X Tokyo

X Tokyo

スポーツリハビリテーション市場で驚異的な成長 成長因子、アプリケーション、地域分析、キープレーヤーと予測2019年から2025年 – InvestAsian

スポーツリハビリテーション市場で驚異的な成長 成長因子、アプリケーション、地域分析、キープレーヤーと予測2019年から2025年 – InvestAsian

スポーツリハビリテーションは、運動選手効果的に治療の痛みを助け、最高のパフォーマンスを獲得、安全、治療アプローチである可能性があります。スポーツリハビリテーションは、介護の貿易の中央Aの一部とすることができます。スポーツリハビリテーションは、スポーツや運動関連の怪我や請負業者の条件を予防及び治療、理解に焦点を当てています。スポーツリハビリテーション市場、USD 3で評価された収入の観点から、中に2017年849.7 Mn及びその製品、アプリケーション、および仕様について2022世界市場の定義とブリーフの読者によって、米国の412.0 Mnは$五達成すると予測されます。このレポートでは、拘束、ドライバーと機会を取り入れ、市場の拡大に影響を与える基本的なトレンドとクレッシェンドに軽量スロー市場を研究しています。報告書は、共同し、個々のセグメントのプラグ成長に対する貢献度を把握するための基礎目的シェアの面で世界のスポーツリハビリテーションの市場セグメントを分析します。 この報告書のサンプルコピーを要求:https://www.absolutemarketsinsights.com/request_sample.php?id=16 スポーツRehabilitatorsは、痛み、傷害またはシステムが関与する疾病の完全な個人を促進します。彼らは、彼らの健康とフィットネスを維持渡すためにすべての年齢の人々を支援するものの、ストップ傷害とスケールの背中の痛みの被害運動、運動やマニュアル主に基づいて、治療的介入。このフィールド中の専門家は、しかし、単に個人のあらゆる種類のスポーツ選手ではなく治療する可能性を持っているとして、スポーツ医学が相まって、すべての反対のヘルスケア分野の中で大幅な成長を表示しています。スポーツリハビリテーションのための需要の増加は、フィットネスに関しては年間を通じて見られています。 世界のスポーツリハビリテーション市場でこの市場調査報告書は、最新のドライバ、および手錠を甘味アウトライン、貿易事業分野の研究を網羅看護でアソシエイトです。それは近づい年の市場予測を提供します。北米は予想額上で最も重要な市場シェアを運ぶために期待されています。介護ドメインと傷害および外傷に関連した傷に向けた医療サプライヤーの成長焦点内の進歩は、市場の成長を牽引しています。135万人近くの若者は年に一度のスポーツの怪我に苦しむことがわかりました。これは、看護解析技術革新で、最近拡張製品、ポーターの5フォースモデル分析と選択された貿易競争相手の進行プロファイルの関連付けが含まれています。世界的なスポーツリハビリテーション市場の最初のプレーヤーの数は、アースレックス、スミス・アンド・血縁者です 購入このレポートの前にお問合せ:https://www.absolutemarketsinsights.com/enquiry_before_buying.php?id=16 市場 – による製品 サポートおよびリカバリ製品 ボディ評価、モニター製品 アクセサリー ボディ修理と建設製品 市場 – アプリケーション別 手手首 ヒップ、脚の付け根...

