X Tokyo

X Tokyo

週明けが気持ちよくなる休日の過ごし方、9つのヒント | MYLOHAS

日曜日の夕方から深夜、「明日からまた学校、仕事に行かなくてはならない」と憂うつな気分になることがあります。心理学的には「サザエさん症候群」や「ブルーマンデー症候群」などと呼ばれ、実際に頭痛や腹痛などの体調不良を感じる場合も。どうしてここまで気分が落ち込んでしまうのかと考えていたところ、その原因と憂うつでなくなる方法を「ライフハッカー[日本版]」で見つけたのでご紹介します。憂うつな理由と解消方法憂うつになる理由は、休日の間に「十分にエネルギーを回復、充電してストレスを解消できていないから」だと主張する著者。「ライフハッカー[日本版]」にて効果的なストレス解消方法を9つあげているので、参考にしてまとめました。1. 日頃から自分にとって大切なことを計画的にしっかり追い求める意識をもつようにする。2. あれこれ考えるよりも、いま目の前にあることだけに集中して取り組むようにする。3. できるだけ多くのつながりを断つ期間を設けるようにする。週末の一定時間メールもSNSもすべて断つ「SNS断食」も効果的。4. 質の良い睡眠をとるようにする。夜に十分睡眠がとれなかったら、30分の昼寝でも効果的。5. 体と心に栄養を与える努力をする。良いものを食べて、ハイキングや自然のなかで過ごしたり、美術館を訪れるのも効果的。6. 趣味に没頭する。自分が好きなこと、やる気がわいて幸せに感じられることをやってみましょう。7. 恩返しをする。自分以外の誰かのために何かをしましょう。やってみると週末の満足度が違います。8. 運動をする。ストレスフルな仕事や生活を送っている人にとってフィットネスはきわめて重要。自分へのご褒美を用意することも忘れずに。9. 大切な人のために時間をつくる。ご飯を食べるのでも、ただ一緒に外出するのでも良いので計画をたてます。疲れているからといって何もしないで過ごした休日ほど、まったく疲れが取れない気がすることがあります。それは多分、エネルギーは回復できてもストレスが解消できていなかったからなのかもしれません。「回復、充電、解消」のすべてがバランスよく行われるように、さっそく上記の方法を試してみたいと思いました。[ライフハッカー[日本版]]image via shutterstockあわせて読みたい・ちょっとの工夫で身につくポジティブシンキング・ゆるやかランニングで叶える、心地よい自分再発見(Sponsored)・笑顔をより幸せそうに見せてくれる「つや玉」のちから(Sponsored) -- to www.mylohas.net

誕生35周年を迎える「CLUB C」 アニバーサリー企画が始動 あらゆるファッションにはまるリーボックの“裏定番”シューズ|リーボック アディダスグループのプレスリリース

誕生35周年を迎える「CLUB C」 アニバーサリー企画が始動 あらゆるファッションにはまるリーボックの“裏定番”シューズ|リーボック アディダスグループのプレスリリース

■発売35周年を迎えた「CLUB C」 1970年代後半、世界的にテニスブームが巻き起こり、その人気は1980年代まで続きました。その中で、リーボックのアイコニックなモデルである「CLUB C」は、”Club Champion(クラブチャンピオン)”という名のテニスシューズとして登場し、シンプルでクラシカルなルックスから、テニス界のみならず、ホワイトシューズの定番としてファッションシーンでも世界中で人気を集めました。そして、発売から35年経った現在でも、カジュアルファッションを代表するスニーカーとして、多くのファンに親しまれています。 2020年は、「CLUB C」の誕生35周年を記念して、発売当時のオリジナルカラーである上品なネイビーを差し色に採用した、スタンダードなOGモデルの発売を皮切りに、年間を通じて様々なアニバーサリーコレクションをリリースしていきます。また、35年の時を経ても変わることない、タイムレスでスリークなシルエットを持つリーボックのシグニチャーモデルとして、様々なブランドとのコラボレーションを展開していきます。■「CLUB C」について リーボックは、1985年、耐久性の高いパフォーマンスシューズを求めるテニスプレイヤーのニーズを満たすモデルとして「Club Champion」を発売しました。70年代後半から続くテニスブームの中で、このすっきりしたシルエットとユニークなルックを持つテニスシューズは高い支持を受け、パフォーマンスモデルからライフスタイルの定番シューズへと進化していきました。現在の「CLUB C」の“C”は、その“Champion(チャンピオン)”の頭文字から取られており、「Club Champion」、「Revenge Plus(リベンジプラス)」、「Club Classic(クラブクラシック)」、「Monterey(モントレー)」というリーボックの4つのテニスシューズから進化したテニスシューズとして設計されました。 「CLUB C」は、頑丈な“ガーメントレザー(高級天然皮革)”のトゥキャップ、アイステイ、バックステイを採用することで耐久性を高め、また取り外しができるウレタンのアーチサポートとテリークロスの裏地によって、快適さを実現しました。レザーによる高いフィッティングと、優れたグリップ性能、快適な履き心地から、世界中で発売直後から大ヒットし、テニスシーンだけでなく、ファッションアイテムとしても人気を博しました。ミニマルでシンプルなデザインと、巧みに演出された控えめなスタイルを融合させた「CLUB C」は、世代、性別、文化の枠を超え、時代を感じさせない美しさを備えています。その美しさから、80年代当時ベーシックなホワイトスニーカーのトレンドを創り出し、今もなお、リーボックの“裏定番”シューズとして、隠れた人気の高さを誇っています。■「CLUB C」35 周年発売モデル一覧 【2月発売】 ...

