X Tokyo

X Tokyo

Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる |

Provataが瞑想アプリをローンチ、VR空間でマインドルフネスを実践できる |

VRの利点は一体何か?VRはまだ誕生したばかりであり、この命題の答えは今のところ異世界での体験で人生を良くするといった曖昧なものだ。「格別な没入感」を約束するこのテクノロジーが一般に受け入れられ、メインストリームのものになるかはまだ分からない。 現段階でVRを使ったコンテンツにはいくつかのゲームがあるが、ニッチな層にしか訴求できていない(VRを動かすのにプロ仕様の機材が必要だからだ)。他には、実験的なものや教育コンテンツに近いものもある。 バーチャルツアーや医療セラピー、あるいは他者の目線で物事を体験することにより共感を呼び起こすコンテンツなどだ。この分野には、もう一つ別の用途がありそうだ。VRで落ち着いた場所を訪れ、毎日のマインドフルネスを実践するというものだ。 アメリカのデジタルヘルス企業Provata Healthは現実から離れる媒体とするテクノロジーを活用し、瞑想指導を試みている1社だ。Provata Healthは今回、VR用のiOSアプリをローンチした。 モバイルVRヘッドセットを着用してアプリを起動すると、ビーチや滝の近くに座っているかのような360度の落ち着いた環境が現れる。そこで瞑想の指導を受けることができる(iPhone用のVRヘッドセットを持っていなくても、Provataのアプリ単体で瞑想指導を受けることも可能だ。画面に同じ風景が表示され、スワイプして周りを見ることができる)。 また、このアプリはApple Watchといったヘルス情報をトラックするウェアラブルと連携可能で、例えば心拍数の変化などから瞑想セッションの効果を確認することができる。あるいは瞑想に時間を使うことで睡眠にどのような影響があるかを知ることが可能だ。フィットネス用のウェアラブルを持っていない場合は、瞑想の前後にスマホのカメラで心拍数を測ることができると同社は言う。 マインドフルネス分野のアプリやデジタルサービスは増えている。例えば、Headspace、Calm、Simple Habitなどだ。AppleもWatchウェアラブルにBreatheというリラクゼーションアプリを搭載している。 Provataはこれ以外にもデジタルヘルスサービスを展開している。従業員に健康的な活動を勧めたい雇用主を経由して従業員向けの健康指導プログラムを販売している。Provataにとって今回のVRアプリは、初のコンシューマー向けのマインドフルネスを促進するサービスだ。CEOのAlex Goldbergは、「デジタルヘルスで新たなカテゴリーを切り開きたいと考えています。仮想空間での予防ケアという分野です」と話す。 TechCrunchに「瞑想の指導セッションは自社で制作しています」とGoldbergは話す。「瞑想を始める時、瞑想をするのに最適な状態にするため、ユーザー自身が周囲を見渡してリラックスし、心を落ち着けられる場所を選びます。私たちはユーザーが没入的な環境に訪れるたびに異なる位置を試してほしいと考えています。瞑想セッションによっては、周囲の環境も関係してくるからです」。 GoldbergはProvataがすでに提供するウェルネスプログラムには運動を促進したり、食事の栄養バランスを向上させるコンテンツがあり、それらはNIHやCDCが出資する臨床試験を通過しているという。ただ、現時点でこの新しいVR瞑想アプリは、他の多くのVRカテゴリーのサービス同様、効果は検証されていない。 「ピアレビュー研究を行う予定です。アプリで瞑想の前後の心拍数をトラックするといった瞑想のバイオフィードバックを得られる機能の実装ができ、準備ができました」とGoldbergは言う。「心拍数の推移の比較やユーザーのストレスや抑うつスコアなどを調査します」。 「私たちのデジタルヘルスプログラムのピアレビュー研究(Healthy Team Healthy U)は、参加者のメンタルヘルスと身体の健康の両方に良い影響があることが証明された最初のデジタルヘルスプログラムです。このプログラムで抑うつとストレスを減らすことができる理由の1つは、プログラムにメンタルヘルス向上の一環として瞑想を取り入れ、参加者に提供したためです。プログラムを受ける前、特に仕事のストレスが高く検出された参加者のストレスと抑うつスコア(7段階のリッカート尺度を使用)が低減していることが研究結果から分かりました。...

