Fitbit Versa 2 健康志向・フィットネス用スマートウォッチ | ニコニコニュース

Fitbitはフィットネスに特化したスマートウォッチなのですが、ユニークなのはジムやランニングなど行動を起こしているとき以外も、日々の過ごし方がフィットネスであり、身体作りの目標を達成する為に、どのようなツールが必要かを突き詰めた機能が満載なのです。今回そんなFitbitの中でも最新のFitbit Versa 2を紹介します。 Fitbitの考え方 健康づくりのためには食事と運動、睡眠と、生活のあらゆる行動に気を配る必要があります。これを記録し確認することで、現状が過去と比較してどのような差があるのか、また未来にどのような影響を及ぼしていくのかがわかります。 Fitbitはこれらを1つのFitbit専用アプリで行えるようにし、体の動き、例えば歩くこと、スポーツを行うこと、睡眠など、スマートウォッチを腕に付けたままでデータを取得&保存し、その後はスマホアプリと連携し、後から情報を見返すことができるようになっています。食事摂取内容、水分量などはアプリに直接情報を入力し管理することができます。 このFitbit専用アプリに自身の目標を設定(例えば体重を5キロ落としたいとか、毎日何歩以上は歩く)することで、保存されたデータと照合して、進捗を確認してくれ、目標の到達度を通知してくれます。 またこれらの目標を仲間と分かち合って鼓舞しながら行動に移すことも出来るので、多くの刺激をFitbitから受けとることができ、結果モチベーションアップにつながります。 日常生活がジムになるようなイメージで、健康管理ができ、Fitbit Versa 2を腕につけるようになってからは意識的に不摂生な生活を制限するようになり、これが無理な態勢ではなく、自然と取り入れることが出来るようになっているのには驚きです。 Fitbit Versa 2の特徴 Fitbit Versa 2のデザイン Fitbit Versa 2は最新のスマートウォッチで、洗練されたデザインで、スマートウォッチ本体とベルトの組み合わせで幾とおりものスタイルを作り出せます。 ベルトはスポーツに特化した耐久性と汚れに強い素材、高級感のあるレザーなど多種多様で、ベルトの交換は容易に行えます。 フェイスは角の取れた丸みのある形状で、男女兼用で使える程よいサイズ感が魅力です。文字盤は数百種類から選ぶことができ、中でもユニークな文字盤が目立つので、人と被らないスマートウォッチを演出できます。 Fitbit Versa 2のエクササイズモード Fitbit Versa 2には15種類以上のエクササイズモードが準備されています。僕はランニングモードを活用していますが、非常に見やすいカラーとコントラストで、ペース、距離などの項目をチェックしながら走っています。 またスマートウォッチ本体の裏面には心拍数を計測するための機能が備わっており、画面で心拍状況を確認できるので、オーバーワークか、一定心拍を保って運動をしているのかが解ります。 エクササイズが終了するとスマホのアプリにデータが保存され、これの蓄積によって、今週、今月の運動量を把握しつつ、目標設定をしていれば、達成率なども一緒に確認することができます。またエクササイズ中に、設定した目標が達成すると、画面で花火があがったり、楽しい仕掛けが盛り沢山です。...

Read more

フィットネスイヤホン総決算、スポーツ別でのおすすめはこれ|ベストバイ2019 – Engadget 日本版

2019年に実際に使ったワイヤレスイヤホンを「どれが一番ワークアウト向き?」という視点で総括します。が、ワークアウトって千差万別な行為なので、ワークアウトの強度やシーン別でご紹介をします。 今回エントリーするイヤホンはこちらです。(日本での発売順) SoundSport Free wireless headphones (メーカー:BOSE 発売:2017年11月) Beoplay e8 2.0 (メーカー:Bang & Olufsen 発売:2019年2月) Run XT (メーカー:Jaybird 発売:2019年2月) Powerbeats Pro (メーカー:Beats 発売:2019年7月) Jaybird Vista(メーカー:Jaybird 発売:2019年8月) すべて「防滴」以上の防水機能を備えており、左右完全ワイヤレス。価格帯もほぼ同じで2~3万円。電車や雑踏での「音の途切れ」に関しては、「Powerbeats Pro」が一番ノーストレスでしたが、他の機種も許容範囲内。最近はこの辺ほんと進化しましたね。 ちなみに、ヘッドフォンもいくつか試しましたが、今回は「評価外」とします。メロンのような肩、大きなヘッドフォン、スミスマシン......この組み合わせってビジュアルは本当にかっこいいのですが、実際にマネてみると顔周りが蒸れるのです。 朝の公園をウォーキング:Beoplay...

Read more

Masayoshi Iimoriらが出演するフィットネス×音楽の新イベント「LIVE DOJO」開催 | マイナビニュース

BODY(ボディ)・MUSIC(ミュージック)・ADRENALINE(アドレナリン)をキーワードに掲げたイベント「LIVE DOJO supported by Rolling Stone Japan」が、2020年3月29日(日)に東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催される。音響・照明・映像の設備が揃ったライブハウスという環境で、全身で音楽に「ノる」感覚と、トレーニングで汗をかく爽快感を一度に味わえる。タオルとスニーカーさえあればOK。ライブのようだけどフィットネス、フィットネスのようだけどライブ。そんな空間を提供するのは、DJのMasayoshi IimoriとインストラクターのSHIN&SATSUKIだ。国内・海外問わずグローバルに活躍するトラックメイカー/DJ、東京のボクシングフィットネススタジオで絶大な人気を誇ったインストラクター2人の個性。皆で汗をかいてカラダを動かす醍醐味だけでなく、海外のCoachella、Ultraなどで楽しめるようなフェスティバル・ミュージックを体感できるのも「LIVE DOJO」の魅力の一つ。日曜日にフィットネスと爆音でストレス発散! DOJO CREWがお待ちしております。押忍!<出演者プロフィール>Photo by Kentaro KambeMasayoshi Iimori1996年生まれ。トラップを中心としたトラックメイクが目に止まり、TREKKIE TRAXより2015年にデビューEP『Masayoshi iimori - Break It EP』をリリース。北米ツアーでロサンゼルス、サンフランシスコ、サンノゼ、シアトルを敢行した他、DJ SnakeのPremiere ClasseやA-TrakのFools Goldといったレーベルから楽曲をリリース。Skrillex、Diplo、Major Lazer、DJ Snake、Mija、Carnage、Anna Lunoe、Nina Las Vegas、UZ、Ookayなど世界の著名プロデューサーからサポートを獲得した。2018年にはDiploがホストを務めるBBC...

Read more
Page 1477 of 1492 1 1,476 1,477 1,478 1,492