開発責任者へのインタビューから見えた、新型フィット開発の舞台裏 – A Little Honda

開発責任者へのインタビューから見えた、新型フィット開発の舞台裏 – A Little Honda

ホンダのM・M思想を具現化し、2001年にデビューした初代フィットは、広い室内や多彩なシートアレンジ、高いレベルの環境性能の実現などが市場に受け入れられ大ヒットモデルとなった。そして2007年に2代目、2013年に3代目が登場し、累計販売台数も269万台を超えている。そんなホンダの最重要モデルの4代目が登場した。今回は、新型フィットの開発を指揮した開発責任者の話を交えつつその魅力に迫りたい。(撮影:宮門秀行) 4代目ホンダ フィットの開発テーマとは?フィット HOME(FF)ホンダフィットの開発責任者は田中健樹氏である。実は田中さん、10年以上もフィットだけに携わる、ホンダの中でもフィットスペシャリストだと言っていい。そんなフィットの強味も弱点も知る人が開発を指揮するのだから、4代目フィットは、当然いいクルマに仕上がっている。田中さんは、4代目フィットのLPL(=ラージプロジェクトリーダー/ホンダでは開発責任者をこう呼ぶ)になったときに、初代、2代目、3代目と歴代フィット、いやその前身デルとなるロゴも含め4世代を並べてみたという。田中健樹 株式会社 本田技術研究所 オートモービスセンター 商品企画室 LPL 主任研究員そこで改めて認識したのは、歴代フィットの開発テーマだという。初代モデルはそれまでのコンパクトカーがあきらめてきたニーズに応えたモデルだった。それはデザインと広い室内である。そして2代目と3代目は機能、燃費を突き詰めた開発がなされていた。では4代目はどうするか、と考え行き着いたのが「ユーザーの潜在的なニーズに応えているのか」ということだ。今のコンパクトカーのユーザーがあきらめていたことはないのか、それがあるならばフィットで実現しようと思ったということである。人が「心地いい」と感じることを、とことん追求する具体的には、今のコンパクトカーがユーザーのニーズに応え切れていない「快適性」、「安心感」、「リラックス」を新型フィットではやる、と決めたのだという。そして「心地よさ」を新たなフィットの価値として研究したのだ。今までのフィットが持っている機能を土台として、人が五感で感じるところの研究である。人が「心地いい」と感じるのはどういったところなのか、開発の最初の段階では数値に置き換えて開発していたのだが、最終的には人が判断したのだという。目指したのは、実際に座ったときに感じる広さと安心感具体的には視界でありシートなどである。たとえば、とにかく室内が広いだけで人は心地よく感じるわけではなく、ある程度の守られ感も必要である、ということ。これまでの開発では数値目標を目安にしていた部分もあったが、新型フィットはそれに加え、人が使ったときの“感覚”も視野に入れた。実際に座ったり使ったりして、誰もが「心地いい」と感じるつくりを目指したというわけだ。これはとにかくいろんな人にシートに座ってもらったそう。新型フィットには5モデルのバリエーションがあるが、それはクルマに詳しくない人のためへの提案なのだとか。「ライフスタイルやファッションに合ったグレードを好みで選べるようにしたグレード。お客様には直感や好みで選んで欲しい」と田中さん。シンプルさが魅力の「BASIC(ベーシック)」、毎日の生活に馴染むデザインの「HOME(ホーム)」、アクティブな人向けの「NESS(ネス)」、ドライブにアウトドアに、毎週末出かけたくなる「CROSSTAR(クロスター)」、そしてダウンサイザーも満足できるようにした「リュクス」。リュクスは身体に触れるところは本革にするなど高級感をもたせている。余談だが、ネスはフィット+ネス=フィットネス。洒落も効いている。いかにもホンダらしい 充実の安全運転支援システムを標準装備フィット e:HEV NESS(FF)。心地よい走りが自慢そして走りも「心地よさ」を実現している。日常域、常用域の心地よさを実現するため、あえてソフトな方向の乗り心地にしている。だからといって柔らかいだけのフワフワとした頼りなさはまったくない。この「心地いい走り」を実現するために、サスペンションの取り付け部を強化して足を動かす方向で開発したということだ。高速道路での操縦安定性やホンダセンシングの進化も、安心・安全に繋がるポイントだ。とくにホンダセンシングは違和感のないものに進化している。車体各部に設置されたセンサーがドライバーの安心・安全を守ってくれる検知方法は、「フロントワイドビューカメラ」、「前方ソナーセンサー」、「後方ソナーセンサ−」の3つである。これらの連携により、ぶつからないため「衝突軽減ブレーキ」「近距離衝突軽減ブレーキ」飛び出さない「誤発進抑制機能」不意の後退を防ぐために「後方誤発進抑制機能」歩行者に配慮した「歩行者事故低減ステアリング」はみ出さないために「路外逸脱抑制機能」適切な車間距離を保つために「渋滞時追従機能付アダプティブクルーズコントロール」ふらつかないために「車線維持支援システム」発進をお知らせする「先行車発進お知らせ機能」見逃さないために「標識認識機能」良好な視界のやめに「オートハイビーム」などが全グレードに標準装備されているのである。コンパクトカーでこれほど安全運転支援システムは充実していて、さらにそれが標準装備されているのは、いかにもホンダらしいところだ。e:HEV BASICはWLTCモードで燃料消費率29.4km/Lを実現。※装着するオプションなどにより異なる場合もある新型フィットでは2モーターのハイブリッドシステムを採用したのもトピックスである。このハイブリッドモデルは「e:HEV(イーエイチイーブイ)」と呼ばれ日常域ではモーターで走行できる。組み合わされるエンジンは、1.3L。実はコレ、フィット専用なのである。そしてなによりこのe:HEVは、2個のモーターを搭載してるのが特徴だ。上級モデルのホンダインサイトと同じ2モーターだが、フィット用にハイブリッドシステムを小型化して搭載している。従来は1モーターだったので数だけ見ても倍になったわけだが、力強い走行フィールや高い環境性能などそのメリットはモーターの数以上に大きいと言える。このe:HEVは、相当魅力的なクルマに仕上がっていると言えるだろう。ぜひ、一度新型フィットへの試乗をお勧めする。主要諸元ホンダ フィット ホーム全長×全幅×全高 3995×1695×1515mmホイールベース 2530mm車両重量 1090kgエンジン 直4DOHC総排気量 1317cc最高出力 72kW(98ps)/6000rpm最大トルク 118Nm(12.0kgm)/5000rpmトランスミッション CVT駆動方式 FF燃料・タンク容量 レギュラー・40LWLTCモード燃費 20.2km/Lタイヤサイズ 185/60R15車両価格 1,718,200円 -- to honda.lrnc.cc