スマホ、LIVE、VR で学ぶ”オンラインスポーツ教室”アプリ「Sporta」が正式リリース |

スマホ、LIVE、VR で学ぶ”オンラインスポーツ教室”アプリ「Sporta」が正式リリース |

「本や雑誌、DVDなどでプロ選手のフォームやレクチャーを見て、真似をする」 幼少期や学生時代、スポーツに打ち込んでいた人ならばそのような経験があるのではないだろうか? “オンラインスポーツ教室サービス” を掲げる 「Sporta(スポルタ)」は、そのような体験をスマホや動画メディアが最盛期の現代に合わせて、より手軽にしてくれるサービスだ。 サッカー特化の動画メディア「サカチャン」などSportTech関連の事業を手がけるSkyBallは、7月1日にオンラインスポーツ教室サービス「Sporta(スポルタ)」を正式リリースすることを明らかにした。(アプリ自体はベータ版として5月より公開しており、すでにダウンロードできる) 同サービスは子どもたちの「スポーツをもっとうまくなりたい!もっと楽しみたい!」という要望に応えるべく、「オンデマンド動画」「LIVE動画」「イベント」の3つの機能を提供する。 オンデマンド動画は、サッカーや野球を始めとする様々なスポーツ分野で活躍するアスリートやコーチのレッスンやインタビュー動画を視聴できるもの。鹿島アントラーズやFC東京の現役サッカー選手のインタビュー動画、元プロ野球選手のレッスン動画がすでに配信されている。 LIVE動画はQ&Aをはじめ、アスリートとリアルタイムにコミュニケーションがとれる機能で、イベントはリアルなスポーツ教室だ。動画コンテンツを通じて磨いてきたスキルを、実際にアスリートやコーチに見てもらい指導を受ける機会や、オンライン上で質問できる機会を提供する。 7月1日にはアプリのリリースを記念して、サッカー日本代表の吉田麻也選手を招いたスポーツ教室を実施予定。Q&Aの様子をLIVE配信するほか、レッスンや解説も後日動画やVRコンテンツとして公開する。今後もプロスポーツ選手やアスリートの協力を受け、このような事例を増やしていくという。 今の若い世代に合った、新しいスポーツ教室の実現へ SkyBallは2015年11月の設立。過去にiemoで共同代表取締役COOを務めた経験のある熊谷祐二氏が立ち上げたスタートアップで、2016年5月の「サカチャン」リリース時にTechCrunchでも紹介している。 その際に熊谷氏は「現代のサッカー少年は親や自身のスマホを用いて、YouTubeでサッカー動画(好きな選手のハイライトやテクニック集)を観ている」ことを受け、SportTechの中でもスマホに最適化した動画メディアで事業を始めたと明かしていた。今回リリースするSportaは、そのエピソードにより近づいたサービスと言える。 「スポーツ市場は政府が日本再興戦略にて規模の拡大を目標としており、東京五輪が近いこともあって盛り上がってきている市場。その中でスポーツ教室を含む子ども向けの領域は規模が大きいだけでなく、教育的な観点からも社会的な意義が大きい。1年間スポーツ業界でサービスを手がけ知見も貯まってきた中で、スマホや動画のノウハウも活用して自分たちだからこそできるサービスにチャレンジしたいと思った」(熊谷氏) スポーツ動画なんてYouTubeで十分では? と思う人もいるかもしれないが、YouTubeにあるのはプレイ動画や試合動画が多く、練習風景やレッスンに関するものでクオリティが高いものとなるとほとんどないのが現状だという。熊谷氏自身が子どもの頃から野球をやっていたそうだが、当時YouTubeはなくそれに近かったのがレッスンを収録したDVD。現在でもその状況は大きく変わっていないそうで、デジタル化していく余地が十分にある。 熊谷氏によると「実はスポーツクラブ側としても自分たちのメソッドを発信したいというニーズはある」そうだが、ノウハウやリソースがなく自分たちだけではなかなか実現してこなかった。そのようなクラブとの繋がりも活かしながら、スマホに最適化した形で動画コンテンツとして発信していく。 マネタイズ方法について考えているのは、ユーザー課金とタイアップ広告の大きく2つ。1つは熊谷氏いわく「スポーツにおけるファンビジネス」の側面があり、限定イベントや特別な動画に対してユーザーが課金をするというもの。そしてもう1つが企業からの広告収入だ。 すでに実施しているものでは、アスリートの栄養補給に関する動画を飲食品メーカーとタイアップして作成しているものがある。選手と企業がより密接に関わった動画広告やスポンサードの形に関心を持つ企業も少なくないそうで、今後の注力ポイントの1つだと話してくれた。ちなみにSportaの事例ではないが、先日話題になったメルカリが鹿島アントラーズのスポンサーになった件についても、SkyBallが裏側(代理店業務)を担っていたそうだ。 「Sportaは自分自身が子どもの頃に戻るなら、絶対に使いたいサービス」だと話す熊谷氏。スマホ時代に最適化した切り口で、新たなスポーツ教室の形を目指していく。...

