「コンポーザビリティー」で変化に強い企業体質となれ–ガートナー – ZDNet Japan

 ガートナー ジャパンは、6月21~22日に「ガートナー アプリケーション・イノベーション & ビジネス・ソリューション サミット」をオンラインで開催した。オープニングの基調講演では、ディスティングイッシュト バイス プレジデント アナリストのDaryl Plummer氏が、「コンポーザビリティーという『フィットネス習慣』を通して靭(しな)やかさを身に付ける」と題し、企業が変化への対応能力を獲得していく方策を指南した。  コロナ禍でオフィス勤務が強制的に在宅勤務になったように、企業は好むと好まざるとにかかわらず、変化に対応しなければ生き残れない。Plummer氏は、そうした能力を「レジリエンス(回復力や復元性と訳される)」とし、「『すぐに立ち上がること』『新しいものになること』の2種類の意味がある。しかし、いずれも『元に戻る』ことでない。企業の場合、テクノロジーによりビジネスのレジリエンスを獲得できる」と述べる。  講演でPlummer氏は、企業がビジネスのレジリエンスを獲得していく方法を、人間のフィットネスに例えながら示した。人は、肉体と精神に柔軟性、適応性、俊敏性を獲得していれば、過酷な状態下でも変化へ粘り強く対応していけるという。これらは急に体得できるわけではなく、日々のフィットネスのように、習慣によって獲得できるというのが、フィットネスが趣味というPlummer氏の持論であるようだ。  企業をさまざまな人々が集まる大きな有機構造体とみなせば、人体がフィットネスで変われるように、企業も日々の習慣付けにより変われるという。その習慣付けを、講演の題目にある「コンポーザビリティー」と表現している。  「コンポーザビリティー」は、日本語では「構成可能性」と訳される。Plummer氏の説明では、人体がさまざまな機能・役割を持つ細胞で構成され、人体が疲労、老朽、損害に遭っても細胞が新陳代謝することで健康を維持し、時にはそれらをもたらす脅威などへの耐性を獲得する。日々のフィットネスを通じて新陳代謝も促される。企業の場合、「コンポーザビリティー」に該当するものは、ビジネス、アプリケーション、アーキテクチャー、テクノロジー、文化、プロセス、革新性、パートナーなど、ありとあらゆるものだとする。  企業がレジリエンスを獲得するには、まず「コンポーザビリティー」の概念を理解した上で、自社の「コンポーザビリティー」を実現するための構成要素(コンポジション)を見出す。コンポジションにより、企業は発見を通じてより多くの気づきを得ることができ、モジュールによって柔軟性を高め、オーケストレーションによって適応性をより良いものとし、自律的であることで意欲を高めてくれるという。  Plummer氏は、「コンポーザビリティー」による効果を例示した。例えば、コロナ禍では、感染対策や都市のロックダウンにより多くのフィットネスジムが閉鎖、倒産に追い込まれたが、オンライン配信などの方法で乗り切ったジムは、段階的なロックダウンの解除を通じてリアルな場を取り戻しつつある。そうしたジムは、オンライントレーニングを継続したことが、顧客の信頼を維持することにもつながったと説明する。  また、「コンポーザビリティー」によってレジリエンスを獲得している企業の例には、中国の海尓集団(ハイアール)を挙げた。ハイアールは、幾多の部門の独立性が極めて高いながら、グループ全体としての少数による自律性を併せ持つ経営体制の「マイクロエンタープライズ」が知られる。経済情勢や市場環境の変化に応じて部門間の結び付きも常に変化しながらビジネスモデルを変えている。Plummer氏は、ハイアールに限らず「コンポーザビリティー」を通じてどのような企業でも獲得できるとする。 ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料) -- to japan.zdnet.com