1年集中型コーチング英会話で実務に耐える、「話せる」英語力が身につくトライズ「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を 2018年8月21日(火)に開校 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

1年集中型コーチング英会話で実務に耐える、「話せる」英語力が身につくトライズ「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を 2018年8月21日(火)に開校 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

1年集中型コーチング英会話で実務に耐える、「話せる」英語力が身につくトライズ「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を 2018年8月21日(火)に開校 ~8月1日より「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」を実施~トライオン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:三木雄信)が運営する、1年集中型のコーチング英会話スクール『TORAIZ(トライズ http://toraiz.jp/ 以下トライズ)』は、急増しているお客様のご要望にお応えするため、トライズ学習センターにおいて全国最大規模となる「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を、2018年8月21日(火)に開校いたします。 この開校に伴い、8月1日より「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」を実施いたします。 1年集中型のコーチング英会話スクール「トライズ」では、1年で実務に耐える、「話せる」英語力を身に付けるため、受講生一人ひとりのゴールに最適化させた英語学習サポートプログラムを提供します。担当イングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師とがチームとなって連携し、個別に受講生の学習支援を行なっており、受講生満足度95.7% ※1、学習継続率91.0% ※2という実績を持ちます。 このたび、「丸の内のビジネスパーソン全員が英語を話せると日本は変わる!」をコンセプトとし、日本のビジネスの中心地である東京丸の内エリアにある丸の内北口ビルディング12階、「丸の内オアゾ」の上階にトライズ学習センターの中でも最大規模となる従来センターの約2.5倍のスペースを確保した「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」を新規開校します。 新しい「丸の内オアゾセンター」では、受講生の学習サポートのさらなる充実を目指し、トライズの受講生やイングリッシュ・コンサルタント、ネイティブ講師がより密接に、また活発にコミュニケーションできる“リビング”と呼ばれるフリースペースを設置しています。トライズでは、受講生同士や、イングリッシュ・コンサルタントやネイティブ講師との交流や関わりもトライズでの英語学習の大事な要素だと考えています。センターごとに異なるテーマで家具やレイアウトを誂え、通学すること自体にも価値を見出せる空間を目指しています。 トライズでは、受講生に最適な英語学習環境を提供し、1年後に実務で耐え得る、「話せる」英語力という具体的で確実な結果が出せるよう、あらゆる面からサポートして参ります。※1 当社お客様満足度調査(2018年6月実施)※2 累計受講生(受講開始1ヶ月以内での退会者除く)の内、受講開始から完了までに退会していない受講生の割合(2018年1月当社調べ)■「TORAIZ東京丸の内オアゾセンター」概要開校日: 2018年8月21日(火)住所: 東京都千代田区丸の内一丁目6番5号丸の内北口ビルディング 12階お電話でのお問い合わせはお客様センターにて受付お客様センター電話番号:0120-971-568(月~土:10時~18時、日祝休み)■「丸の内オアゾセンターOPEN記念キャンペーン」(※)概要期間:2018年8月1日(水)~ 8月31日(金)特典:月額受講料総額から150,000円OFF対象:無料カウンセリング当日に12ヶ月一括にてお申込み頂いた方(※)本キャンペーンは全センターにて実施■TORAIZ(トライズ)サービス概要トライズは、当社代表三木雄信の近著『海外経験ゼロでも仕事が忙しくても英語は1年でマスターできる』(PHP研究所)で公開されている「最短最速の英語勉強法」を効率的に実践する1年集中型コーチング英会話スクールです。週3回のレッスンを含め、1日3時間、1年間で1000時間の英語学習を行い、1年で不自由なく英語で会話ができるレベルを目指します。さらに受講生一人ひとりに、日本人のイングリッシュ・コンサルタントとネイティブ講師が専属で付きます。通常の英会話スクールで見られるように、ネイティブ講師のレッスンだけではなく、日々の学習サポートを提供し、1年後に必ず結果が出るよう日本人のイングリッシュ・コンサルタントがあらゆる面から受講生をサポートします。■VERSANT(R)(ヴァーサント)http://www.versant.jp/VERSANT(R)は、仕事で使える実践的な英語力を測るテストであり、従来の英語テストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。つまり、リスニングテストとスピーキングテストが分かれているテストでは測れない、「英語を聞いてから英語で話す」という実際のシーンに沿った英語コミュニケーション能力を測ることができるテストです。英ピアソン社で開発された高度な自動言語認識システムを利用し、スマホアプリやパソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国国防総省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。■トライオン株式会社 (http://www.tryon.co.jp/)2006年12月設立。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信講座「脳内カレッジ」を運営。 2015年6月より1年集中型のコーチング英会話スクール「TORAIZ(トライズ)」を開始。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ ※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。 -- to www.nikkan.co.jp