出会いの季節到来! 「OYO PASSPORT」で美容やファッションサービスをお得に試そう! 「Ladies Beauty Week 」スタート! | プレスリリース | コラム

出会いの季節到来! 「OYO PASSPORT」で美容やファッションサービスをお得に試そう! 「Ladies Beauty Week 」スタート! | プレスリリース | コラム

OYO LIFE ~「OYO PASSPORT」だけのお得なクーポンをGetしよう!~ 暮らしのサブスクリプションサービス「OYO LIFE」を運営するOYOTECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN 株式会社(本社:東京都千代田区)は、美容やファッション分野の「OYO PASSPORT」提携パートナーのサービスがお得に利用できる女性向けキャンペーン「Ladies Beauty Week」を開始します。 出会いが増える春に向けて、先着100名限定でプロのスタイリストがコーディネートした洋服が借り放題の月額制ファッションレンタルサービス「airCloset」、スマホでヨガのオンラインレッスンが受けられる「SOELU」、香水のサブスクリプションサービス「SCENTPICK」の特典や割り引きが利用できるお得なキャンペーンです。進学や就職、転職などで何かと出費が重なる新生活を応援するため、「OYO PASSPORT」提携企業と協力し洋服レンタルやフィットネスサービスなど話題のサービスが利用しやすい機会を提供します。 また、キャンペーン期間中は3社中、2社以上のサービスにご登録いただくと、抽選で4名様に1万円分の「PayPay」ギフトカードが当たるキャンペーンも同時開催します。是非この機会に「OYO LIFE PASSPORT」アプリをダウンロードし、気になるサービスをクーポンを活用し利用してください。■「Ladies Beauty Week 」概要「OYO LIFE PASSPORT」アプリをダウンロードし、本キャンペーンに参加している提携パートナーのクーポンコードを取得すると、先着100名限定でお得にサービスが利用できます。サービスを利用する際には、各サービスの公式HPより会員登録が必要となります。「PayPay」キャンペーンの当選者発表は4月初旬予定です。順次メールにてご連絡いたします。「Ladies Beauty Week...

Page 573 of 618 1 572 573 574 618