Read more

レトロランニングスニーカーをコンセプトにしたリーボックの新モデル『GL3000』が登場!めるるモデルを含む6色展開 | Qetic

グローバルフィットネスブランドのリーボックから、1970年代および1980年代の“レトロランニング”スニーカーをコンセプトにした新モデル『GL3000』が8月6日(金)より順次発売される。今作では、全6色展開するモデルのうち3色において、大人気モデル・タレントとして活躍する生見愛瑠がカラー監修を担当。一部店舗にて限定販売される。カラーデザイン監修を記念して、本日7月28日(水)10時より“めるるモデル”3色がABC-MART公式オンラインストアにて先行予約スタートする。 リーボック新モデル『GL3000』が6色展開で発売決定! 今回、新登場する「GL 3000」は、多くのファッションアイテムにも採用されているスエードをはじめ、ナイロン、メッシュなど異素材を組み合わせているため、幅広いコーディネートに馴染むモデルだ。また、オフホワイトをはじめブラック、グレーなど、ベーシックなカラーバリエーションも魅力的。男女問わずオールシーズン履いていただけるアイテムとなっている。 さらに、展開する全6色のモデルのうち3色は、”めるるモデル”に。元の素材を活かしつつ、こだわって配色された3つの“めるるモデル”のインソール部分には、オリジナルワード“めるる語”のひとつである、「Happysu(はっぴーす)」のロゴが施されており、ファンにはたまらない1足に仕上がっている。変わらず人気を誇るレトロランニングスニーカーの新カラーをぜひゲットしてほしい。 PRODUCT INFORMATION GL3000 発売日:2021年8月6日(金)より順次展開 インラインモデル:¥8,789(tax incl.) 品番/カラー:[GZ0961]ピュアグレー/ブラック/コールドグレー [GZ0962]フットウェアホワイト/スタッコー/チョーク [GZ0963]ピュアグレー/フットウェアホワイト/コールドグレー サイズ:22.5cm~29.0cm, 30.0cm ※29.5cmの展開はございません。 生見愛瑠カラー監修モデル:¥8,789(tax incl.) 品番/カラー:[GY1161]コアブラック/フットウェアホワイト/ソーラーパープル ※ABC-MARTおよびリーボック オンラインショップ・直営店などで限定販売 [GY1162]チョーク/アシッドイエロー/フットウェアホワイト ※ABC-MARTおよびリーボック オンラインショップ・直営店などで限定販売 [GY1163]ピュアグレー/ポーセリンピンク/ブラック ※ABC-MART限定販売 サイズ:22.5cm〜29.0cm, 30.0cm ※29.5cmの展開はございません。...