リーボックとAwake NYが初のコラボ!『INSTAPUMP FURY』と『WORKOUT PLUS』がニューヨークテイスト溢れるデザインで登場 | Qetic

リーボックとAwake NYが初のコラボ!『INSTAPUMP FURY』と『WORKOUT PLUS』がニューヨークテイスト溢れるデザインで登場 | Qetic

フィットネスブランドのリーボックから、ニューヨークを拠点とするアパレルブランド・Awake NYとの初めてのコラボとなるカプセルコレクション「Reebok × Awake NY」が、3月20日(金)に発売されることに。 リーボックとAwake NYのコラボコレクションが初登場 今回のコラボレーションでは、リーボックを代表するモデル『INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)』と、ニューヨーカーの定番シューズ『WORKOUT PLUS(ワークアウトプラス)』が、「Awake NY」らしいニューヨークテイスト溢れるデザインにアップデートして登場。同時に、リーボックのヘリテージにインスパイアされたトラックスーツも発売される。 このカプセルコレクションのテーマは、人々がスポーツウェアをファッションとして取り入れ始め、新たなストリートトレンドが台頭してきた80年代後半から90年代のニューヨーク。各アイテムにアクセントとして、Awake NYのブランドカラーともいえるブルーを差し色として使用しているのがポイントとなっている。 唯一無二の存在感を見せる本コレクション「Reebok × Awake NY」は、リーボックのオンラインショップやZOZOTOWNなどで3月20日(金)に発売される。ぜひチェックしていただきたい。 PRODUCT INFORMATION INSTAPUMP...

