100歳でもゴルフ応援プロジェクト 〜良い姿勢が良いスイングを作る!〜 (2021年12月7日) – エキサイトニュース

 トータルゴルフフィットネスの小林です。皆様から大好評であった、『100歳までゴルフ応援プロジェクト』をさらにパワーアップしまして今後は『100歳でもゴルフ応援プロジェクト』としてお送りさせていただきます。今後ともシニアゴルファーの皆様のゴルフライフを充実させるコンテンツをお届けさせていただきます。100歳でもゴルフ応援プロジェクトはこの表のように8つのコンテンツをお届けする予定です! ・今すぐ読みたい→ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing/さまざまな角度からゴルフライフを向上させる内容をお届け致しますので是非ご覧ください。第1回目の今回は姿勢力について解説をさせていただきます。今日テーマに取り上げていくのがアドレス時の猫背姿勢(C字姿勢)と呼ばれるものについてご紹介させていただきます!猫背姿勢(C時姿勢)とは・・・ 頭からお尻にかけての背骨が丸くなったアドレス姿勢のことを猫背姿勢(C字姿勢)といいます。アマチュアゴルファーの約33%の方がC字姿勢と呼ばれるほど多くの方がなりやすい姿勢になります。このようなC字姿勢だとどのような事が起きると思いますか?C字姿勢の方は胸椎と呼ばれる胸周りの背骨の丸まりがとても影響をしこの姿勢を作り上げています。ゴルフスイングを行う際に胸椎が丸まっていると、上半身の可動域を失い起き上がりなどのスイングエラーにも繋がってしまいます。そして胸椎が動かないことによりそのほかの関節が過度に動き、首・肩・肘にはとても大きなストレスがかかってきます。その原因で首・肩・肘などの怪我の原因につながる可能性もあるので注意が必要です。首・肩・肘の痛みのある中でゴルフをやっている方、痛みの治療をしているのに中々治らないと思われている方も1度姿勢チェックを実践しC字姿勢になっていないかチェックをすることをお勧めします。痛みの原因は姿勢にある可能性が多くあります。それではC字姿勢改善エクササイズをご紹介させていただきます。動画内でエクササイズの動きを詳しく説明していますので合わせてご覧ください!https://www.youtube.com/watch?v=N0tnCONtggQ1種目目は『背中のストレッチ』です! 1.四つ這いの姿勢になります2.背中を一直線にしたままお尻をゆっくりと下げましょう3.15回行います★ポイント・呼吸を止めずに行います2種目目は『胸のストレッチ』です! 1.横向きの姿勢になり股関節・膝関節を90度に曲げます2.両手をカラダの前で伸ばします3.上側の手をカラダの後ろに持っていくようにカラダを捻ります4.左右10回行います★ポイント・胸を軸に上半身を捻ります・左右の膝が離れないように行います3種目目は『背中のエクササイズ』です! 1.仰向けになり肘関節を90度にしたまま手を上げます2.前腕が床から離れないように両手を頭の上に上げていきます3.10回行います★ポイント・前腕が床から離れないように行います (肩に痛みや違和感などがある方は無理に行わないでください)4種目目は『背中のエクササイズ』です! 1.バランスボール(椅子でも代用可能)に座ります2.両手の親指を外側に向けながら肩甲骨を内側に寄せます3.10回行います★ポイント・力みすぎて方が上がらないように注意します・腰が反らないように注意します 『100歳でもゴルフ応援プロジェクト』第1弾は姿勢力としてC字姿勢を取り上げさせていただきました。ゴルファーの約33%もの方が知らない間になってしまっているC字姿勢。この姿勢になっているだけでゴルフでの動きづらさや、痛みの原因になってしまっています。特にカラダの回しづらさを感じてしまっている方はこの姿勢になっている可能性がとても高いです。良いアドレスを目指すことは、カラダにとってもとても重要になります。動きやすいカラダ、痛みのないカラダを作るためにアドレス姿勢から整えていきましょう。動画にて本日の内容を詳しく説明していますので記事と合わせてご覧ください!https://www.youtube.com/watch?v=N0tnCONtggQトータルゴルフフィットネスでは、ゴルファーの願いを最短で叶えるために、トレーナーとコーチが連携してカラダのチェック・スイングのチェックを行います。『カラダの問題点』『ゴルフスイングの問題点』を明確にし、効率的なゴルフスイングを身につけるための提案を行います。ゴルフレッスンだけではなかなか修正が難しかったフィジカル面の課題もゴルフ専門のトレーナーがしっかりと見極めて改善へ導きます。ゴルフトレーニング体験はこちらhttps://www.tg-fitness.net/introduction/taiken.html※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。・今すぐ読みたい→ロングアイアンで飛距離を伸ばす打ち方のコツ!あなたの飛ばない原因は? https://cocokara-next.com/fitness/golf_longiron/小林 和仁トータルゴルフフィットネス所属パーソナルトレーナートレーナー長年、日本スキー界の第一人者として活躍する一方、オフシーズンのトレーニングの一貫として、ゴルフ歴も30年以上。スキーにおける卓越した体重移動のテクニックをグルフスイングにおける体重移動に応用するとともに、体幹部の動き、捻りの動作等、「柔軟でスマートな動き」をプロ・アマ問わず多くのゴルファーに指導。 -- to www.excite.co.jp

