暗闇フィットネス(R)FEELCYCLEがプロデュースしたセレクトショップ DIFFERENTLY が1周年記念イベントを開催!:時事ドットコム

[株式会社FEEL CONNECTION] 暗闇フィットネス(R)のパイオニア「FEELCYCLE(フィールサイクル)」を運営する株式会社FEEL CONNECTION (本社:東京都中央区/代表取締役社長:橋本英治)が展開する、セレクトショップ 「DIFFERENTLY(ディファレントリー)」が2020年2月10日(月)に1周年を迎えます。それを記念して、2月11日(火・祝)に1周年記念イベントを開催いたします。「DIFFERENTLY(ディファレントリー)」「世界中にある、まだ見ぬ新しい価値をDIFFERENTLYを通して広めていこう」を合言葉に、日本未上陸の海外ブランド及び、海外デザイナーとのコラボレーション商品を多数取り揃えているセレクトショップです。商品のキーワードは「本物の価値」「他では手に入らない」「こだわり」「幸せ」。流行だけにとらわれず、モノづくりを真剣に行うデザイナー達の商品を店頭にお越しいただき、是非手に取り体感してください。【EVENT INFORMATION】DIFFERENTLYxイラストレーターMariya Suzukiによるコラボレーション企画DIFFERENTLYにて商品をお買い上げのお客様にポートレート、もしくはお買い上げいただいた商品を描いてプレゼント。※定員に達し次第終了となります。開催日時:2月11日(火・祝) 第1部11:00~13:00/第2部14:00~16:00/第3部17:00~19:00<Mariya Suzuki>東京をベースに活動中のイラストレーター。本や雑誌、広告、ウェブなど、幅広いメディアにてイラストを提供する傍ら、都内を中心に、オフィスや商業施設の壁画も多数手がける。日常の中のあらゆるものを見て描くことを得意とし、まちを歩きながら心に響く形やストーリーを感じるものをとらえることが好き。【Official site】http://www.mariyasketch.com/【instagram】@mariyasuzuki【SPECIAL GIFT】11,000円(税抜)以上ご購入のお客様に、DIFFERENTLY 1st. Anniversary Tシャツをプレゼントいたします。※2月10日より、なくなり次第終了となります。【NEW COLLECTION】DIFFERENTLYxPRINTED ARTWORKSこだわりを追求した世界中のバイヤーがこぞって選んだ「PRINTED ARTWORKS」とのコラボレーション商品を発売します。FEELCYCLExMaurizio Massimino数々の有名メゾンのデザイナーを務めたMaurizioと共同開発をしたデニムが登場します。DIFFERENTLYxPASSAGE COFFEE今、注目されているコーヒーショップの一つ、<PASSAGE COFFEE>とのコラボレーションにより誕生したオリジナルブレンドコーヒー「DIFFERENTLY BLEND」が2月10日より店頭にてご購入いただけます。DIFFERENTLY×FEEL&FOODSFEELCYCLEがプロデュースする「FEEL&FOODS」が当日ご来店いただいたお客様にスペシャルギフトをご用意いたします。DIFFERENTLYより新しく発売するオリジナルブレンドコーヒー「DIFFERENTLY BLEND」と一緒にお楽しみください。「DIFFERENTLY」取り扱いブランド(一部)※2020年2月時点FABIANO RICCI (ITALY)FRISUR (GERMANY)HERM (UK)Maurizio Massimino (ITALY)Passion Blanche...