Read more

テレビやPCのスクリーンを1日2時間以上見る子どもに起こりやすい問題とは? | THE LONELY CENTURY なぜ私たちは「孤独」なのか

気づけばスマホを見てしまう…という方も今どき多いだろう。しかし、使用せず持っているだけ、というときでも共感力が損なわれるという。しかも、子どもの場合は…?「世界的なリーディング・シンカー」といわれるノリーナ・ハーツ(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン名誉教授)の新刊『THE LONELY CENTURY なぜ私たちは「孤独」なのか』より紹介する。 分裂した自己 スマートフォンは共感力を損なわせる。目の前で起こっている物理的現実と、画面上に映し出される無数のメッセージの間で、自己が引き裂かれるからだ。多数の方面に注意を削がれると、目の前にいる人に注目したり、思いやりを向けたり、相手の視点で物事を見ることはほぼ不可能になる。 この現象はスマートフォンを使っていないときも起こる。 ワシントンのカフェで100組のカップルを観察した研究によると、テーブルに1台のスマートフォンが置かれているだけで、または、どちらかがスマートフォンを持っているだけで、カップルのお互いに対する親近感や共感は低下する。二人の関係が親密であるほど、スマートフォンが共感に与えるダメージは大きくなり、相手に理解されているとか、サポートされている、大切にされているという感覚は低下する。これはとりわけ懸念される現象だ。というのも、日常的に使われないと、それは衰えていく。 この10年で、(リアルな)交流の幅は縮小する一方だ。とくに若者はそうだろう。2018年の米国、英国、ドイツ、フランス、オーストラリア、日本の18~34歳の4000人を調査したところ、電話よりも文章でコミュニケーションを取るほうがいいと答えた人が75%に達した。 (コロナ禍による)ロックダウンはこれを変えた。一夜にして、昔ながらの電話が急増したのだ。米国では、2020年4月の1日の通話量が、近年の平均の2倍となり、1回当たりの通話時間も33%伸びた。若者も例外ではない。英国の携帯電話事業者O2によると、2020年3月のロックダウン開始以降、18~24歳のユーザーの四分の一が友達に電話をした。 もちろんビデオ通話も、ロックダウン中に急増した。2020年3月に、ズームやハウスパーティーやスカイプといったアプリのダウンロード数が爆発的に増え、マイクロソフト・チームズのビデオ通話は1000%以上増えた。スクリーンでしか「見た」ことがない相手と、オンラインデートを始めたカップルもいる。 共感とつながりを生み出すうえで、顔の表情が果たす役割は極めて大きい。表情は、相手の感情や思考や意図を示す最も重要な非言語的情報源だ。進化生物学者によると、顔の可塑性、すなわち何百もの筋肉を使って微妙な表情をつくる能力が発達したのは、まさに、初期の霊長類が互いに協力して助け合うためだった。 このことは現代の科学でも裏づけられている。人は対面コミュニケーションを取っているとき、無意識に相手のしぐさを模倣するだけでなく、脳波も同期していることが機能的MRI(fMRI)でわかったのだ。 ヘレン・リース博士は、著書『The Empathy Effect(共感効果)』(未邦訳)で次のように説明している。「ある感情を経験している人と一緒にいると、私たちもそれを感じるのは、その人の感情と表情とつらい経験が、見る者の脳、つまり私たちの脳にもマッピングされるからだ」。たとえば、誰かが泣いているのを見ると、自分が悲しい経験をしたときと同じ脳の領域が活性化する。 「だから涙に暮れている人や悲しんでいる人といると、私たちも悲しいと感じる。あるいは、興奮のようなポジティブな感情は伝播する。よくある『同感だ』という表現は、神経生物学的な根拠があるのだ」 こうしたミラーリング(模倣)は、つながりや共感を築くうえで不可欠だ。ところがオンラインでは、しょっちゅう映像がぎくしゃくしたり、映像と音声がずれたり、画面がフリーズしたり、ぼやけたりする。これでは相手をきちんと見たり、スムーズに同期することはできない。しかもビデオでは、カメラの角度のせいで、あるいは画面に映る自分の姿に気を取られて、コミュニケーションを取る相手と目が合わないことが多い。 だからビデオ通話の後、多くの人が満たされない気持ちを覚え、場合によっては、以前よりも孤立や断絶を感じる。ミズーリ州立大学スプリングフィールド校のIT・サイバーセキュリティー学部のシェリル・バーナム教授は、次のように語っている。 「対面コミュニケーションとビデオ会議の関係は、本物のブルーベリーマフィンと、ブルーベリーは1粒も入っていない、人工の香料と食感と保存料でできたパック売りブルーベリーマフィンと同じくらいの差がある」 どうやら21世紀の新しいデジタル・コミュニケーションは、感情的エンゲージメントや共感や理解を伝えるうえで、重大な欠陥と欠点があり、対話の質や人間関係の質を低下させるようだ。それらは、私たちが大切に思っている人と対面で話をしたり、一緒に時間を過ごしたりすることと比べると、質の低い代替手段であり、現代人の関係断絶に大きく寄与している。 スクリーンを遠ざけると子どもの共感力が高まる こうしたコミュニケーション能力の欠落は、大学生よりも年少時から始まっている可能性がある。子どもたちの言語能力を低下させているのは、親のスマートフォン使用だけではない。英ブリストル大学のPEACHプロジェクトは2010年、10~11歳の子ども1000人を調査し、スクリーンタイム(テレビまたはコンピュータを見る時間)が1日2時間以上の子どもは、感情表現に困難を抱えている可能性が高いことを立証した。 子どものスクリーンタイムが長すぎると…(Photo: Adobe Stock) もちろん、デバイスの用途によって結果は左右されるなど、反対意見はあるだろう。しかしスクリーンを遠ざけると、子どもたちの共感力が高まることを示す証拠がある。 UCLAの研究チームは、デジタル機器(スマートフォン、テレビ、インターネット)のない自然環境で、5日間キャンプに参加した10~11歳の子どもたちを調べた。参加者はキャンプの前と後に、写真や動画を見て、そこに登場する人の感情を当てるテストを受けた。すると、たった5日間スクリーンを見なかっただけで、子どもたちが他者の表情やボディランゲージといった非言語的な感情のサインを読み取り、写真や動画に登場する人の気持ちを理解する能力は大幅に高まった。その能力は、キャンプに行かず、いつもどおりデジタル機器を使っていた子どもたちと比べても高かった。これは、デジタル機器がないと、仲間や大人と対面で交流する時間が大幅に増えるからだと、研究チームは考えている。「スクリーンでは、対面コミュニケーションほどたくさんの非言語的な感情のサインを学べない」と、研究論文の主筆を務めたヤルダ・T・ウルスUCLA非常勤助教は言う。 スクリーンタイムが子どもに与える影響については、テレビが普及し始めた1950年代から警告されてきた。だが、ここでも現在はスケールが違う。子どもたちがテレビを見る時間は、番組の放送スケジュールに左右されていたが、今は10歳児の半分がスマートフォンを持っている(英国のデータだが、ほかの高所得国でも似たような状況だろう)。その半分以上がベッドの横に置いて就寝する。現代のデバイスは、あらゆるとき、あらゆることに使われる。さらにその抗い難い性質が加わって、質の高い対面交流が失われているのだ。 スクリーンフリーの生活 このため、自分の子にはスクリーンフリーの(デジタル機器を使わない)生活を積極的に推進する親がいる。...