Read more

「24/7 Online Fitness」クリスマス特別オンラインレッスン!体操元日本代表 田中理恵さん直伝、美ボディストレッチ&トレーニング|株式会社トゥエンティーフォーセブンのプレスリリース

 株式会社トゥエンティーフォーセブン(代表取締役社長 小島礼大、本社:東京都港区、以下「24/7」)が運営するライブレッスン型オンラインフィットネスサービス「24/7 Online Fitness」(URL:https://bit.ly/32wzSGS)が、クリスマス特別オンラインレッスンとして、 田中理恵さん直伝、「美ボディストレッチ&トレーニング」講座を開催いたします。  「24/7 Online Fitness」は、約8万人(*1)のダイエットを成功させた実績を誇るパーソナルジム「24/7 Workout」の一流トレーナーによるライブレッスンを、オンラインで受けられるサービスです。ダイエットに効果的なエクササイズを、自宅にいながら、まるでジムに通っているような感覚で、プロインストラクターによるライブレッスンを受けることができるため、おうちに居ながらでも本格的なフィットネス体験ができるとご好評を頂いております。(*1) 2021年1月末時点でのセッション1回以上受けた方の累計入会者数。途中解約・全額返金者も含む 今回は、クリスマス前の12月16日に特別レッスンとして、体操元日本代表で、現役を引退し、出産後も美ボディをキープし続けている田中理恵さんをお招きして「美ボディストレッチ&トレーニング」を教えていただきます。  ご自身のYouTubeでもストレッチやトレーニング方法を発信している田中さんですが、今回はリアルタイムで皆様の質問にお答えしながら、レッスンを進行してくださいますので、是非、美ボディを保つ秘訣やトレーニングでのお悩みなど、質問をお寄せいただきレッスンにご参加ください。   ・日時:12月16日(木)21時~22時 ・内容:トレーニング(50分)+質疑応答(10分)※本レッスンは、ZOOMウェビナー方式での実施となります。   トレーニングメニュー 1、田中理恵式ストレッチ【リエトレ】 2、美ボディ全身トレーニング 3、クールダウンまた、当日レッスンに参加していただき、インスタグラムに専用ハッシュタグをつけて写真または動画を投稿してくださった方の中から抽選で、プレゼント企画の実施も予定しております。【プレゼント内容】 1等:跳べるパンプス 2等:Body Pole 3等:24/7エクササイズバンド 本レッスンは、メディアの方の取材・参加可能です。 事前申し込みが必要となりますので、メディア取材希望の方は、下記メールアドレスにご連絡ください。【メディア参加希望の方はこちら】 [email protected]  <田中理恵さんより、イベントレッスンへ向けたコメント> 皆さん、こんにちは!田中理恵です! 今回は、私田中理恵が考案した【リエトレ】を皆さんと一緒にやっていきたいと思います! レッスンを機に美ボディを手に入れましょう♪ 皆さんにお会いできるのを楽しみにしています! ...