Read more

iOS 14の新機能はスタートアップにとって脅威となる |

フィットネスや壁紙、失くしたアイテムの探索機能などを提供するスタートアップは、強大な競合と新たに直面することになりそうだ。しかもそれは、すべてのiPhoneに標準装備される。 画像クレジット:SkinStyler、Zeeshan Ahmed、Rizki Kurniawan Apple(アップル)が、この6月に公開することになるiOS 14のコードのリーク情報から、多くの新機能と、新しいデバイスの登場が予想される。アップルが、そうした新たな機能をOSレベルで組み込んでくることは、スタートアップにとって脅威となるだろう。新しいiOSが登場した途端に巨大なインストールベースを獲得し、そうした新機能を無料、もしくは安価に提供できるからだ。そして、iPhoneという収益の柱の売れ行きをさらに増加させることになる。 このような新たに発見されたものが、すべて実際に6月に公式に発表されるのか、あるいはもっと後になるのかは、まだわからない。以下に示すのは、9To5MacのChance Miller(チャンス・ミラー)氏が取得したiOS 14コードの分析結果だ。そこから、どのようなビジネスにアップルが割り込み、どのスタートアップが打撃を受けることになるのか、予想できる。 フィットネス:コードネーム「Seymour」 AppleはiOS、WatchOS、Apple TVで使えるトレーニング用のガイドアプリ「Seymour」(シーモア)を準備しているようだ。これにより、ユーザーは解説ビデオクリップをダウンロードして、さまざまなエクササイズができるようになる。MacRumorsのJuli Clover(ジュリ・クローバー)氏によれば、このアプリは、「Fit)」(フィットまたは「Fitness」(フィットネス)と呼ばれる可能性が高いという。ストレッチ、コアトレーニング、筋力トレーニング、ランニング、サイクリング、ローイング、アウトドアウォーキング、ダンス、ヨガをサポートしている。Apple Watchを使えば、トレーニングルーチンの進捗を把握できるようだ。 iOS 14のコードに埋め込まれたアップルのフィットネス機能のアイコン iOSの「ヘルスケア」アプリは、歩数やその他のフィットネス関連の目標を管理するため、かなり一般的に使われている。ヘルスケアを使って、新しいフィットネス機能をパーソナライズしたり、利用を促進することにより、アップルは簡単に巨大なユーザーベースを手に入れることができる。適切なトレーニングによって怪我や障害を避けるためには、学ぶべきことが多いので、ウェイトトレーニングや、筋力トレーニングに恐怖感を抱いている人も多い。複数のアングルから撮影されたビデオによるビジュアルなガイドによって、腕立て伏せや二頭筋カールなども、正しくできるようになる。 アップルがフィットネスに参入することで、Futureのようなスタートアップは危機にさらされる可能性がある。Futureも、個々のエクササイズのやり方をビデオで説明する、カスタマイズされたトレーニングルーチンを提供しているからだ。Futureは、これまでに1150万ドル(約12億400億円)の資金提供を受けたスタートアップ。月額150ドルで、Apple Watchを使ってトレーニングの進行を管理するサービスを提供している。これは、視覚、音声、バイブレーションを利用して、iPhoneの画面を見なくてもエクササイズを切り替えるタイミングを知らせてくれるもの。Featureの場合には、人間のパーソナルトレーナーがいて、エクササイズをサボると、テキストメッセージで小言を言ってくるが、アップルはそれがない代わり、同様の機能を無料で提供してくれるのだ。 アップル製のFitnessは、トレーニングの視覚的なガイドのみを提供するSweatやSworkit、あるいは音声のみのAaptivのような、それほど高額ではないアプリにとっては、もっとやっかいかもしれない。バイクを使わないBeyond the Rideというトレーニングを、ライブまたはオンデマンドのクラスとして提供しているPelotonや、巨大な3Dセンサーを内蔵したウェイトリフティング用の家庭用スクリーンを提供するTempoといったハードウェアメーカーも、アップルの無料、または安価なサービスに、それほどこだわりのない顧客を奪われる危険を感じているかもしれない。 支払い方法に関するコードがないので、アップルのFitnessは無料だと考えられる。とは言え、アップルがサービスを拡張して、有料のプレミアム機能を付加することも十分に考えられる。たとえば、人間の専門家によるリモートのパーソナルトレーニング補助機能や、エクササイズの種類を、有料で追加することもあるかもしれない。それによって、こうしたサービスから収益が得られるようにするわけだ。 壁紙:サードパーティによるアクセス 現在のiPhoneの壁紙セレクター iOS 14では、アップルは新たな壁紙のカテゴリを、現在のダイナミック(ゆっくりとずれる)、静止画、Live(タッチすると動く)という3種類のオプションに追加するかもしれない。これまでアップルは、最初からあるいくつかの内蔵の壁紙に、カメラロールからだけ追加できるようにしてきた。しかしiOS 14のコードは、サードパーティが壁紙を提供することに、アップルが道を開く可能性を示している。 壁紙の「ストア」ができるとすれば、この分野の起業家にとって祝福すべきことにも、呪うべきことにもなる可能性がある。壁紙を取り揃えて閲覧させ、購入、ダウンロードできるにしているVellum、Unsplash、Clarity、WLPPR、Walliなどのサイトやアプリを危険にさらすことになるかもしれない。アップルは、同様の機能を壁紙の設定に直接組み込むことで、自ら膨大な壁紙のコレクションを提供することも可能だからだ。とはいえ美しい壁紙のクリエーターにとって、iOS 14が新たな販売方法を提供することになることも考えられる。ユーザーがiPhone画面の背景をインストールする場所で、直接サードパーティの壁紙を購入できるようになる可能性もあるのだ。...

Read more
Page 1385 of 1452 1 1,384 1,385 1,386 1,452