冬に爪が割れる…保湿が爪先美人の第1歩。でこぼこや縦線の予防にも効果 | OVO [オーヴォ]

乾燥する冬に起こる爪割れの原因は水分不足 冬は乾燥の季節です。顔や手足はまめに保湿している人が多いかと思いますが、爪はどうでしょう?冬になると爪が割れて、セーターやタイツなどにひっかかり、ストレスを感じることが多いですよね。 人間の体の中で、一番水分を蒸散してしまう場所は唇、その次は意外にも爪です。唇にうるおいがなくなると、荒れて割れたりしますが、爪も同じことが言えます。 爪が乾燥すると表面のツヤがなくなり、縦線が出るなど見た目にも影響します。また爪の水分量が減ると硬くなって割れたり二枚爪になったりします。 みなさん、足のかかとを思いだしてくだい。かかともお手入れをしないままだと厚みが出て硬くなり、ガサガサになって割れてしまいますよね。唇もそうですが、かかとも爪も肌に油分を供給する皮脂腺がないため、乾燥しやすい場所なのです。 そのため、ある程度水分があったほうが、爪は割れたりせず、健康で丈夫な状態になります。つまり、爪の水分量が多くなると柔軟性が上がり割れにくくなります。理想的な爪の水分量は12〜15%と言われています。 では、爪の水分量を保つにはどうすればいいでしょう? 爪の水分量を保つ甘皮のケア。栄養や水分維持に効果 爪の乾燥を予防するためには、甘皮ケアがおすすめです。甘皮は爪の根元と皮膚の境目にある薄い皮で、爪を作る部分、爪の生え際にばい菌が入るのを防ぐ役割を果たしています。爪が生えてくる部分を守っている大切な甘皮ですが、この甘皮が爪の表面に張り付いたままだと、爪が伸びようとするのを妨げてしまいます。しかし、この爪の表面を覆う薄い甘皮を適切にケアすることで爪の成長が促されるようになります。 甘皮が必要以上に残っていると、爪にいきわたるべき栄養や水分を奪ってしまい、乾燥など爪の健康に影響してしまうのです。こういった理由から、甘皮をケアして取り除くことで爪の水分を保つことができるというわけです。 定期的にお手入れを続けていくことで甘皮も伸びなくなり、爪の表面にぴったりこびりつくこともなくなります。また、爪の表面を薄く覆う甘皮をケアすると健康な爪を育てることができるほか、ネイルカラーが密着しやすくなり長持ちするメリットもあります。 日常的なオイルやクリームなどでの日頃のケアで指先美人に 甘皮を適切にケアすることは、爪の水分量を守るために有効です。ただ、あまり頻繁に行う必要はなく、2週間に1度ぐらいのペースでいいでしょう。カットするなど甘皮を取り過ぎるとかえって爪を傷める可能性があるので、お湯やハンドクリームで甘皮をやわらかくしてから、綿棒などでやさしく押し上げてふき取る程度にとどめておいてください。 日常的なお手入れとして、オイルやクリームを用いて爪と甘皮の保湿を行いましょう。 甘皮ケアはサロンでも受けることができます。ネイルをする際は、こういった事前のケアが大切でサロンでも丁寧に行う工程です。実際に、ネイルオイルなどで爪や手肌をケアすることでうるおいを保てることもわかっています。 人間の体の中で、一番水分を蒸発するのは、唇、その次が、爪です。水分が少なくなると唇が荒れたり、割れたりするように、爪も同じことが言えます。爪の水分量が多くなると柔らかくなり、割れにくくなります。またかかとが厚くなると割れてしまうのと同じように爪も厚くなりすぎると割れやすくなります。つまり、ある程度水分があったほうが、爪は割れたりせず丈夫で健康的です。肌や爪にとって、水分はとても大切なものです。東京工科大学応用生物学部 教授 前田憲寿 『化粧品用オイルを配合したジェルネイルのヒト有用性試験』より 冬は湿度が低く乾燥しやすい季節なので、こまめにケアをして手をいたわってあげましょう。 <筆者略歴> 渡辺 幸子:フレグランスネイルアーティスト 1984年:玉川学園女子短期大学卒業     全日本空輸株式会社入社、客室乗務員として従事1995年:全日本空輸株式会社退社2001年:ネイルスクールにてディプロマ取得主婦層をターゲットにした地元密着型ネイルサロン「ネイルレイ」を自宅にて開設すると同時に、ネイル講師としてカルチャーセンターでレッスンを行う2003年~2005年:サロンワークの傍ら東京都目黒区のサロンで新たな技術を磨く2004年:ニューヨークで開催されたコンベンションを視察。ジェルネイルが今後の日本のネイル業界の主流になると確信し、当時日本で唯一ジェルネイルを導入していた企業にて資格取得2011年~:ネイル業界の課題解決を目的に製品開発に着手2015年7月:横浜元町へサロンを移転2017年3月:株式会社美肌ネイル設立2017年5月:特許取得(特許第5936018号 ネイル装飾用組成物)2017年6月:ブルガリア大使公邸にてブルガリアンローズを使用した「美肌ネイル」製品を発表一般社団法人ブルガリアンローズ文化協会が定めた「ローズの日」に合わせて毎年開催される「ローズの日の集い」を特集した健康産業新聞に掲載2017年8月:「美肌ネイル」製品発売2017年10月:東京工科大学による科学的な実証研究にてヒトへの有用性が判明2018年1月:横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタに登壇し「美肌ネイル」製品を発表2018年4月:世界の女性起業家が集まるFCEMに参加するため渡米2018年5月:本国ブルガリアからブルガリア友好親善大使の2017年度ローズクイーンが来日、ブルガリアンローズの普及活動に帯同。ブルガリア大使公邸にて「美肌ネイル」製品のヒト有用性について検証結果を発表2019年2月:NHK「旬感☆ゴトーチ」内のコーナーで「香る大人のネイル」として放映2019年5月:2018年度ローズクイーン来日、横浜高島屋で開催された絵画展のサポート2019年8月:香水販売とオリジナル香水創り講習会を行う香水サロン「Maison de Rei」開設 渡辺 幸子:フレグランスネイルアーティスト (渡辺 幸子:フレグランスネイルアーティスト) <関連記事>人生100年時代にフィットネスブーム到来。ボディメイクだけではないその役割とはマラソン愛好者必見!冬トレーニングで圧倒的レベルUPを実現する鍛え方高齢者施設や交流サロンで実践できるレクリエーション集...

