iOS 14の新機能はスタートアップにとって脅威となる |

フィットネスや壁紙、失くしたアイテムの探索機能などを提供するスタートアップは、強大な競合と新たに直面することになりそうだ。しかもそれは、すべてのiPhoneに標準装備される。 画像クレジット:SkinStyler、Zeeshan Ahmed、Rizki Kurniawan Apple(アップル)が、この6月に公開することになるiOS 14のコードのリーク情報から、多くの新機能と、新しいデバイスの登場が予想される。アップルが、そうした新たな機能をOSレベルで組み込んでくることは、スタートアップにとって脅威となるだろう。新しいiOSが登場した途端に巨大なインストールベースを獲得し、そうした新機能を無料、もしくは安価に提供できるからだ。そして、iPhoneという収益の柱の売れ行きをさらに増加させることになる。 このような新たに発見されたものが、すべて実際に6月に公式に発表されるのか、あるいはもっと後になるのかは、まだわからない。以下に示すのは、9To5MacのChance Miller(チャンス・ミラー)氏が取得したiOS 14コードの分析結果だ。そこから、どのようなビジネスにアップルが割り込み、どのスタートアップが打撃を受けることになるのか、予想できる。 フィットネス:コードネーム「Seymour」 AppleはiOS、WatchOS、Apple TVで使えるトレーニング用のガイドアプリ「Seymour」(シーモア)を準備しているようだ。これにより、ユーザーは解説ビデオクリップをダウンロードして、さまざまなエクササイズができるようになる。MacRumorsのJuli Clover(ジュリ・クローバー)氏によれば、このアプリは、「Fit)」(フィットまたは「Fitness」(フィットネス)と呼ばれる可能性が高いという。ストレッチ、コアトレーニング、筋力トレーニング、ランニング、サイクリング、ローイング、アウトドアウォーキング、ダンス、ヨガをサポートしている。Apple Watchを使えば、トレーニングルーチンの進捗を把握できるようだ。 iOS 14のコードに埋め込まれたアップルのフィットネス機能のアイコン iOSの「ヘルスケア」アプリは、歩数やその他のフィットネス関連の目標を管理するため、かなり一般的に使われている。ヘルスケアを使って、新しいフィットネス機能をパーソナライズしたり、利用を促進することにより、アップルは簡単に巨大なユーザーベースを手に入れることができる。適切なトレーニングによって怪我や障害を避けるためには、学ぶべきことが多いので、ウェイトトレーニングや、筋力トレーニングに恐怖感を抱いている人も多い。複数のアングルから撮影されたビデオによるビジュアルなガイドによって、腕立て伏せや二頭筋カールなども、正しくできるようになる。 アップルがフィットネスに参入することで、Futureのようなスタートアップは危機にさらされる可能性がある。Futureも、個々のエクササイズのやり方をビデオで説明する、カスタマイズされたトレーニングルーチンを提供しているからだ。Futureは、これまでに1150万ドル(約12億400億円)の資金提供を受けたスタートアップ。月額150ドルで、Apple Watchを使ってトレーニングの進行を管理するサービスを提供している。これは、視覚、音声、バイブレーションを利用して、iPhoneの画面を見なくてもエクササイズを切り替えるタイミングを知らせてくれるもの。Featureの場合には、人間のパーソナルトレーナーがいて、エクササイズをサボると、テキストメッセージで小言を言ってくるが、アップルはそれがない代わり、同様の機能を無料で提供してくれるのだ。 アップル製のFitnessは、トレーニングの視覚的なガイドのみを提供するSweatやSworkit、あるいは音声のみのAaptivのような、それほど高額ではないアプリにとっては、もっとやっかいかもしれない。バイクを使わないBeyond the Rideというトレーニングを、ライブまたはオンデマンドのクラスとして提供しているPelotonや、巨大な3Dセンサーを内蔵したウェイトリフティング用の家庭用スクリーンを提供するTempoといったハードウェアメーカーも、アップルの無料、または安価なサービスに、それほどこだわりのない顧客を奪われる危険を感じているかもしれない。 支払い方法に関するコードがないので、アップルのFitnessは無料だと考えられる。とは言え、アップルがサービスを拡張して、有料のプレミアム機能を付加することも十分に考えられる。たとえば、人間の専門家によるリモートのパーソナルトレーニング補助機能や、エクササイズの種類を、有料で追加することもあるかもしれない。それによって、こうしたサービスから収益が得られるようにするわけだ。 壁紙:サードパーティによるアクセス 現在のiPhoneの壁紙セレクター iOS 14では、アップルは新たな壁紙のカテゴリを、現在のダイナミック(ゆっくりとずれる)、静止画、Live(タッチすると動く)という3種類のオプションに追加するかもしれない。これまでアップルは、最初からあるいくつかの内蔵の壁紙に、カメラロールからだけ追加できるようにしてきた。しかしiOS 14のコードは、サードパーティが壁紙を提供することに、アップルが道を開く可能性を示している。 壁紙の「ストア」ができるとすれば、この分野の起業家にとって祝福すべきことにも、呪うべきことにもなる可能性がある。壁紙を取り揃えて閲覧させ、購入、ダウンロードできるにしているVellum、Unsplash、Clarity、WLPPR、Walliなどのサイトやアプリを危険にさらすことになるかもしれない。アップルは、同様の機能を壁紙の設定に直接組み込むことで、自ら膨大な壁紙のコレクションを提供することも可能だからだ。とはいえ美しい壁紙のクリエーターにとって、iOS 14が新たな販売方法を提供することになることも考えられる。ユーザーがiPhone画面の背景をインストールする場所で、直接サードパーティの壁紙を購入できるようになる可能性もあるのだ。...

