スマホ契約の違約金1000円に下げ 本当にメリット?|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

総務省が2019年6月18日に打ち出した携帯電話市場の競争促進のための制度案が物議を醸している。いわゆる「2年縛り」の違約金上限を1000円に引き下げるなど、従来の携帯電話業界のビジネスを大きく覆す可能性があるからだ。そのまま施行された場合、ユーザーにどのような影響があるだろうか。「端末値引き」「囲い込み」に新たな規制この制度案の骨子の一つは通信料金と端末代金を明確に分離する「分離プラン」の義務化措置だが、これについては大手3社とも既に対応済みだ。もう一つの骨子が「行き過ぎた囲い込みの禁止」に関する措置である。通信契約を解約しやすくし、より安価なサービスへの乗り換えを促進することで市場競争を促すべく、かなり踏み込んだ規制を盛り込んでいるのだ。まず、2年間などの長期間契約を結ぶ代わりに毎月の通信料を割り引く、いわゆる「2年縛り」を途中で解約したときの違約金上限を1000円にする。現在一般的な違約金の9500円の、約10分の1にまで引き下げられることになる。また長期契約時の値下げの上限も、現在の月当たり1500~2700円から大きく引き下げられて170円となり、ほとんど料金差がつかなくなる。2つ目は端末値引きの上限額に対する規制だ。通信契約を条件とした端末の値引きを禁止するだけでなく、継続を条件としない端末値引きの上限についても、一部例外を除いて2万円にするとしている。これはKDDIの「アップグレードプログラムEX」やソフトバンクの「半額サポート」、NTTドコモの「スマホおかえしプログラム」といった、端末を36~48カ月という長期間の分割払いで購入し、途中で返却する代わりに一定額の残債支払いを免除する、端末購入プログラムの提供を難しくすることを目的とした規制とみられる。通信契約にひもづいた端末値引きの禁止や、契約にひもづかない端末値引きの上限を2万円にするといった規制は、「スマホおかえしプログラム」などの端末購入プログラムの提供を難しくすることが狙いだといえるそして3つ目は、同じ携帯電話会社を長く契約する人への割引に対する規制である。これは2年縛りの違約金に規制を入れることで、その代わりに携帯電話会社が長期契約者向けの割引を手厚くし、解約しづらくすることを防ぐ措置とみられ、割引の上限は1カ月分の通信料の範囲に制限されるという。「モバイル市場の競争促進に向けた制度整備(案)」がもたらす主な影響 -- to style.nikkei.com