Read more

コンラッド東京、「水月スパ&フィットネス」にてコンラッド東京15thアニバーサリープログラム 『BEAUTY MEETS FUTURE(ビューティ・ミーツ・フューチャー)』をスタート|コンラッド東京のプレスリリース

コンラッド東京(東京都港区、総支配人ニール・マッキネス)は、29階に位置する「水月スパ&フィットネス」において、ホテル開業15周年を記念したアニバーサリープログラムとして『BEAUTY MEETS FUTURE(ビューティ・ミーツ・フューチャー)』を本日、2020年2月20日(木)よりスタートいたします。本プログラムでは、花王の高級化粧品ブランド「est(エスト)」を採用し、同社が開発したファインファイバーテクノロジー(積層型極薄膜形成技術)を応用したスペシャルケア「バイオミメシス ヴェール」を導入。水月スパのオリジナルオイルを使った人気の高いボディトリートメント、「ミズキスピリット」を軸に、計15のサービスで構成されたプログラムを提供します。 2020年7月に開業15周年を迎える「コンラッド東京」の歩みと、拓く未来をテーマに企画した『BEAUTY MEETS FUTURE』には、“内なる自分を開花し、今の自分も、未来の自分ももっと美しく”をコンセプトに、『15』のサービスを組み込みました。今回採用する「est」の「バイオミメシス ヴェール」は、日本のみならず海外からも注目が集まっております。国内外のビューティーコンシャスな消費者を魅了する「est」の最先端*¹商品と組み合わせて誕生したフェイシャルトリートメントを本プログラムに導入することにより、“未来志向の美”を意識したクオリティーの高いトリートメントを体験していただける環境を整えました。(*1)「est」内において自身の身体がもつ自然のリズムに働きかけて美と健康をもたらし、心身ともにリフレッシュできるトリートメントを提供する「水月スパ&フィットネス」。”肌の営みに学び、美の潜在力を引き出すこと”を原点とし、開発を続ける「est」。それぞれの美に対する共通の意識が出会って誕生した『BEAUTY MEETS FUTURE』が、“今の自分も、未来の自分ももっと美しくありたい”と願うゲストの気持ちに寄り添った施術を提供します。期間中は、エスト バイオミメシス ヴェールを体験できる特典も併せてご用意しております。コンラッド東京 15thアニバーサリープログラム概要1. アロマフットバス 2. ひのき風呂 3. 抹茶とお茶菓子 4. ソルトボディスクラブ (45 分) 5. バンブーマッサージ 6. 水月スパ&フィットネス」のオリジナルオイルを使用したボディトリートメント(90分) 7. エスト バイオミメシス ヴェールを使用したミニフェイシャル(約30分) 8. スパスイートへのアップグレード 9. コンラッド東京 水月スパオリジナルのスイーツとハーブティーをリラクゼーションルームにて 10. 25mのプールとウォーターエクスペリエンス(温浴施設)へのアクセス 11. 水着レンタル 12. 次回の訪問でご利用いただける 1 Day...