Read more

クリスマスにも影響!? 英国で起きる「ブラックフライデー」のサステナブル化 | GetNavi web ゲットナビ

英国では、比較的新しいショッピングイベントであるブラックフライデー。この米国発の“お祭り”は英国人の間でも人気を広げつつありますが、環境問題や多様性が重視される現代では、割引率だけでなく、企業の価値観にも消費者は注目。本稿では、社会的なメッセージを展開して話題を集める2社を取り上げながら、英国でブラックフライデーがいかに変化しつつあるのかを見てみます。↑ブラックフライデーでクリスマスムードが増す英国 英国では、クリスマスは家族や親戚が集まるビッグ・イベントで、一人一人にプレゼントを渡す習慣があります。そのためプレゼント選びはこの時期の大仕事で、予算も全国平均で国民1人当たり420ポンド(約6万3100円※)とかなりの額に達しますが、当然ながら小売業界も一年で最大の商戦を展開します。※1ポンド=約150円で換算(2021年12月3日時点)ブラックフライデーは米国を起源としており、感謝祭の翌日の金曜日に行われる一斉セールですが、感謝祭の習慣がない英国において、このイベントの意味はクリスマスショッピングの開幕戦。小売店やブランドはセール開始をさらに前倒しにして11月初旬からプレセールを始め、購買ムードを盛り上げていきます。特にコロナ禍とブレグジット(EU離脱)の影響が残る2021年は、ショッピング街の人出や配達遅れなどのトラブルを避けて、早めに買い物の準備を始める傾向が見られました。 そんな中、英国では2つのブランドが大きな注目を集めています。 1: ダイバーシティで勝負する「ジムシャーク」↑多様性を全面的に打ち出すジムシャーク(画像提供/同社の公式サイト) ブラックフライデーをスポーツ大会になぞらえて、スポ根風のコミカルなCMを公開したのが、英国のフィットネス・ファッションブランドの「ジムシャーク(GymShark)」です。ナイキ、アディダスの2大ブランドがマーケットを席巻する中、同ブランドは人気フィットネス・ブロガーを起用したインフルエンサー戦略で、一気に人気ブランドへと成長しました。 ブラックフライデーのCMコピーは「You know the Drill(やることは分かっているね)」。スポーツコーチがアスリートたちに「セール開始はいつか」「割引率は」「サイズ選びのコツは」「ウィッシュリストの新機能は」など、「勝つ」ための情報をチームに叩き込むという内容で、視聴者もセールにまつわるQ&Aが頭に入るという構成になっています。また、昨年のロックダウン中にはセール開催の24時間前にウェブサイトを故意にダウンさせ、サスペンス感を生み出す戦略でも話題を呼びました。このCMは英国の多様性を反映して、さまざまな人種の俳優を起用しているのが特徴。同ブランドのファンはフィットネス好きなだけでなく環境・社会問題への感心が高い10代から20代前半のZ世代が多いため、同社では社内の男女比率や人種比率を公開したり、各商品のカーボンフットプリント(商品のライフサイクル全体を通して温室効果ガスの排出量をCO2に換算したもの)をアップデートしたりしてファンの心をつかんでいます。 2: 「買わないで」と訴える「パタゴニア」一方、毎年「むやみに買わないで」という反ブラックフライデー・キャンペーンを繰り広げて人気を呼んでいるのが、米国アウトドア・ブランドのパタゴニアです。同ブランドはブラックフライデーセールを行わず、大量消費文化によって引き起こされる環境問題について訴える広告で支持を得ています。2016年にはブラックフライデー売上高の全額を環境保護団体に寄付すると発表し、大きな反響を呼びました。当初の予想を5倍も上回る1000万ドル(11億円以上※)の売り上げを記録したことは、多くの人たちが共感した結果といえるでしょう。※1ドル=約113円で換算(2021年12月3日時点) 2020年には、逆から読むと環境保護メッセージになる詩を使ったユニークな広告を発表し、米国だけでなく英国でも多くの支持を集めました。現在は世界の環境保全団体とブランドのファン・コミュニティを繋ぐ世界規模のプラットフォーム「パタゴニア・アクション・ワークス」の活動を加速させています。 “グリーン”フライデーへ↑この自然こそが最大の贈り物 英国では2022年消費トレンド予測の一つとして「気候主義(climatarianism)」が挙げられました。これは地球環境や気候への影響を基準にして消費を行うライフスタイルを指します。ユーザーが自分の信念や価値観に沿ったブランドから商品を購入する傾向は、今後ますます高まっていくでしょう。G7首脳会議と国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開催されたばかりの英国では、環境意識がこれまでになく高まり、特に若い世代では「サステナブルでなければクールでない」という意識が強まっています。英国の独立系小売店が集結し、ブラックフライデー割引は行わない代わりに当日の売り上げの一部を慈善団体に寄付して植樹を行うという「グリーンフライデー」活動のニュースも報じられたばかりです。企業の社会的な責任が強く問われるようになった今日の英国では、もはや商品のデザインや価格だけで消費者の支持を得ることはできません。ブラックフライデーに限らず、ブランドのサステナブルなビジョンを明確に打ち出すことでファンの信頼を得るという戦略こそが、これからより一層重要になっていきそうです。執筆者/ネモ・ロバーツ -- to getnavi.jp