Read more

VRリハビリ、疑似旅行などでやる気向上 進む実用化|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

脳梗塞や認知症などのリハビリテーションで、仮想現実(VR)の映像を活用したプログラムが注目されている。ゲーム型のリハビリでは単調になりがちなトレーニングも没頭しやすく、成果も数値化されるためにモチベーションを保ちやすい。外出困難な高齢者らが「疑似旅行」をする体験会では、外出する意欲が高まるだけでなく認知機能が改善した事例も。医療や介護の現場で広がりそうだ。10月上旬、東京都港区の「脳梗塞リハビリセンター赤坂」。静岡県の会社員、佐野純平さん(24)が椅子の上でVR用のゴーグルを装着すると「水戸黄門ゲーム」が始まった。前方に映し出された印籠に腰を曲げながら腕を伸ばすと、効果音とともに「お見事」という文字が表示され、また次の印籠が現れる。落ちてくるボールを捕るゲームもこなし、30分間のプログラムを終えた。佐野さんは2018年6月に脳梗塞を発症し、車椅子での生活を送る。18年12月から週3回のリハビリを続け、週1回は「mediVR カグラ」(1回5千円)のプログラムを受けている。佐野さんは「筋肉の可動域の改善が数値で分かる。楽しく体幹が鍛えられ、以前は座ることも苦しかったが背筋を伸ばせるようになった」という。このプログラムは医療施設など全国11カ所で採用。下肢の筋力や姿勢のバランスのほか、考えながら複数の動きをこなす「デュアルタスク」で認知機能などの改善も図る。開発した医師でmediVR(大阪府豊中市)の原正彦社長は「日常生活で使う動きが自然にできるため、リハビリの効果が上がりやすい。認知機能が大幅に改善された症例もある」と説明する。犬を連れた河川敷の散歩気分を味わえるプログラムもある。東京医療保健大(東京・品川)の今泉一哉教授(人間科学)は、都内の制作会社と共同で「RehaVR」を開発。VR用のゴーグルとフィットネスバイクを使って、ペダルをこいだ分だけ進み、移動距離など成果も記録できる。スカイツリーなど観光地を巡るプログラムも制作している。1カ月3万円で法人向けに専用機器をリースし、医療機関など国内で10施設が導入。今泉教授は「効果の研究を深め、本格的な実用化を進めたい」と話している。東京大先端科学技術研究センターの職員、登嶋健太さん(33)は外出が難しい高齢者らにVR映像で国内外を疑似旅行する体験プログラムを全国のデイサービスで開催している。介護職員だった登嶋さんは、14年にリハビリにVRを取り入れて入所者の要望に応じて国内外の景色を360度カメラで撮影。欧州やアジアなど28カ国にわたる映像は、約1500種類に上る。外出が難しい高齢者にVRで疑似旅行を体験してもらう登嶋さん(手前左)=登嶋さん提供映し出されるイタリア・フィレンツェの様子=登嶋さん提供登嶋さんは「大きく振り向くなど景色を楽しむために能動的に動く人が多い。立ち上がる意欲を無くしていた高齢者が生き生きとして取り組むケースもある」と研究を進めている。サポート、患者の視点で高齢者施設を運営するシルバーウッド(千葉県浦安市)は、認知症患者らの視点を疑似体験するVRプログラムを医療施設や企業で開いている。2016年に認知症の患者らと協力しながらプログラム制作を開始。認知症患者への偏見に気づいたり、どのようにサポートすべきか考えたりする機会となっている。VR用のゴーグルを着けると、ビルの屋上の端から路上を見下ろす映像が広がる。「はい、右足から降りますよ」「大丈夫ですよ」。そばに立つ介護職員に促され、前に踏み出そうとするとビルから飛び降りるような恐怖にさいなまれる。これは送迎車から降りる際の認知症患者の体験を再現した。ほかに認知症患者の2割にあたるとされる「レビー小体型認知症」を体験するプログラムなどがある。VR事業部の黒田麻衣子さんは「認知症でも症状は人それぞれ。サポートするためには、まず相手が何に困っているのか意見を聞いてみることが大切だ」と話している。[日本経済新聞夕刊2019年10月23日付] -- to style.nikkei.com

