X Tokyo

X Tokyo

話題株ピックアップ【昼刊】:キヤノン、オイシックス、アイスタディ | 注目株 – 株探ニュース

話題株ピックアップ【昼刊】:キヤノン、オイシックス、アイスタディ | 注目株 – 株探ニュース

オイシックス <日足> 「株探」多機能チャートより■オイシックス・ラ・大地 3182>  1,200円  +76 円 (+6.8%)  11:30現在  オイシックス・ラ・大地3182>が急反発。同社は安心で安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開していることから、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、外出を控える消費者の需要取り込みへの思惑が働いているようだ。■キヤノン <7751>  2,830円  +106 円 (+3.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率8位 キヤノン<7751>が8日ぶりに反発している。25日の取引終了後、上限を1920万株(発行済み株数の1.80%)、または500億円とする自社株買いを発表しており、これを好材料視した買いが入っている。取得期間は2月26日から5月27日までで、資本効率の向上を図るとともに将来の株式交換など機動的な資本戦略に備えるのが目的としている。また、子会社のキヤノンメディカルシステムズが同日、迅速な新型コロナウイルス遺伝子検査システムの開発を開始したと発表したことも好材料視されている。日本医療研究開発機構(AMED)の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法開発に資する研究」における「迅速診断キットの基盤的研究開発」に長崎大学などの協力を得て参画し開発に取り組むとしている。■理研ビタミン <4526>  3,935円  +125 円 (+3.3%)  11:30現在 理研ビタミン <4526>...

キリンから転職した理由と、「熱狂的に愛されるもの」をつくる極意 湖池屋 佐藤章社長 | Agenda note (アジェンダノート)

キリンから転職した理由と、「熱狂的に愛されるもの」をつくる極意 湖池屋 佐藤章社長 | Agenda note (アジェンダノート)

 キリンで「FIRE」「生茶」など、ヒット商品を次々手がけるマーケターから、キリンビバレッジ社長に就任、2016年には一転、老舗スナックメーカー 湖池屋のトップに就いた佐藤章氏。飲料からスナック菓子へと活動の場が変わっても、市場にインパクトを与える施策を連発し続けている。 キリン時代に培ったマーケターとしての考え方やスキルが、現在の佐藤さんの経営スタイルにどのように生かされているのか。そして、現代に求められるマーケター像とは何か、話を聞いた(第2回/全4回)。   食に携わりたいという思いから湖池屋へ ——佐藤さんがキリンから湖池屋へと、活動の場を変えた背景を聞かせてください。 湖池屋 代表取締役社長 佐藤章(さとう・あきら) 1959年、東京都生まれ。82年、早稲田大学法学部を卒業後、キリンビールに入社。97年にキリンビバレッジ商品企画部に出向。99年に発売された缶コーヒー「FIRE」を皮切りに、「生茶」「聞茶」「アミノサプリ」など、年間1000万ケースを超える大ヒットを連発。2008年にキリンビールに戻り、九州統括本部長などを経て、14年にキリンビバレッジ社長に就任。16年にフレンテ(現・湖池屋)執行役員兼日清食品ホールディングス執行役員に転じ、同年9月から現職。  キリンビバレッジで社長まで経験させてもらいましたから、キリンはもうそろそろ卒業してもいいだろうと感じていたんです。また、キリン在籍中から、いつかは「食」に携わりたいという気持ちを持っていました。 そんな折に、日清食品ホールディングスCEOの安藤宏基さんから「湖池屋で、スナック菓子業界全体を大きくしてみないか」とお誘いをいただいたんです。それで、ついその気になって(笑)。 食の領域は、解決すべき課題や変革の余地が多分にあり、やりがいがあると考えています。 食品廃棄・フードロスや地球温暖化の問題など、食を取り巻く環境は、昔とは大きく異なってきています。それはすなわち消費者が商品を選択する背景が変わってきているということですから、私たちメーカーとしても、そこへの取り組みは必須でしょう。   クラスタを見つけ、熱狂させることが大事になる ——キリン時代から現在にかけて、マーケティング活動において「変わったこと」と「変わらないこと」を教えてください。 マーケティングは、クラスタの見つけ方が重要である——これは昔も今も変わらない「真実」だと思います。 あらゆる人のニーズを満たすものである必要はなく、「誰かが熱狂的に愛してくれるもの」をつくることが何よりも重要です。 健康意識の高いシニア、素材本来の味わいに価値を感じるOLや主婦、部活動をしている高校生、ワンハンドで食べたいゲーム好きの人、そうしたクラスタリングは、キリン時代から現在に至るまで一貫して大事にしています。 例えば、清涼飲料で言えば、最近、水に味や色、香りなどプラスアルファの特徴を加えた商品が次々と登場しています。もちろん、そういう商品があってもいいのですが、全ての商品がそれでは消費者は飽きてしまいます。多様なクラスタで市場全体をうまく切り分けていかないと、一つひとつの商品の魅力が薄まってしまいます。その結果、カテゴリー全体の魅力も低下していくでしょう。 クラスタを見つけるヒントは、さまざまなところにあります。コンビニをはじめとする流通の担当者から情報を得ることもありますし、話題の書籍や映画、ゲームソフトがヒントになることもある。 いずれにせよ、人がお金を払うというシーンには、必ず何らかの特徴が立ち現れます。CLT(Central Location Test:ホールテスト)ではなく、実際の消費の現場で何が起こっているか、リアリティのある情報を大事にするようにしています。 -- to agenda-note.com