合成歯科骨移植片代替市場の今後の成長、需要、トレンド、サイズ、シェア、収益の価値予測2020-2027ティル – InvestAsian

合成歯科骨移植片代替市場の今後の成長、需要、トレンド、サイズ、シェア、収益の価値予測2020-2027ティル – InvestAsian

合成歯科骨移植片代替市場調査レポートは研究されており、それに取り組んでいる主要な貢献者に実用的なアイデアを提示しています。また、注目すべきトレンド、CAGRの新たな価値、現在および将来の開発についても分析しています。このレポートは、一般的な市場のすべての主要な機能をカバーする正確なデータで市場の幅広い理解を提供し、主要企業の一般的なデータを提供します。 合成歯科骨移植片代替市場の競合状況の詳細な調査が行われ、企業プロファイル、財務状況、最近の動向、合併と買収、SWOT分析に関する洞察が示されています。この調査では、2020年から2027年までの予測の現在の傾向と投資の傾向を特定するために、市場の詳細な分析と将来の予測も提供しています。 主要戦略プレーヤー: GeistlichZimmerデピューSynthesBiometStraumannMedtronicDENTSPLYBotissAAP Implantate レポートの研究目的: ・価値の観点から、Brain Fitnessアプリ市場の市場規模を調査および推定する。 ・市場の成長と課題を見つける。 ・拡張などの価値のある拡張を研究するために、Brain Fitnessアプリ市場で新しいサービスが開始されました。 ・市場の価格分析を実施する。 ・脳のフィットネスアプリ市場の重要な企業の側面図を分類および評価する。  地域に関しては、合成歯科骨移植片代替市場を北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、および中東とアフリカにセグメント化できます。この市場は価値(百万米ドル)にもとづいて評価されています。 最後に、合成歯科骨移植片代替市場のすべての側面が、地域市場と地域市場を比較して研究するために、定量的かつ定性的に評価されます。この市場調査は、市場ドライバー、制限、およびその将来の見通しに基づいて、この市場の全体的な統計的調査を提供する市場に関する重要な情報と事実データを提示します。 目次: ・合成歯科骨移植片代替市場の概要 ・産業への経済的影響 ・メーカー別の市場競争 ・地域別の生産、収益(価値)...

ダンボールがカメラに?!「kazokutte(カゾクッテ)」第二弾「かぞくで作るダンボール工作キット」発売 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

ダンボールがカメラに?!「kazokutte(カゾクッテ)」第二弾「かぞくで作るダンボール工作キット」発売 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