Read more

フィットネスサブスクのClassPassが約310億円を調達しユニコーンに |

ClassPass(クラスパス)は米国時間1月8日、2億8500万ドル(約310億円)のシリーズEラウンド資金調達のクローズを発表した。このラウンドはL CattertonとApax Digitalがリードし、既存投資家のTemasekも参加した。この調達でClassPassのバリュエーションは10億ドル(約1090億円)になる。 TechCrunchはこのラウンドが進行していることを聞いていたが、本日その内容を、確認できた。 ClassPassは、ユーザーが気軽に運動できるようにすることを目的に、2013年にサービスを開始した。小さなフィットネススタジオと提携し、ユーザーはスマホで一覧を検索してクラスを予約できる。サービス開始以来、ClassPassは経済性を高めようといくつかのビジネスモデルを試した。 2017年に同社は仮想通貨を使ったクレジットシステムを導入すると発表した。クラスの人気度データと組み合わせることでさまざなま価格を導入できるようになった。1カ月に3ないし5、10のクラスを受けるのに月額料金を払う代わりに、ユーザーはバーチャルのClassPass通貨を使ってそれぞれのクラスの需要に応じた額を払ってクラスを申し込む。 現在採用している収益モデルをもとに、ClassPassはこれまで成長に注力してきた。同社は現在28カ国で展開しているが、海外マーケットでの成長が最優先事項だった。小さなスタジオやジム、ウェルネスサービスを含む3万超のパートナーと提携している。 成長するために次に注力したのが、サービスだ。ClassPassは法人が従業員のClassPass利用を助成する法人向けプログラムを導入した。このプログラムでは各従業員が使用するかどうかに基づいて雇用者が助成するというもので、これは他の法人向けサービスと異なっているとCEOのFritz Lanman(フリッツ・ランマン)氏は話す。 これまでのところ、Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)やGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)、Google(グーグル)、Facebook(フェイスブック)など1000あまりの企業(雇用主)がClassPassのプラットフォームを活用している。 最後に、ClassPassはウェルネス事業者を取り込みながら提供するサービスを拡大している。共同創業者のPayal Kadakia (パヤル・カダキア)氏は、会社を興す当初からユーザーが新たな体験を見つけて楽しむことができるポータルとしてのClassPassを描いてきた。この考えはフィットネスを超えたものであり、ClassPassの次のターゲットはウェルネスだ。 カダキア氏は、ClassPassで瞑想クラスに申し込むユーザーの大半は初挑戦の人だと述べた。ちなみに、同クラスは、同社が提供するクラスで最も人気のウェルネスだ。 カダキア氏の声明文は以下のとおりだ。 これまでに1億時間を超えるエクササイズが予約されるなど、顧客やパートナーにもたらしたインパクトが我々のモチベーションになっている。今回の資金調達は大きなマイルストーンであり、人々がアクティブでいられるよう、そして時間を有意義に過ごせるようにサポートするという我々の使命を果たすべく今後も邁進する。 ClassPassはいくつかのビジネスモデルを試すなど、2013年からの道のりは平坦ではなかった。しかしランマン氏は、許容性がClassPassの強みだと信じている。 ClassPassのサービスが立ち上がった当初は、会員は定額で好きなだけクラスを受けることができた。その後価格を見直し、1カ月に受けられるクラスの数に上限が設けられた。こうした経緯を踏まえて仮想通貨と変動的価格の立ち上げに至っていて、これはうまくいっているようだ。 「変化は吉となりえる」とランマン氏は話した。「私はこれまでにいくつかのビジネスモデルを試したことを恥ずかしいとは思っていない。今よりも小規模のときにビジネスモデルを試していなかったら、このクレジットシステムにたどり着いていなかったかもしれない」。 そして彼は「パーフェクトなモデルがない事業もあり、永遠に模索することもある。ビジネスモデルの模索・実行というプロセスには多くのメリットもある」と続けた。 今回のラウンドで、ClassPassの累計資金調達額は5億5000万ドル(約600億円)となった。今後はマーケットの拡大と法人向け事業の成長を図る計画だ。 (翻訳:Mizoguchi) TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう -- to jp.techcrunch.com

Read more
Page 1151 of 1157 1 1,150 1,151 1,152 1,157