが知られていますが、障がい者向けにも多くのサービスを生み出してきた。 今夏、大きなスポーツイベントに全世界から集まったアスリートたちの熱戦に夢中した方も多いのではないでしょうか。さて、障がい者スポーツはなにもプロのスポーツ選手だけのものではありません。多くの障がい者もスポーツを楽しみたいと思っていますが、なかなか環境が整っているケースは少ないようです。...

Read more
Page 2 of 31 1 2 3 31