「共生社会」へ、日本は変われるか :東京パラリンピック | nippon.com

「共生社会」へ、日本は変われるか :東京パラリンピック | nippon.com

リオパラリンピックで金メダルがゼロに終わった日本。選手のハイパフォーマンス化が進むパラリンピックでメダルを取るには、「共生社会」を実現し、足元を固める必要があると筆者は主張する。東京2020を契機に日本は変わることができるか。 肢体不自由選手から来た1通のメール 2018年の9月のことだ、1通のメールが筆者に届いた。「日本マスターズ」という毎年開催される大会で起こった悲しい出来事を伝える内容だった。日本スポーツ協会が主催するこの大会は、「生涯現役アスリートが集う全国大会」として開催され、政府の第2期スポーツ基本計画と連動する。ミッションに「公正と福祉」「環境と共生」「平和と友好」を掲げており、障がい者も出場できる。 事件は、この総合大会の水泳競技で起こった。(肘から先がない)片上肢欠損のこの選手に、突然告げられたのは「平泳ぎでは、両手でプールの壁をタッチしないと失格」というものだった。手が欠損しているこの選手とその所属団体は大会を運営している日本水泳連盟の担当者に抗議したが、判断が覆ることはなかった。その理由は、健常者の国際水泳連盟(FINA)の規則にのっとった日本水泳連盟規則が適用されるからだという。 こういったケースはこれまでも起こっていたが、現場で訴えても変わることがなかった。事件後、国際大会に出場した経験もあるこの選手が各所に訴えた結果、2019年度の大会からは、両手タッチの例外を認めることになった。ただし、一定の改善はみられたとはいえ、依然として個別の特別許可という取り扱いのままである。 共生を声高に叫ばなければいけない訳 組織委員会の森喜朗会長は2018年12月6日東京五輪・パラリンピック開催を契機とした「共生社会実現」を宣言した。 東京五輪・パラリンピックの大会のビジョンには「多様性と調和」が掲げられ、「人種、肌の色、性別、性的指向、言語、宗教、政治、障がいの有無など、あらゆる面での違いを肯定し、自然に受け入れ、互いに認め合うことで社会は進歩」「東京2020大会を、世界中の人々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会をはぐくむ契機となるような大会とする」とうたわれている。 大会基本計画には、レガシーとして「パラリンピックを契機とする人々の意識改革、共生社会の実現」が盛り込まれ、組織運営においてもパラリンピックを重視するとしている。 しかし、パラリンピックを重視するとしながらも、五輪・パラリンピックの準備を進めていく作業過程において、ハード面(例えばバリアフリー)、ソフト面(例えば人々の意識)に共生社会実現と反する部分が垣間見られたのではないだろうか。このため、森会長は改めて共生社会実現への決意を表明したのだと思う。 障がい者を排除してきた日本の過去・現在 なぜ、これほどまでに東京五輪・パラリンピックの開催に際して「共生社会」という言葉が使われるのだろうか。共生社会とは何なのか。 日本の過去を振り返ると、それが見えてくる。文部科学省中央教育審議会の2010年資料には、「(1947年の学校教育法制定で)従来は教育の対象とされていなかった障害児に対し、特殊教育という分離別学の形で教育の機会が与えられるようになった」「1970年代においても、世界的なインクルーシブ教育とは異なる原則分離の教育形態が障害児教育の基盤となっていた」との記述がある。さらに、日本が2014年1月に障害者権利条約を批准した後も、分離別学教育は改善されていないという指摘もみられる。 福祉の分野においても、施設入所中心主義から、地域に溶け込んだ生活へと関連の法律が改正されたのは、1981年国際障害者年を契機としてからのことであった。日本が障害者権利条約を批准したのは5年前、まさに2013年9月東京五輪・パラリンピックが決まったわずか4カ月後のことなのである。「共生社会」の具体的なイメージは、人々の間に定着をしていないと思える。 イメージしにくい「共生社会」という言葉 共生社会とは文字を見れば分かるように、共に生きていく社会である。しかし、そのイメージが伝わりにくいのは、行動を想起させないからであろう。 共生は英語ではインクルーシブという言葉で表す。インクルーシブを「包摂」と和訳することもある。インクルーシブの反対語はエクスクルーシブ、「排除」である。共生社会や包摂社会と言わずに、「排除しない社会」とする方が、理解しやすいのではないか。 先日、ある大学でスポーツと共生社会という講義をした際に、「排除」しているかいないか、「排除」していることに合理的な理由があるかどうか、という視点で考えてみようと学生とディスカッションしたところ、非常に分かりやすいとの反応だった。 障がい者に用意されていないパラアスリートへの道筋 日本の教育においては、インクルーシブ教育が行われてこなかったため、スポーツも大きな影響を受けている。...

2026年アジア太平洋地域のセラミックインク顔料市場の成長、規模、需要、動向、洞察および予測に新しい予測レポート – InvestAsian

2026年アジア太平洋地域のセラミックインク顔料市場の成長、規模、需要、動向、洞察および予測に新しい予測レポート – InvestAsian

アジア太平洋セラミックインク顔料 Market」というタイトルのレポートは最近、Market Research Incによって発行され、読者に知覚的で説得力のあるビジネスの見通しを提供しています。 データはまた、トレンド、ポリシー、広範な産業地域で事業を展開している顧客など、いくつかの業界属性に対する浸透的な洞察も示しています。 アナリストは定性的および定量的分析手法を使用して、グローバルなビジネスオーナーと業界動向の正確な概要を提供しています。 アナリストは、詳細な市場調査のために、アジア太平洋セラミックインク顔料市場を北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋、アフリカ、インドなどのいくつかの地域に配布しています。 価格、利益率、売上高などのいくつかの属性を参照して、ビジネスの財務面も綿密に研究されています。   トップキープレーヤー: * DyStar* Huntsman* Archroma* KIRI* Lonsen* Runtu   この調査では、アジア太平洋セラミックインク顔料 マーケットセクターのグローバルな機会について明確なアイデアを得るために、将来の機会の拡大についても詳しく説明しています。...

Page 574 of 598 1 573 574 575 598