ゴルフスイングの勘違い ~ 肩のまわし方 ~ | ガジェット通信 GetNews

 こんにちは。トレーナーの谷崎です。今日は肩の回し方についてです。よくゴルフスイングでは肩を水平に回すといいますが、この意味を床に対して水平に回すと勘違いされている方がときどきいます。下の写真は立った状態で両肩に棒をあて、肩を水平に回しています。 肩を回すと表現していますが、正しくはこの動きは肩の動きではなく、胸椎の回旋によって生まれます。(胸椎以外の椎骨や股関節も回旋していますがここでは割愛します。)胸椎というのはいわゆる背骨の一部で、頸椎という首の骨と、腰椎という腰の骨の間に位置する骨です。肋骨が付いている骨と言った方がわかりやすいかも知れません。 もう少し解剖学の話をすると、身体の動きを3Dで考えたときに、動作は矢状面、前額面、水平面の3面上のいずれかで行われます。 首の動きを例に挙げると、・矢状面上の動き…うなずく、真上を向く・前額面上の動き…真横にかしげる動き・水平面上の動き…振り向く動きヒトが仰向けで寝ていようと、逆立ちになろうと、どの向きになっていても、上記の動きはすべて同じように表現されます。つまり、先ほどの胸椎の回旋であれば、真っすぐ立った状態でも、ゴルフ姿勢のように前傾していても胸椎の動きとしては同じです。・今すぐ読みたい→ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~(https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing/) もしゴルフ姿勢で床に対して水平に肩を回してしまうと、胸椎は回旋しますがさらに側屈の動きも入ってきてしまってスムーズな回旋が出来ません。 肩を水平に回すと表現している人は、身体を水平面で回旋させるという意味で使っているはずです。床と水平に回すイメージだった人はすぐに直してみましょう。また、ビデオで後方から自分のスイングを撮影したときに、バックスイングあるいはフォロースルー後期で肩と肩を結んだ線が床と水平に近い場合には、身体が起き上がって前傾角度が維持できていないことにもなります。きちんとアドレスの前傾角度に対して水平回旋できるように、以下の写真のようにクラブのグリップ部分がターゲット側になるように両肩にあてて、バックスイングする練習をしてみましょう。下にボールなどの目印を置いて、グリップエンドが目印を指すようにします。位置は実際に打つボールの位置よりも前方になります。鏡を見ながらできるとベストです。バックスイング側だけでなくフォロースルー側でも練習してみてください。このとき必ず身体のどこにストレッチ感や力を感じるかを意識しながら行いましょう。 その意識を持って実際にボールを打つ練習をしましょう。身体が硬くてうまく回旋できない人もいると思いますので、無理せず胸椎や股関節のストレッチをしっかり行ってからやってみてください。※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。・今すぐ読みたい→ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~(https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing/) 谷崎 美樹 日本体育協会公認アスレティックトレーナー、柔道整復師。ゴルフトレーナーとして、主にトータルゴルフフィットネスでパーソナルトレーニング指導を行っている。自身もゴルフが好きでベストスコアは70台。ファンクショナルトレーニングで効率よくゴルフボディを作ることを得意としており、プロゴルファーからアマチュアゴルファー、ジュニアゴルファーまで幅広く指導中。また、整形外科でリハビリテーションを担当していた経験から、痛みのある方へのトレーニング指導も行っている。特に腰痛改善トレーニングは希望者が多い。 関連記事リンク(外部サイト) ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~ゴルフスイングの勘違い ~ 体重移動 ~ゴルフスイングの勘違い ~ 腰の回し方...

Read more

オンライン脳トレーニングマーケット新たなトレンドの大規模な成長、ビジネスシナリオ、グローバル2020- 2027を要求 – InvestAsian

市場調査レポートは研究されており、その中で働く主要な貢献者に実用的なアイデアを提示しています。また、注目すべきトレンド、CAGRの新たな価値、現在および将来の開発についても分析しています。このレポートは、一般的な市場のすべての主要な機能をカバーする正確なデータで市場の幅広い理解を提供し、主要企業の一般的なデータを提供します。   市場の競合状況の詳細な調査が行われ、企業プロファイル、財務状況、最近の発展、合併と買収、SWOT分析に関する洞察が示されています。この調査では、2020年から2027年までの予測の現在の傾向と投資の傾向を特定するために、市場の詳細な分析と将来の予測も提供しています。     主要戦略プレーヤー: グローバルオンライン脳トレーニング市場:断定科学、昇格、数独。   レポートの研究目的:   ・価値の観点から、Brain Fitnessアプリ市場の市場規模を調査および推定する。   ・市場の成長と課題を見つける。   ・拡張などの価値のある拡張を研究するために、Brain Fitnessアプリ市場で新しいサービスが開始されました。   ・市場の価格分析を実施する。   ・脳のフィットネスアプリ市場の重要な企業の側面図を分類および評価する。      地域に関しては、市場を北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、および中東とアフリカにセグメント化できます。この市場は価値(百万米ドル)にもとづいて評価されています。   最後に、市場のすべての側面は、地域市場だけでなく地域市場を比較研究するために、定量的にも定性的にも評価されています。この市場調査は、市場ドライバー、制限、およびその将来の見通しに基づいて、この市場の全体的な統計的調査を提供する、市場に関する重要な情報と事実データを提示します。   目次:   ・市場の概要...

Read more
Page 1587 of 1704 1 1,586 1,587 1,588 1,704