未分類

コンラッド東京、6月3日(金)から6月6日(月)の4日間限定で「プラチナ・ジュビリー・アフタヌーンティー with ウェッジウッド」を開催(2022年4月26日)|BIGLOBEニュース

英国エリザベス2世女王の在位70周年を記念コンラッド東京(東京都港区、総支配人ニール・マッキネス)は、2022年6 月3日(金)から6月6日(月)の4日間限定で、バー&ラウンジ「トゥエンティエイト」にて、英国エリザベス2世女王陛下の在位70周年にあたり、英国君主として初めてプラチナ・ジュビリー(プラチナ記念式典)を迎えることを記念した「プラチナ・ジュビリー・アフタヌーンティー...

Read more

家事負担増・外出できないストレス、どう解消する?幸せなおうち作りのTIPS5つ | NewsCafe

コロナ禍でおうち時間が増え、在宅勤務も定着化した今、通勤ストレスは減ったものの、おうちの中での家事や家族コミュニケーションのストレスを感じていませんか?今回は、そんな悩ましいおうち生活を快適に変え、幸せに暮らすための環境づくりのTIPSを、積水ハウスの住生活研究所の所長に教えていただきます。また最近人気のお家づくりの傾向やおすすめのお家もご紹介。おうち生活、どう過ごしてる?皆さんは在宅中のおうちで、どう過ごしていますか?積水ハウスが2020年5月に実施した「在宅中の家での過ごし方調査」によると、在宅時間増加によりストレスが増えた人は全体で60.7%、男性は51.3%、女性は70.0%と、女性のほうがストレスが増加する傾向にあるという結果に。そこで、在宅勤務をしている29.3%の88人を対象に、在宅時間が増えたことで不満に思っていることを聞いたところ…運動不足はやはり多いものの、家庭でのストレスや家計のこと、家事量増し、自由な時間が減るなどが上位に。一方で、現在、在宅勤務中の人のうち、86.4%が今後も在宅勤務をしたいと回答していたそうで、多くの方が今後も長時間をおうちで過ごすというライフスタイルを希望する傾向にある模様。with コロナ時代の新しいライフスタイルに対応するための在宅TIPSコロナ禍に入り3年目となった今、より快適でストレスフリーなおうち時間を過ごすため、工夫をしたいもの。そこで積水ハウス...

Read more

がん治療後の不調を改善 支えるのは専門運動指導士|NIKKEI STYLE

がんになった人が元気に仕事をするためには、体力の回復や体の不調の改善は重要だ。以前の記事「どんな『がん』でもリハビリ大事 体の機能低下を防ぐ」でがんのリハビリテーションの大切さをお伝えしたが、大阪にあるルネサンス運動支援センターでは、大阪国際がんセンター認定がん専門運動指導士が、運動を通じてがん患者の職場復帰やQOL(生活の質)の改善を支えている。自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。ルネサンス運動支援センターの責任者、沖本大さんにがん患者の体をサポートする取り組みを聞いた。退院後にがん患者が運動できる場所として開設――がん患者に特化したルネサンス運動支援センターは、大阪国際がんセンターの敷地内に2019年6月に開設されました。このような施設があることを私は最近知ったのですが、まず、運動支援センターができた経緯をお聞かせください。大阪国際がんセンター沖本さん もともとは、大阪国際がんセンターの医師をはじめとした医療スタッフの皆さまが、入院中にリハビリを受けたがん患者さんの退院後の運動継続について、とても気にかけておられたことに始まります。この10年ほどで、がんは入院治療から通院治療が中心になりましたが、現在のがん患者さんのリハビリは基本的に入院期間中に行われ、退院後にリハビリや運動をしたくても適した場所があまりなかったからです。私たちルネサンスは、総合スポーツクラブや介護リハビリ施設などを運営し、企業や自治体に出向いて健康づくりを支援する活動にも取り組んでいることから、がん患者さんの退院後の運動支援ができるのではないかとルネサンス運動支援センターを開設することになりました。――大阪国際がんセンターとは、どのように連携を取っているのですか。沖本さん 病院内に運動支援センターの取り組みを推進するプロジェクトチームを作っていただき、整形外科など3人の医師やリハビリテーション科の理学療法士、看護師の方々が参加してくださっています。私たちの活動を定期的に報告したり、悩み事が出てきたときにはアドバイスを受けたりしています。大阪国際がんセンターは公的な医療機関ですし、民間事業者である弊社と個人情報の連携をすることはできません。病院内にパンフレットを置くなどして、運動支援センターでの運動の推進を働きかけてくださっています。患者さんの病気や治療内容などは、運動支援センターでイチからお聞きしています。一人ひとりの体の状態を見ながらマンツーマンで指導――ルネサンス運動支援センターは、どのような特徴のある施設でしょうか。沖本さん がんやがんの治療によって起こる体の痛みや不調などを運動で解決に導くことができ、大阪国際がんセンターリハビリテーション科で技術指導を受け、専門知識・スキルを持つスタッフがいることです。当初はどのような形で運動指導するのがよいかを試行錯誤しましたが、今は一般のスポーツクラブでもパーソナルトレーナーが普及してきており、私たちもマンツーマンが適していると判断し、一人ひとりの体の状態に合わせて運動指導をしています。 --...

Read more

40代からの肉体改造|3カ月で体脂肪は半減、割れた腹筋を手に入れた男性

名前:マーク・ティバッツ年齢:44歳家族構成:妻、息子、娘勤務地:香港3カ月半の成果:体重約11.8kg減、体脂肪率は27パーセントから13パーセントに落ち、筋肉量は約1.4kg増量肉体改造の取り組みとその結果について、マークさんにお話をうかがいました。肉体改造に取り組む決心をしたきっかけ振り返ってみると、私(マークさん)は軽度の“中年期の危機”を迎えていたのだと思います。すくすくと成長する子どもたちをありがたく眺めれば、「元気で活動的な父親でいたい」、そう願う気持ちを抑えることはできません。40代も半ばを迎えると、仕事と家庭生活とのバランスを上手に取るのと同じくらい、健康を意識せざるを得なくなります。コロナ禍が起きる前には出張も多く、なかなか落ち着いて健康を気遣えずに過ごしてきました。しかし昨年(2021年)の夏、このパンデミックによって出張が無くなり、家族と過ごせるようになったことで生まれた良い影響もあったのではないか? と気づいたのです。その瞬間、今こそ身体のケアをするときだと直感したのです。以前から気になっていたことですが、食生活や運動習慣の改善に一貫性を持って取り組むのはなかなか困難でした。香港にあるジムでトレーニングをしている妻の知人が何人かいて、その効果の程はよく聞かされていました。そして、妻自信が実勢にそのトレーニングで目覚ましい効果を上げたことで、私もついにやる気になったのです。...

Read more
Page 2 of 31 1 2 3 31