ダンボールがカメラに?!「kazokutte(カゾクッテ)」第二弾「かぞくで作るダンボール工作キット」発売 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ステイフル(東京・品川 代表取締役社長:脇田誠)は、2018年7月12日に「kazokutte(カゾクッテ)」第二弾、家族で作るダンボール工作キットを発売しました。「kazokutte」は“家族みんながハッピーになれる商品を!”という思いから2018年5月に誕生しました。「kazokutte」のアイテムを使うことで、“まなび”に触れながら家族がともに育ち、つながりを深め、笑顔になることができる・・・そんな、家族のきずなを深めるブランドとして様々なアイテムをご提案します。★第二弾のコンセプトは「家族でいっしょにあそぼう」第一弾同様、“家族のコミュニケーションを深めるアイテム提案“という視点で企画検討してまいりました。家族で過ごす時間の中で、“まなび”があり、ともに成長できるコミュニケーションの方法として、第二弾は「家族でいっしょにあそぼう」というテーマに辿り着きました。家族で一緒に考え、一緒に作り、一緒に遊ぶことで、一層きずなを深めます。★ダンボール工作キットの“コミュニケーションを深める”工夫とは…工作というと、作品を作っておしまい!というイメージがあるかもしれません。「kazokutte」のダンボール工作キットは作る過程にも、そして完成した後にも“家族のコミュニケーションを深める”工夫があります。工夫その1:お子様が一人で取り組むには少し難しいと感じるかもしれません。実はそれがポイント!家族で一緒に考えながら作ってほしい、という思いを込めた結果が「少し難しい」という形になりました。「ここを折って、ここを貼って、これとこれを組み合わせて」と会話を楽みながら取り組め、お子様のチャレンジする気持ちや手先の器用さを育む事ができます。組み立て方はわかりやすく解説してあるので、工作が苦手な方でも楽しく取り組んでいただけます。工夫その2:ダンボールという身近な素材を使用することで、創造力を伸ばす遊び方ができます。もちろん素材をそのまま活かしてもいいのですが、家族で一緒に色を塗ったりシールを貼ってデコレーションしたり…ほんの少し手間をかけるだけで、既製品にはない「ハンドメイドのあたたかみ」がうまれ、家族オリジナルの玩具になります。工夫その3:作ったもので遊べるように、アイテムにあわせてお絵描きシートや子ども心をくすぐる鍵が付いています。例えば、カメラでママの顔をパシャリ!撮れたママの顔を裏面にお絵描きすれば、素敵な写真の出来あがり!鍵のついた宝箱には何を入れよう?宝箱をどこかに隠して宝の地図を描けば、宝探しの始まり!ストーリーが無限に広がります!!!★今後の「kazokutte」今後も続々と新たな視点のラインナップを予定しています。ブランドコンセプトに沿ったテーマを大切にしながら、家族みんなのあたたかな毎日に寄り添うアイテムを提案し続け、子どもの将来役に立つ力を伸ばすお手伝いをいたします!!!■公式HP https://www.gakkensf.co.jp/kazokutte/■発売時期 2018年7月12日■商品内容 ダンボール工作キット(4柄・税抜1500円、組立説明書付)・カメラ:完成サイズ136×165×130mm/お絵描き用紙10枚・ハンドル:完成サイズ210×210×75mm/ 鍵付き・フライパン:完成サイズ175×275×38mm/お皿・フライ返し・スプーン・フォーク/お絵描き用紙10枚・宝箱:完成サイズ115×150×100mm/鍵付き/宝探し地図用紙5枚■販売 全国の文具・雑貨店・玩具店など学研ステイフルECサイト https://www.rakuten.co.jp/gakkensf/企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ ※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。 -- to www.nikkan.co.jp

手術用顕微鏡の販売市場の今後の成長、需要、トレンド、サイズ、シェア、収益の価値予測2020-2024ティル – InvestAsian

手術用顕微鏡の販売市場の今後の成長、需要、トレンド、サイズ、シェア、収益の価値予測2020-2024ティル – InvestAsian

手術用顕微鏡販売市場調査レポートは研究されており、それに取り組んでいる主要な貢献者に実用的なアイデアを提示しています。また、注目すべきトレンド、CAGRの新たな価値、現在および将来の開発についても分析しています。このレポートは、一般的な市場のすべての主要な機能をカバーする正確なデータで市場の幅広い理解を提供し、主要企業の一般的なデータを提供します。   手術用顕微鏡販売市場の競合状況の詳細な調査が行われ、企業プロファイル、財務状況、最近の動向、合併と買収、SWOT分析に関する洞察が示されています。この調査では、2020年から2027年までの予測の現在の傾向と投資の傾向を特定するために、市場の詳細な分析と将来の予測も提供しています。     主要戦略プレーヤー: ツァイスライカマイクロシステムズ高木セイコーオリンパスBestScope Bulbtronics HAAG-STREIT GROUP Huvitz MOTIC   レポートの研究目的:   ・価値の観点から、Brain Fitnessアプリ市場の市場規模を調査および推定する。   ・市場の成長と課題を見つける。  ...