3分のプレゼンでだいたいのことは伝えられる 『堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』 | J-CAST BOOKウォッチ

3分のプレゼンでだいたいのことは伝えられる 『堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』 | J-CAST BOOKウォッチ

 堀江貴文さんがきっかけとなったプレゼンテーションの勉強会があるという。HIU(堀江貴文イノベーション大学校)のビジネスプレゼン大会が開かれたが、あまりの下手さにダメ出しの連発。メンバーが自主的に勉強会「プレゼンの達人」を組織するようになり、会員数1500人を超えるコミュニケーションサロンになったそうだ。 「パワポなんか使うな」  本書『堀江貴文のゼロをイチにするすごいプレゼン』(宝島社)は、堀江さんの本にしては珍しく「HOW TO?」を詰め込んだ実用書だ。第1章は心得編で、「なんのためにプレゼンするのか?」が説かれ、第2章は準備編で、・シンプルイズベスト ・3分3部構成がベスト ・共感を集める「Me、We、Now」など、プレゼンの構成を考えるヒントが書かれている。  より実践的な内容にふれた第3章のスライド編「パワポなんか使うな」が参考になる。堀江さん自身、手間をかけたくないのでスライドはほとんどつくらないという。「惰性でスライドを準備するのはやめよう」と訴えた上で、言葉では伝わりにくいイメージを補完するものと心得ようという。  そしてスライドをつくるなら、デザイン性に優れ、操作が簡単なキーノートの一択だと断言する。書体はゴシック体(ヒラギノ角ゴ)。写真はフリー素材を使わず、お金をケチらずにいい写真やイラストを使おう、と書いている。  第4章の実践編「聴衆の心をガッチリつかめ」では、以下の心得を説いている。  ・自意識過剰というムダ  ・場数×叱責から学べ  ・"人は見た目が9割"  ・聴衆を巻き込め ヒッチハイクで身に着けた自信  現在は宇宙ロケット開発やスマホアプリのプロデュースなどをする堀江さん。自信満々のように思えるが、本書でその秘訣を明かしている。  東大に入ったものの研究職を目指すことへの興味を失い、麻雀に明け暮れていた堀江さんをヒッチハイク旅行に誘ってくれた友人がいた。見ず知らずの人に「自分は怪しい人間ではない」ことをプレゼンし、「乗せてほしい」と誠心誠意お願いする。その経験を積み重ねるうちに、「全国どこにだって行ける」という自信がついたという。「自信は成功体験の積み重ねで蓄積できる」そうだ。  終章では、プレゼンだけ上手になってほしくて、本書を書いたわけではない、と書いている。「プレゼンを成功させることはゴールではなく、スタートライン」だと。  プレゼンはあくまで手段であって目的ではない。「想い」を伝え、相手を動かすのが目的だ。プレゼン下手でも応援したくなる人もいるという。冒頭で紹介した「プレゼンの達人」からは、実際に事業化にこぎつける人も出てきたそうだ。  勉強会では一人3分でプレゼンし合う。3分あれば、だいたいのことは伝えられるという。  本書の巻末にはポイントをまとめたテンプレートがついている。参考になるので、実際に手に取って読んでもらいたい。  自己紹介だってプレゼンだ、と冒頭に書いてあった。堀江さんが今でも大きな影響力を持っているのは、SNSや書籍の発行、テレビ出演などを通して、常に自分をプレゼンし続けているからだろう。  相手に自分の「想い」を伝えたい。そうやって活動してきた堀江さんは当代一のプレゼンターに違いない。...

