アシックスがD2C加速、5%還元の独自ポイント「ワンアシックス」開始 | 通販通信ECMO

 アシックスジャパン(株)は7日、アシックス無料会員サービス「OneASICS(ワンアシックス)」で、ポイントプログラムの導入を発表した。ポイントは8日から提供を開始し、同日から利用可能となる。アシックスのオンラインストアと直営店の両方で利用できる独自のポイントで、同社のデジタル戦略強化の一環だ。「OneASICS」会員に購入額の5%をポイントで付与 「OneASICS」は、2018年12月にスタート。会員には、メールマガジンでの新商品情報の配信やアシックスオンラインストアでの買い物の送料無料サービス、各種イベントへの招待など、さまざまなサービスを提供している。 ポイントは、アシックスオンラインストアやアシックスジャパンが運営する店舗で会員が商品を購入すると発生する。購入額の5%のポイントが貯まり、購入から3週間後にポイントは付与され、1ポイント1円として次回の買い物から対象店舗で利用できる。アウトレット商品は購入額の2%の付与。有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。体験施設など商品購入以外でのポイント付与も 今後は、都市型低酸素環境下トレーニング施設「ASICS Sports Complex TOKYO BAY(アシックススポーツコンプレックス東京ベイ)」や、ランニング施設併設型店舗「ASICS RUN TOKYO MARUNOUCHI(アシックスラン東京丸の内)」などを体験できるよう拡充していくという。 将来的には、フィットネス・トラッキング・アプリ「ASICS Runkeeper(アシックスランキーパー)」と連携し、オムニチャネルを開拓する考えを持っている。商品購入以外でもポイントを獲得でき、体験型サービスも一層充実させていくなど、アシックスが持つデジタル資産をフル活用し、利用者一人ひとりに合致した楽しみを提供できるよう、パーソナライゼーションを図り、システムを構築していくとしている。 ※この続きは、通販通信ECMO(エクモ)会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。 ログインはこちら 通販通信ECMO(エクモ)会員登録はこちら 旧「通販通信」サイトの会員情報及び「資料掲載企業アカウント」の会員情報では「通販通信ECMO(エクモ)会員」としてログインできません。旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)」につきましては、そのまま「通販通信ECMO(エクモ)会員」としてご利用いただけます。 -- to www.tsuhannews.jp

Read more

新型コロナ危機 店舗なくてもコンテンツで戦う料理人|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

解体予定の東京・渋谷のビル1階に、2019年10月から4カ月の期間限定でオープンした「ツカノマノフードコート」。出店料を低く抑え、新進気鋭の料理人たちに店を開くチャンスを提供すると同時に、都市再開発の新たな形を模索する試みとして営まれたこの小さなフードコートは、20年2月15日、好評のうちに幕を閉じた。その仕掛け人たちで構成されるプロジェクトチーム「ツカノマノプロデューサー」が、今度は4月3日から期間限定で、個人がコンテンツを発信、販売できるプラットフォーム「note」内に「架空のフードコート」を開設し、料理人たちのコンテンツを配信し始めた。4月3日にnote内にオープンしたウェブマガジン「ツカノマノ読むフードコート」。気鋭の料理人によるコンテンツを、フードコートのようにつまみ食いするイメージだという基本購読料とサポート機能で料理人たちを支援「ツカノマノ読むフードコート」と名付けられたこのウェブマガジンは、総勢15人のフードクリエイターたちが、15~20本の創造性にあふれた料理のレシピ付きコラムをオムニバス形式で公開していくというもの。総合プロデューサーの古谷知華氏らプロジェクトのメンバーは、これを「レシピ付きエッセイマガジン」と呼ぶ。参加する料理人は鯛骨拉麺や台湾料理、中東料理、フードロス料理、クラフトルートビアなどを手がけるいずれも個性的な面々。料理好きならずとも好奇心をそそられる。そんな彼らが繰り出すコンテンツを、フードコートのごとく読者につまみ食いしてもらおうというわけだ。コンテンツは有料で、販売価格は3000円(税込み)。「アラカルト」として記事1本を500円(税込み)で購読することも可能だ。さらにnoteの「クリエイターサポート機能」を使い、購読者は各フードクリエイターに対し、100円から1万円までの金額で支援することもできる。今回有料にした理由は、コンテンツの売り上げやサポート資金をすべて参加フードクリエイターに還元し、お金が循環する仕組みをつくるため。言うまでもなく、背景にあるのは新型コロナウイルスの感染拡大による経営環境の悪化だ。「ツカノマノフードコート」のクロージングイベントの模様。多くの常連たちに惜しまれながら20年2月15日に幕を閉じた現在、新型コロナの影響で店舗を一時的に閉めたり、イベントを自粛したりせざるを得ない状況にある。しかし、つい数カ月前はどうだったか。「オープンしたばかりの友人の店は、連日多くのお客さんが訪れて、その話をSNSに投稿していた。そこだけに限らず、私の目に映る飲食業界は、他のどの業界よりもクリエイティブで、希望や意欲にあふれているように見えた」(古谷氏)ところがほんのわずかな期間に事態は急変。政府や自治体からの要請で行動の自粛が求められ、飲食業界にはかつてない苦境が訪れている。こうした非常事態を受け、ツカノマノプロデューサー内に「料理そのものについてのクリエイティビティーを追求するよりも、飲食の新しいビジネスモデルの模索と検証が大事なのでは」という思いが生まれたという。そこで生み出されたのが「ツカノマノ読むフードコート」だ。「この機にフードクリエイターたちが新しいことに挑戦し、料理以外のアウトプットを目指してもらうのが狙い」と古谷氏。3000円と500円という価格設定については「レシピ集としては少し高いが、チャリティー要素も含めて考えたときに、多くの人の手にとっていただきやすい価格だと思う」と話す。フードクリエイターたちが自らの文章とともに、そのテーマとなる料理のレシピを公開。「ツカノマノ読むフードコート」では3000円の購読料でこうした記事を読むことができる -- to style.nikkei.com