Read more

ランサムウェア攻撃、700件の身代金交渉から分かった「絶対に避けるべきこと」 【CNET Japan 2021年12月06日】 – CNET Japan

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ https://japan.cnet.com/ CNET Japan Newsletter 2021年12月06日 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▼注目のコンテンツ -----------------------------------------------------・94%が「便利」と回答、脱ハンコ文化へhttps://japan.zdnet.com/paper/30001198/30005205/?tag=cnlpickup・Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーンhttps://japan.zdnet.com/paper/30001491/30005204/?tag=cnlpickup・事例・攻撃者よりも早く脆弱性を検知・対処しインシデントの未然防止体制をhttps://japan.zdnet.com/paper/20015361/30005206/?tag=cnlpickup----------------------------------------------------------------------------【編集部からのお知らせ】日頃からCNET Japanをご愛読いただき、誠にありがとうございます。グループメディアのZDNet Japanが12月15日(水)に「Microsoft×ZDNet Japan Digital Trust Now LiveGIG~マルチクラウド時代のセキュリティ&ガバナンスの現実解」をオンラインにて開催します。お申込みはこちら → https://japan.cnet.com/click/2112_zdnetevent_nl_01.htm▼今日の主要記事1.ランサムウェア攻撃、700件の身代金交渉から分かった「絶対に避けるべきこと」https://japan.cnet.com/article/35180071/?tag=nl2.がん治療後も生涯続くリンパ浮腫--「ケアと美しさ」を両立する医療用ストッキングを開発したencyclo水田氏・齋藤氏https://japan.cnet.com/article/35178001/?tag=nl3.パナソニック、照明からスタジアムを改革--スポーツの好循環を作るhttps://japan.cnet.com/article/35180304/?tag=nl4.ニチレイとミーニュー「両思い」のアプリ統合--献立づくりの未来はどうなる?https://japan.cnet.com/article/35179158/?tag=nl5.DMM、ウェブ縦読みマンガ事業に参入へhttps://japan.cnet.com/article/35180338/?tag=nl▼注目のコンテンツ -----------------------------------------------------・従業員の問い合わせ対応を効率化、バックオフィス担当者の負荷を軽減https://japan.zdnet.com/paper/30001485/30005122/?tag=cnlpickup・スマートBotが9年分の業務を2週間で完了、「RPA+AI」の驚くべき効果https://japan.zdnet.com/paper/30001111/30005211/?tag=cnlpickup・Microsoft 365のデータ管理の落とし穴、忘れてはならない「ユーザー責任」https://japan.zdnet.com/paper/30001150/30005250/?tag=cnlpickup----------------------------------------------------------------------------▼ホワイトペーパーライブラリー●デジタル変革に欠かせない社内人材の活用、スキル獲得と顧客体験の向上を実現する3つのポイントhttps://japan.zdnet.com/paper/30001283/30005177/?tag=cnlwp●ITインフラ全体の包括的なセキュリティ強化をシンプルに実現するHCI基盤の導入メリットhttps://japan.zdnet.com/paper/30001050/30005142/?tag=cnlwp●「データ エクスペリエンス」の重要性が明らかに、世界の企業事例から見えたデータの価値https://japan.zdnet.com/paper/30001001/30005188/?tag=cnlwp●データドリブンが軸になったモデルナのワクチン開発とグーグルが支えるマルチクラウド戦略https://japan.zdnet.com/paper/30001001/30005208/?tag=cnlwp●Citrix Workspaceの変革効果とは? 