Read more

スマートウォッチ市場2020新興トレンド、技術の進歩と需要-Apple、Sony Corporation、Fossil Group | label-online

グローバルスマートウォッチ市場レポート2020は、包括的で専門的なレポートであり、主要な要因、抑制、課題、機会、現在の市場動向、およびグローバル市場に影響を与える戦略の詳細な概要を提供します。レポートは、市場の予測期間中にCAGR値の変更可能性を提供します。レポートは、既存の市場状況、成長のペース、予測期間のCAGRなどの重要な側面をカバーしました。 世界のスマートウォッチ市場は、2019年から2024年にかけて18.44%のCAGRに代表される力強い成長を示すと予測されています。 今買う: https://www.marketinsightsreports.com/report/purchase/07011326016?mode=su?source=label-online&Mode=48 トップリーディングカンパニーは、Apple、Sony Corporation、Fossil Group、Xiaomi Corporation、TomTom International、Samsung、Garmin Ltd、FitbitおよびHuawei Technologies Co. Ltd. 広範な一次研究(業界の専門家、企業、利害関係者からの入力)および二次研究を通じて作成された包括的な研究レポートは、グローバルスマートウォッチ市場の分析を提示することを目的としています。このレポートは、スマートウォッチの製品タイプ(拡張、スタンドアロン、クラシック/ハイブリッド)、オペレーティングシステム(WatchOS、WearOS、Tizen、RTOS、その他)、および流通チャネル(オフラインおよびオンライン)別にスマートウォッチ市場を分析しています。 リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。 https://www.marketinsightsreports.com/reports/07011326016/global-smartwatch-market-analysis-by-product-type-extension-standalone-hybrid-by-os-watchos-wearos-tizen-rtos-by-application-fitness-lifestyle-by-channel-online-offline-by-region-by-country-2019-edition-world-market-review-and-forecast-to-2024-by-region-north-america-europe-apac-row-by-country-us-canada-uk-germany-france-italy-china-japan-india-australia/inquiry?source=label-online&Mode=48 地域分析: 世界のスマートウォッチ市場レポートは、地域(北米、南米、アジア太平洋、ROW)および国(米国、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、中国、オーストラリア、ロシア、サウジアラビア、アルジェリア)で分析されています。 市場の洞察: グローバルスマートウォッチ市場の競争シナリオの360度の概要は、Research N Reportsによって提示されます。市場の最近の製品および技術開発に関連する膨大なデータを持っています。市場の将来の成長に対するこれらの進歩の影響の幅広い分析、市場の将来の成長に対するこれらの拡張の幅広い分析があります。 Extension Smartwatchesは、フィットネス、ヘルスケア、パーソナルアシスタンスなどのセグメントでの使用が増加し、意思決定の柔軟性を高めるオプションの幅広い利用可能性に支えられて、過去数年にわたって注目に値する成長を目の当たりにしてきました。北米地域の堅調な成長率を牽引する主な要因には、ハイテクに精通した人口の増加、肥満や糖尿病などの慢性疾患のプールの増加、維持する健康とフィットネスの人気の高まりが含まれます。健康的な生活様式。レポートには150のテーブルがあり、図はレポートの説明と目次を参照します。 https://www.marketinsightsreports.com/reports/07011326016/global-smartwatch-market-analysis-by-product-type-extension-standalone-hybrid-by-os-watchos-wearos-tizen-rtos-by-application-fitness-lifestyle-by-channel-online-offline-by-region-by-country-2019-edition-world-market-review-and-forecast-to-2024-by-region-north-america-europe-apac-row-by-country-us-canada-uk-germany-france-italy-china-japan-india-australia?source=label-online&Mode=48 世界のスマートウォッチ市場の目次からの重要な要素: –スマートウォッチ市場の概要 –グローバルスマートウォッチ市場競争、プロファイル/分析、戦略 –グローバルスマートウォッチの生産能力、生産、収益(値)地域(2015-2020) –グローバルスマートウォッチ供給(生産)、消費、輸出、地域(2015-2020)によるインポート...

Read more
Page 1478 of 1544 1 1,477 1,478 1,479 1,544