Read more

ついに始まった「5G」 乗り換えを急ぐべきひとは?|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社は2020年3月25日以降、相次いで、次世代通信規格「5G」の商用サービスを開始した。すぐに乗り換えを検討する必要はあるのか、探ってみよう。料金プランは「使い放題」とサービスに違い現行の4Gを大きく上回る「高速大容量通信」に加えて「多数同時接続」「超低遅延」といった特徴を持つ次世代通信規格「5G」。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」の時代を迎え、自動運転や遠隔医療、スマートシティーといった未来の技術を支えるネットワークとして注目を集めている。5GはIoT関連で様々なサービスが想定されているが、現在、一般消費者向けに提供されるのは、これまでと同じスマートフォン向けのサービスとなる。そこで3社が発表した5Gのサービス内容を料金プラン、端末、そしてエリアの3つについて比較。現時点で5Gへの乗り換えを検討すべきか考えてみる。まず料金プランだが、3社とも5Gの高速大容量通信が生かせるよう工夫を凝らした。主力の大容量プランに関していうと、NTTドコモの「5Gギガホ」は月額7650円(税別、以下同)で通信量上限が100ギガバイト(ギガは10億、GB)。4G向けの大容量プラン「ギガホ」(月額7150円、通信量30GB。現在はキャンペーン中で60GBを利用可能)よりも500円高いが、その分、通信量の上限も増えている。しかもNTTドコモは現在、「データ量無制限キャンペーン」と呼ぶキャンペーンを実施しており、これを利用すると5Gギガホの契約者は国内でのデータ通信を無制限で利用できる。同キャンペーンの終了予定時期は未定で、今後、通信量無制限が通常のプランとなる可能性もある。NTTドコモの「5Gギガホ」の通信量上限は100GBだが、キャンペーンで当面は国内での通信量が無制限となるauは当初から無制限プランを提供する。主力プランは月額8650円でスマホからのデータ通信が使い放題となる「データMAX 5G」だ。4G向けの無制限プラン「auデータMAXプラン Pro」(月額7650円)に月額1000円の上乗せで5Gが無制限で利用できる。無制限といっても、テザリングや国際ローミング利用時は30GBの上限がある。また通信量が2GB以下の場合は1480円の値引きがなされ、月額7170円となる。データMAX 5Gには基本メニューに加えて、2つの拡張メニューがある。1つは動画配信サービスの「Netflix」と「TELASA」をセットにした「データMAX 5G Netflixパック」(月額9650円)。もう1つはそれら2つに加えて音楽配信サービスの「Apple Music」と動画配信サービス「YouTube Premium」をセットにした「データMAX 5G ALL STARパック」(月額1万1150円)である。いずれも個別にサービスを契約するより、割安な料金が設定されている。テザリングや国際ローミング時のデータ通信量上限もそれぞれ60GB、80GBに増量される。残るソフトバンクは5G用の料金プランを用意しなかった。既存の4G向けの料金プランに月額1000円の「5G基本料」をプラスすると5Gが利用できる仕組みにした。そうした中、主力のプランとなりそうなのは、3月12日から提供されている新料金プラン「メリハリプラン」。これは月額7480円で50GBの通信量が利用できるというもの。「YouTube」「Instagram」など14のサービスと、ソフトバンクが5G時代に向けて提供するエンターテインメントサービス「5G LAB ベーシック」が通信量にカウントされないことから、実質的には50GB以上の通信が可能だが、他の2社とは異なりスマホからのデータ通信が無制限になるわけではない。なお、auのデータMAX 5G同様、通信量が2GB以下の場合は値引きされる。ソフトバンクは1500円だ。ソフトバンクは5Gサービス開始に合わせて「メリハリプラン」を提供。通信量は最大50GBだが、14のサービスは通信量をカウントしない下の表に各社の主力の5G料金プランをまとめた。いずれも基本的には割引やキャンペーンによる値引きを適用しない場合の料金である。実際に契約する際は、より安価な月額料金になると考えられる。携帯3社の主力5G料金プラン比較 -- to style.nikkei.com