Read more

仮想通貨取引所の元トレーダーが解説!注目のNFT関連の仮想通貨について | 仮想通貨コラム | 仮想通貨(暗号資産)の比較・ランキングならHEDGE GUIDE

今回は、NFT関連の仮想通貨について、大手仮想通貨取引所トレーダーとしての勤務経験を持ち現在では仮想通貨コンテンツの提供事業を執り行う中島 翔 氏(Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12)に解説していただきました。 目次 NFT関連の仮想通貨とは? 注目のNFT関連の仮想通貨2-1. シータ(THETA)2-2. チリーズ(CHZ)2-3. ディセントラランド(MANA)2-4. テゾス(XTZ)2-5. サンドボックス(SAND) まとめ 2021年に入り、NFTが注目を集める機会が方々で見受けられます。現在のところ、日本の仮想通貨取引所で売買可能なNFT関連の仮想通貨はエンジンコイン(ENJ)のみとなっていますが、世界に目を向けると多くのNFT関連の仮想通貨が存在します。NFTカテゴリーに認識された仮想通貨に順番に資金が循環する動きも見られ、ENJも過去数週間にその恩恵を受けている様です。 最近では、国内取引所の新規銘柄の上場ペースが依然と比べて早まっているように感じられます。NFT分野に関心のある方は、ENJに続く注目のプロジェクトを探して見るのも良いでしょう。 ①NFT関連の仮想通貨とは? NFTとは、Non-fungible Token(ノン・ファンジブル・トークン:非代替トークン)の略で、9種類あるイーサリアムのトークン規格のうちERC-721かERC-1155で製作されたトークンのことを指します。NFTはURIと呼ばれる固有の識別子を付与できるため、他のトークンと区別する(非代替性の証明)ことができます。偽造不可なデジタルデータの流通手段として、NFTはアートやコレクタブル、ゲーム内アイテムの所有権を表すために使用されています。 一方、NFTの発行プラットフォームのノード運営のインセンティブ設計や、NFTをゲーム内アイテムに組み込んだプロジェクトのガバナンストークンに使用される仮想通貨は、従来のERC-20規格が使用されています。エンジンコイン(ENJ)もERC-20であり、今回ご紹介するのはこうしたNFTプロジェクトに関連する仮想通貨となります。 ②注目のNFT関連の仮想通貨 CoinMarketCapという、データーサイトには「NFT」カテゴリーがあります。この中で時価総額TOP10をまとめたものが以下の表です。 本記事では表の中でめぼしい仮想通貨の特徴について解説していきます。 2-1. シータ(THETA) シータ(Theta)はブロックチェーンビデオストリーミング用のプラットフォームで2019年3月に誕生しました。現在はYouTubeなどの中央集権型のプラットフォームが主流ですが、Thetaを使うことにより分散型のビデオストリーミングプラットフォームの構築が可能です。分散管理をすることで意図的な検閲などをなくし、コンテンツ制作者への利益を増大させ、効率的で費用対効果の高い映像配信を実現できます。...

Read more
Page 2 of 1391 1 2 3 1,391