87%がクラウド移行を計画する時代にhttps://japan.zdnet.com/paper/30001484/30005086/?tag=cnlwp企業の製品情報や技術資料、導入事例をダウンロードできます。https://japan.zdnet.com/paper/?tag=cnlwp----------------------------------------------------------------------------▼ニュース【製品・サービス】・時間短縮に向け、ウェンディーズ・ファーストキッチンで顔認証決済の実証実験--特別クーポンもhttps://japan.cnet.com/article/35180300/?tag=nl・高リスクのユーザーを守る「Facebook Protect」、2段階認証を必須にhttps://japan.cnet.com/article/35180309/?tag=nl・グーグル、「Pixel」ウォッチを2022年に発売かhttps://japan.cnet.com/article/35180328/?tag=nl・モトローラの新型スマートウォッチ「moto watch 100」、1万円ちょいでも機能充実https://japan.cnet.com/article/35180330/?tag=nl・Tesla、子供用のCybertruck風4輪バギー「Cyberquad for Kids」を発売--1900ドルでhttps://japan.cnet.com/article/35180349/?tag=nl・Uber、乗車中の録音など3つの安全機能を米国で導入https://japan.cnet.com/article/35180342/?tag=nl・グローバルベイスとミラーフィットが協業--都市部の物件リノベーションにフィットネス向け鏡型デバイスhttps://japan.cnet.com/article/35180346/?tag=nl・スズキ、アプリから車両位置を確認、操作できる新サービス--「スズキコネクト店」も新設https://japan.cnet.com/article/35180348/?tag=nl・枝を鷲づかみして木に止まるドローンを開発、お手本はハヤブサの足--スタンフォード大学https://japan.cnet.com/article/35180364/?tag=nl【企業・業界】・配車大手Grabが上場--延期とコロナ禍の業績低迷を経てhttps://japan.cnet.com/article/35180316/?tag=nl・テスラ、本社をカリフォルニア州からテキサス州に移転https://japan.cnet.com/article/35180315/?tag=nl・ローソンと日本マイクロソフト、AIやデータを活用した店舗DXで協業https://japan.cnet.com/article/35180303/?tag=nl・NVIDIAのArm買収、米FTCが阻止を求め提訴https://japan.cnet.com/article/35180323/?tag=nl・メルカリ、コンビニ大手3社と包括連携協定を締結--出品対策を強化https://japan.cnet.com/article/35180362/?tag=nl----------------------------------------------------------------------------▼新着トピックス【特集】・岐阜県の多治見で始まった再エネ利用のシェアEV--音声番組「ニュースの裏側」#39音声番組「CNET Japanのニュースの裏側」では、ITビジネスメディア「CNETJapan」に掲載された記事の中から1本を選び、担当記者に取材の裏話などを聞いていきます。https://japan.cnet.com/article/35180347/?tag=nl・アップル、顔の位置に合わせて画面の角度が自動的に調整されるノートPC--特許を出願Appleは、ユーザーに合わせて角度を自動調整する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間12月2日に公開された。https://japan.cnet.com/article/35180356/?tag=nl・サンドバッグを使う本格トレーニングが自宅でも、スマートなグローブでパンチ力を計測運動の成果を計測可能な家庭向けサンドバッグ「Boxx」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。https://japan.cnet.com/article/35180370/?tag=nl----------------------------------------------------------------------------■CNET Japan...

Read more
Page 2 of 1544 1 2 3 1,544