人工は、2020年から2024年ティル販売市場の今後の成長、需要、トレンド、サイズ、シェア、収益の価値予測ティアーズ – InvestAsian

人工涙液の販売市場調査レポートは研究されており、それに取り組んでいる主要な貢献者に実用的なアイデアを提示しています。また、注目すべきトレンド、CAGRの新たな価値、現在および将来の開発についても分析しています。このレポートは、一般的な市場のすべての主要な機能をカバーする正確なデータで市場の幅広い理解を提供し、主要企業の一般的なデータを提供します。   人工涙液の販売市場の競合状況の詳細な調査が行われ、企業プロファイル、財務状況、最近の動向、合併と買収、SWOT分析に関する洞察が示されています。この調査では、2020年から2027年までの予測の現在の傾向と投資の傾向を特定するために、市場の詳細な分析と将来の予測も提供しています。     主要戦略プレーヤー: ボシュロムアボットメディカルオプティクス・ジョンソンとジョンソン・ノバルティス・インターナショナルアラガンAkorn参天製薬医薬品ノバガリ社ファーマSA NovaMedica   レポートの研究目的:   ・価値の観点から、Brain Fitnessアプリ市場の市場規模を調査および推定する。   ・市場の成長と課題を見つける。   ・拡張などの価値のある拡張を研究するために、Brain Fitnessアプリ市場で新しいサービスが開始されました。   ・市場の価格分析を実施する。...

女優・モデルの”高橋愛さん”と皮膚科医”友利新先生”が送る「敏感肌の肌悩み」とみんなで向き合うコミュニティ型Instagram番組「#MySkinStories」全3回分の見逃し動画&レポートを公開!|ラ ロッシュ ポゼのプレスリリース

女優・モデルの”高橋愛さん”と皮膚科医”友利新先生”が送る「敏感肌の肌悩み」とみんなで向き合うコミュニティ型Instagram番組「#MySkinStories」全3回分の見逃し動画&レポートを公開!|ラ ロッシュ ポゼのプレスリリース

  〈番組特設サイト〉https://www.laroche-posay.jp/?s=campaign/myskinstories/index 「ラ ロッシュ ポゼ」は、1975年に敏感肌のためのスキンケアブランドとしてフランスで誕生しました。敏感肌の方々が、使い始めたその日からすこやかな肌を保てるように、そして肌と気持ちに自信を持って生活できること、それが「ラ ロッシュ ポゼ」の願いです。  このような願いからこの度、肌に悩みを持つ多くの方に寄り添い、同じ悩みを抱える人と共に悩みに向き合うコミュニティ型Instagram 番組「#MySkinStories」を企画しました。番組は日本臨床皮膚科医会が1989年に定めた“皮膚の日”である11月12日(火)を皮切りに、毎週火曜日の19:00より全3回放送しました。  番組のメインパーソナリティには、女優・モデルの高橋愛さんと皮膚科医の友利新先生をお迎えしました。さらに各回豪華ゲストとして、敏感肌の肌悩みを乗り越えた武智志穂さん・高山都さん・ソンイさん&孫きょうさんをお迎えし、彼女たちの「#MySkinStories」から同じ悩みを持つ女性たちへのスキンケアのヒントを導くInstagram番組を展開しました。2019年12月3日より公式サイトにて公開している番組の見逃し配信および番組レポートでは、番組内で語られた肌と肌に対する気持ちの変化を紹介しています。   コミュニティ型Instagram番組「#MySkinStories」とは? 女性なら誰もが抱える肌の悩みと肌との向き合い方。女優・モデルとして輝く高橋愛さんをメインパーソナリティとして迎え、ゲストを招いて彼女たちの「#MySkinStories」から悩める女性へのヒントを導き出します。そこには「肌と恋愛」「肌と仕事」など、「肌疾患や敏感肌を乗り越えてきた一人の女性としての人生」が見えてくる…。このトークセッションには皮膚科医の友利新先生も参加。Instagramに寄せられた視聴者の悩みや質問に答えながら肌について語り尽くす新しい形のコミュニティ型Instagram番組です。 番組収録の様子・ダイジェストレポート 1st Story...