Read more

サルコペニア 知って備える 高齢者、筋力衰え運動面倒に|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

高齢になると筋力が衰え、転倒して骨折する危険が高まる。こうした状態を「サルコペニア」と呼び、足腰が弱り歩行などが困難になるロコモティブシンドローム(運動器症候群、ロコモ)とともに、注目されるようになった。自分はサルコペニアなのか、どのように防いだらよいかなど、分からない人も多いはずだ。簡易診断法や筋力トレーニングを通じて対策を立てようとする取り組みが大学などで始まっている。サルコペニアは1989年に米国の研究者が提唱した概念で、サルコは筋肉、ペニアは減少を意味する。年とともに筋肉の量が減って体の機能が低下した状態だ。活動量が減るため、肥満になりやすい。高齢化が進む日本でも徐々に言葉が知られるようになってきた。ロコモの一歩手前の段階ともいえ、75歳以降、該当する人が急増するという。これまで高齢になれば筋肉が衰えるのは仕方がないと諦める例が多かった。しかし最近は、トレーニングなどで筋肉に刺激を与えることでサルコペニアを防ぐ取り組みも始まっている。サルコペニア外来でマシンを使って筋力トレーニングをする人たち(大阪府枚方市)関西医科大学付属枚方病院(大阪府枚方市)は「サルコペニア外来」を2年近く前に設けた。同外来で診察などを担当する福島八枝子医師は「軟骨などと違い筋肉は年を取っても鍛えられる。高齢者の転倒を防げば寝たきり予防にもなり、生活の質の維持につながる」と意義を強調する。運動器具が並ぶ部屋もある。サルコペニア外来では、初診時に体の痛みがある部分を申告し、膝関節と腰椎の画像を撮影する。重い関節の障害の有無を調べ、運動できるかどうかを判断するのが目的だ。運動ができると診断され、希望する人は、通院または自宅で運動プログラムを受ける。◇            ◇プログラムではまず専用装置を使い、運動開始前と開始3カ月後に筋肉量の検査を実施。同時に足などの筋力も調べる。希望者はさらに、自宅で3カ月運動を続ける。全身の筋肉量や足の筋力などの向上を目指す。外来開設以降、約50人が受診しトレーニングを受けた。男女ともに70代が最多で80代の人もいる。大阪府に住む60代の女性は、医師に筋肉量の少なさを指摘され、昨年3月に同外来を訪れた。3カ月間のトレーニングを終えた後も、院外のフィットネスクラブで運動を続けている。女性は「体力が付き、仲間もできた。今は心身ともに健康で楽しく運動に取り組んでいる」と話す。では、どんな運動をすれば効果があるのだろうか。同外来では週に3回通院してもらい、4種類の運動を繰り返している。まずは、椅子に座ったままおもりをすねで押し上げる「レッグエクステンション」だ。太ももの大腿四頭筋と呼ぶ筋肉を鍛えられる。次は、両手で取っ手を後ろへ引っ張る「ローイング」。背筋を鍛える効果がある。このほか、尻の大殿筋などを鍛える「レッグプレス」や大胸筋を鍛える「チェストプレス」も実践している。いずれも10回で1セット。合計で3セットが基本だ。所要時間は約40分で、運動の前後にケガを防ぐためのストレッチをする。「大きな筋肉を優先して鍛え、全身の筋肉量を増やすことを目指している」(福島医師)◇            ◇仕事などで通院が難しい人向けには機械を使う運動を、スクワットや腕立て伏せ、チューブなど簡単な道具を使う運動で置き換えるプログラムを作成。専用のDVDを見ながら家で運動できるよう工夫している。「日本は米国などに比べて高齢者が筋力トレーニングをする意識が低い点が課題だ」と福島医師は訴える。サルコペニアの診断基準は以前は欧米人向けしかなかったが、14年にアジア人向けも作られた。筋肉量と歩行速度、握力をもとに判断する。いずれも一定の数値以下だとサルコペニアだと診断される。筋肉量は専門の医療機関にある装置を使う。サルコペニアの疑いがあるかどうかの自己チェック法もある。青信号の間に横断歩道を渡りきれない、ペットボトルのキャップが開けにくい、といったケースは要注意だ。東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢准教授は、筋肉量の判定に役立つ「指輪っかテスト」を推奨している。両手の親指と人さし指で輪っかを作り、ふくらはぎの最も太い部分を囲む方法だ。「隙間ができたら、サルコペニアの可能性が高い」(飯島准教授)立命館大学の真田樹義教授もふくらはぎの周囲のサイズと握力、性別の3項目を組み合わせ、計算式を使う方法を考案した。合計値が一定以下ならサルコペニアと判断できるという。今後、学会などに提案する考えだ。自己チェック法などが普及すれば「早期に危険度が分かり、寝たきりや介護などの負担軽減につながる」と真田教授は期待する。◇            ◇たんぱく質、健康に重要 肉や魚、意識して摂取を関西医科大学の福島八枝子医師は「米国などではフィットネスが深く医療に入り込んでいる」と話す。専門家の指導の下、高齢者が筋力トレーニングをする「パワーリハビリ」が盛んという。一方、日本は骨折などのリスクを懸念する声もあり、あまり普及が進んでいないのが現状だ。高齢者の運動ではウオーキングが手軽に始められる。ただ歩くのではなく、途中で早歩きをしたり、坂の上り下りなどを活用したりする。こうすることで、筋肉に刺激が与えられ、筋肉増強につながるという。また、トレーニングとともに栄養摂取も大切だ。とくに筋肉のもととなるたんぱく質の摂取を心がけたい。日本人は高齢になると、肉や魚などの動物性たんぱく質をあまり食べなくなる傾向があるためだ。毎日の食事を通じて肉や魚、乳製品、野菜などをバランスよく適量摂取することが、健康維持に役立つと専門家は口をそろえている。[日本経済新聞朝刊2015年10月18日付] -- to style.nikkei.com