Read more

【速報】アミュプラザみやざき 出店91店舗 – Miyanichi e-press

 JR宮崎駅西口に今秋開業予定の複合商業施設「アミュプラザみやざき」に出店する91店舗は次の通り。【うみ館】リンツショコラブティック(チョコレート)▽コトモノマルシェ(アクセサリー)▽エテ(ジュエリー)▽ミラオーウェン(レディスファッション)▽ジェラートピケ(ルームウエア)▽ルーニィ(レディスファッション)▽BEAMS(レディス・メンズファッション)▽タイル(レディスファッション)▽スターバックスコーヒー(カフェ)▽センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ(レディスファッション)▽リムオブジンズ(めがね)▽サマンサモスモス(レディスファッション)▽洋服・バッグのお直し マジックミシン(リフォーム・リメーク)▽マリークワント(化粧品・ファッション雑貨)▽ビス(レディスファッション)▽ザ・キッスプラス(ジュエリー・アクセサリー)▽アコモデ(ファッション雑貨)▽スキンフード(化粧品)▽靴下屋(靴下)▽シャルロット バイ エービーシー・マート(レディスシューズ)▽ジュエリースタジオ プラスター(ジュエリー)▽ジーナシス(レディスファッション)▽インデックス(レディスファッション)▽レトロガール(レディスファッション)▽ABC-MART(シューズ)▽ABC-MART SPORTS(シューズ・ファッション)▽タマチャンショップ(自然食品)▽ラフィネ(リラクセーション)▽シナボン・シアトルズベストコーヒー(カフェ)▽セガ(アミューズメント)▽お箸処北諸(和食)▽ステーキ&焼肉 齋藤牧場(ステーキ・焼き肉)▽The SNOOUP(トマトパスタのようなラーメン専門店)▽ポムの樹オムライスの樹(洋食)▽うまや(和食)▽ANZU CAFE(カフェダイニング)▽回転寿司 羽田市場(回転ずし)▽ワンダーアティックシネマ(シネマコンプレックス)▽JQCARD・エポスカウンター(エポスカード)▽JQCARD・イオンカウンター(イオンカード)▽JQCARD・セゾンカウンター(セゾンカード)▽テイク レストラン アンド カフェ(カフェレストラン)【やま館】まつの(スーパー)▽ドンク・ミニワン(ベーカリー)▽アフランシール(ファッション・雑貨)▽スーツセレクト(メンズ・レディスファッション)▽ディファレンス(メンズ・レディスファッション)▽オンデーズ(めがね)▽アウトサイド ザ ボックス(スポーツ・アウトドア)▽コロンビア(スポーツ・アウトドア)▽ソフトバンク/ワイモバイル(携帯電話ショップ)▽紀伊國屋書店(書籍)▽キャンドゥ(100円ショップ)▽みやざき駅前眼科(眼科)▽東セミ大学受験専門館(塾・スクール)▽ホットヨガスタジオ ラバ(フィットネス・ヨガ)▽湘南美容クリニック(クリニック)【ひむかきらめき市場】ケン&ミチ珈琲店(喫茶店)▽宮崎やきとり恵屋プラスピザ(焼き鳥・ピザ)▽みやざき焼酎バーのもや(焼酎バー)▽みやざき鉄板焼らくい(鉄板焼き)▽リペアランド(合い鍵・靴修理)▽Curry&cafe KUH(カレー・イタリア料理)▽バルマル(スペイン料理)▽炎の舞らくい(和食・郷土料理)▽博多たんや(牛タン専門店)▽平家の郷(ハンバーグ)▽とんかつみとん(とんかつ専門店)▽ビアードパパの作りたて工房(洋菓子)▽レモネード バイ レモニカ(レモネード専門店)▽味のくらや(和菓子)▽お菓子の日高(菓子)▽トロピカルハウス(土産物)▽美食酒 野崎本店(漬物・焼酎・特産品)▽シアトルズベストコーヒー(カフェ)▽宮崎駅弁当(駅弁当)▽宮崎銘品蔵(土産物)▽ファミリーマート(コンビニエンスストア)▽ジュビター(輸入食品・コーヒー)▽トランドール(ベーカリー)▽ミスタードーナツ(ファストフード)▽ケンタッキーフライドチキン(ファストフード)▽三角茶屋 豊吉うどん(うどん)▽フェスティバロ(洋菓子)▽ドラッグイレブン(生活雑貨)▽ルナアース(アクセサリー)▽マクドナルド(ファストフード)▽保険クリニック(保険)▽中央コンタクト(コンタクトレンズ)▽チャンスセンター(宝くじ)▽宮崎市観光案内所 -- to www.the-miyanichi.co.jp

Read more
Page 3 of 787 1 2 3 4 787