スマートファクトリーJapan2019/解決のヒント、見える化 | 機械 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

スマートファクトリーJapan2019/解決のヒント、見える化 | 機械 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

スマートファクトリーJapan2019/解決のヒント、見える化 (2019/6/6 05:00) モノを高度化するには、モノづくりの現場も高度化する必要がある。7日まで開かれる展示会「スマートファクトリーJapan2019」では、IoT(モノのインターネット)機器や人工知能(AI)ソリューション、ロボット、物流システムなど、生産効率化や人手不足対策に役立つさまざまな技術・システムが披露される。各社の展示ブースでは来場者が自社の改革につながるヒントを探った。 ファナック ファナックはスマートファクトリーの構築を支援する工場向けIoT基盤「フィールドシステム」や、同基盤で運用するアプリケーション(応用ソフト)などを出展した。第三者企業のアプリ開発を支援する開発用環境「フィールドシステムスタジオ」、設備の稼働状況を簡単に「見える化」できるエントリーモデルの稼働監視アプリなどを訴求。斉藤裕副社長は同基盤で「どのようにスマートファクトリーを創っていくかを訴えたい」と述べた。 アマダ アマダは、IoTサービス「V―factory」を展示し、次世代のスマート板金工場を提案する。同社は4月にすべての機械でIoT対応を標準仕様とし、取り組みを本格化させた。事前のプログラミングで加工手順や使用金型がナビゲートされるなど生産効率の向上を支援する。さらに、機械の予防保全や運用改善提案などのサービスも提供する。工場の「今」の課題を見える化し、付加価値の高い生産を実現する。 日立システムズ 日立システムズは、さまざまな情報通信技術(ICT)ツールを展示し、工場のスマート化を支援する。「協働ロボットサポートサービス」は、単純作業ができる協働ロボの導入前コンサルティングから導入、メンテナンスまで一元的にサポートする。ロボのメーカーやSI(システム構築)企業と連携して提供する。同社は「人に頼らず、できる部分はICT化することで人手不足といった課題解決を支援したい」としている。 ホクショー ホクショーは上下階の連続搬送向けに、昇降部に樹脂ベルトを採用した垂直コンベヤー「ベルトバーチレーター」を出展した。20キログラムの荷物の搬送用としては業界最速となる1時間当たり3000個を運べるという。金属摺動(しゅうどう)部がないため摩耗粉が生じず、潤滑油も使わない。予兆メンテナンスシステムを組み込み、長期の安定稼働も支援する。「医薬品や食品、二次電池などクリーンな環境を求める工場の需要を開拓したい」(担当者)と意気込む。 伊東電機 伊東電機は直進や仕分け、昇降といった機能別にモジュール化したマテハン機器「idPAC」を提案する。それぞれが制御プログラムとモーターを搭載しているため、ユーザーはモジュールを組み合わせるだけで短時間で最適なレイアウトを構築できる。遠隔監視・操作も可能で、搬送システムや制御プログラム担当者の負担軽減に寄与する。伊東徹弥取締役専務執行役員は「働き方改革にあわせた“運び方改革”を追求していきたい」と思い描く。 オカムラ オカムラは、倉庫作業を支援するシステムを展示している。ロボットストレージシステム「オートストア」はグリッド内に格納された保管物が入るコンテナをつり上げ、入出庫作業場へ搬送する。省スペースと省力化に寄与する。加速能力が従来品比75%、搬送能力が同20%それぞれ向上した新モデルを追加した。流通業を中心に20件超の実績がある。今後は「アフターサービス部品の管理など製造業にも利用してもらいたい」と提案の幅を広げる。 (2019/6/6...

2024年に抗うつ市場分析の成長の課題、機会と今後の展開にトレンドレポート – InvestAsian

2024年に抗うつ市場分析の成長の課題、機会と今後の展開にトレンドレポート – InvestAsian

軌道アテローム切除デバイス市場調査レポートは研究されており、それに取り組んでいる主要な貢献者に実用的なアイデアを提示しています。また、注目すべきトレンド、CAGRの新たな価値、現在および将来の開発についても分析しています。このレポートは、一般的な市場のすべての主要な機能をカバーする正確なデータで市場の幅広い理解を提供し、主要企業の一般的なデータを提供します。   軌道アテローム切除デバイス市場の競合状況の詳細な調査が行われ、企業プロファイル、財務状況、最近の動向、合併と買収、SWOT分析に関する洞察が示されています。この調査では、2020年から2027年までの予測の現在の傾向と投資の傾向を特定するために、市場の詳細な分析と将来の予測も提供しています。     主要戦略プレーヤー: メドトロニック(アイルランド)フィリップス(オランダ)ボストン・サイエンティフィック(US)循環器システム(US)ストラウブメディカル(スイス)BIOTRONIK(オランダ)CRバード(米国)アビンジャー(US)   レポートの研究目的:   ・価値の観点から、Brain Fitnessアプリ市場の市場規模を調査および推定する。   ・市場の成長と課題を見つける。   ・拡張などの価値のある拡張を研究するために、Brain Fitnessアプリ市場で新しいサービスが開始されました。   ・市場の価格分析を実施する。  ...

Page 412 of 415 1 411 412 413 415