セレクトショップ「ラブレス」のニューストア「ラブレス サニーサイドフロア」、「グランフロント大阪」と「新宿フラッグス」にオープン 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

セレクトショップ「ラブレス」のニューストア「ラブレス サニーサイドフロア」、「グランフロント大阪」と「新宿フラッグス」にオープン 企業リリース | 日刊工業新聞 電子版

セレクトショップ「ラブレス」のニューストア「ラブレス サニーサイドフロア」、「グランフロント大阪」と「新宿フラッグス」にオープン 三陽商会が展開するセレクトショップ「ラブレス」は、明るく洗練された空間が特徴のニューストア「ラブレス サニーサイドフロア」を、東西のターミナル駅に隣接する複合商業施設「グランフロント大阪」と「新宿フラッグス」に10月5日(金)にオープンいたしました。■出店の背景「ラブレス」は、国内外の高感度なハイブランドとクリエイティブブランドを提案するセレクトショップであり、主要都市(青山、代官山、名古屋、心斎橋、京都、天神)に路面店形態にて展開しています。このたび、今後の事業拡大に向けて複合型商業施設への出店を進めていくにあたり、より多くのお客さまに「ラブレス」を知ってもらうために、トラフィックの多い大都市のターミナル駅に隣接し、「ラブレス」のファンになっていただけるようなファッション感度の高い男性と女性が訪れる施設である「グランフロント大阪」と「新宿フラッグス」に出店することとしました。■「ラブレス サニーサイドフロア」の特徴店装 店装は、1号店である青山店に代表される重厚な世界観をベースとした路面店形態の「ラブレス」に対して、「ラブレス サニーサイドフロア」は、エイジング加工を施したレンガ風の壁面やフローリングなどの格式は継承しながらも、内装や什器に大理石とゴールドをあしらい、よりモダンで明るい空間であることが特徴です。この新しい店装は、「ラブレス」を象徴する青山店の2階に“サニーサイド”という呼称で2004年のオープン当初に存在していた“白”を基調とした空間を発祥としたもので、大都市の複合型商業施設を利用するファッション感度の高い大人のお客さまとコミュニケーションの機会をもち、より多くの方に「ラブレス」のファンになっていただくことを目的に考案したものです。また、路面店よりもコンパクトな店舗でありながら、「ラブレス」が注目する商品やブランドを常に発信する提案スペースを設置しています。商品内容商品は、ウエア、アクセサリー、服飾雑貨を取り揃え、ショップオリジナル企画ブランド、国内外の買付けブランドをメンズ・レディスの複合で展開。ドレッシーなものからカジュアルなものまでファッション性に富んだ商品を幅広く展開いたします。また、ストア限定商品も販売いたします。2018年秋冬 LOVELESS メインビジュアル【レディス】(すべてLOVELESS)スウェードジャケット¥74,000+税ニット¥14,000+税スカート¥16,000+税キーカラーはバーガンディ。別注で染め上げたしなやかなスウェードにレジメンタルストライプを合わせた、クラシカルでモードなLOVELESSのスタイリング。【メンズ】(すべてLOVELESS)ジャケット¥46,000+税ニット¥16,000+税パンツ¥18,000+税LOVELESSらしい迷彩柄での遊び。ドレッシーなベルベットを迷彩柄でくずし、インナーも迷彩柄で合わせるパターンオンパターンのスタイリング。Special Product【レディス】(LOVELESS × MOTTY )今注目されている日本人アートディレクターの「MOTTY(モッティ)」と今秋冬コラボレーション。中でも、Gジャンとデニムパンツは、MOTTYのディレクションによって生まれたSpecial Productです。デザインとして袖や裾にレースアップや切りっぱなしの加工を取り入れ、今回のアートの象徴であるsnakeアートをバックにプリント。LOVELESSの定番デザインのデニムアイテムが、MOTTYによってアップデートされ、新たに生まれ変わりました。Snake Repair デニムジャケット ¥39,000+税Snake Repair デニムパンツ ¥18,000+税Special...

Page 576 of 618 1 575 576 577 618