Read more

Facebookをやめたい… 退会方法と注意点は?|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

情報流出やアカウントに影響のある脆弱性の発見など、利用者に不安を与えるニュースがフェイスブックで続いています。この際、いっそ退会してしまおうかというユーザーもいるでしょう。退会方法とその注意点をITジャーナリストの鈴木朋子さんが解説します。2900万件の情報流出Facebook(フェイスブック)アプリを起動したら再ログインを求められ、「あれ? 乗っ取られたかな」と心配になった人はいませんか。Facebookは2018年9月28日、約5000万のアカウントに影響がある脆弱性を発見したため、対象の5000万、そして予備的措置としてさらに4000万のアカウントのログイン情報をリセットしました。再ログインを求められたアカウントは、これに該当していたということになります。10月12日に公開された情報では、約2900万のアカウントに関して、氏名、電話番号、メールアドレスなどFacebookのプロフィールに登録している個人情報が盗まれていたことが分かりました。不安な方はFacebookにログインした状態で「Facebookの最新のセキュリティ問題に関する重要なアップデート」(https://www.facebook.com/help/securitynotice)にアクセスしてみてください。最後にあなたのアカウントが被害に遭っているかどうかが表示されるようになっています。Facebookは18年4月に、Facebookのユーザー情報約8700万人分が英国のデータ分析会社「ケンブリッジ・アナリティカ」に不正提供されたことについても謝罪しています。度重なる情報流出に、不安を感じる人も少なくないでしょう。それなら「Facebookに重要な情報をアップロードしなければいい」という考え方もあります。確かに、個人情報をFacebookに公開することは危険を伴うのですが、ログインに使うメールアドレスや携帯電話番号など、全く個人と切り離した状態で使うことは難しいですよね。そこで、今回は「もうFacebookを退会したい」という人向けに、退会する方法を説明します。退会する前にしっかりバックアップを取れば、楽しいやりとりも保存することができますよ。データをバックアップするFacebookは、過去の投稿や友達、メッセージ、グループ、「いいね!」やリアクションをした投稿など、Facebook上で行ったほぼすべての活動をHTML、またはJSON形式で保存することができます。HTML形式で保存した場合、ブラウザで表示すればいつでも思い出を振り返ることができます。「友達」のメールアドレスが含まれることもあるので、ダウンロードしたファイルの管理には気を付けましょう。Facebookアプリでメニューボタンをタップ、「設定とプライバシー」から「設定」を選び、「個人データをダウンロード」をタップしますダウンロードしたい項目にチェックを付け、「ファイルを作成」をタップしますしばらく待つとファイルが作成され、通知されます。「利用可能なファイル」の「ダウンロード」をタップしますファイルはZIP形式で圧縮されています。「ファイル」で開き、「iCloud Drive」に保存するとプレビュー機能で参照できます。見づらい場合は、パソコンに転送しましょう -- to style.nikkei.com

Read more
Page 2 of 787 1 2 3 787