ロックダウン時代の「冒険者たち」 | 視点 | Campaign Japan 日本

新型コロナウイルスのパンデミックでエクスペリエンス・エコノミー(経験経済)が機能停止に陥り、ミレニアル世代(ミレニアルズ)の文化が変わろうとしている。 我々ミレニアルズが皆、エクスペリエンスに夢中なことはどのマーケターも心得ている。ミレニアル文化は旅と発見に価値を見出してきた。そのためにどうお金を使い、どんなストーリーをソーシャルメディアに投稿するかが、つい最近まで我々の興味の中心だった。 そして、パンデミックがその活動を突然断ち切った。レストランや劇場は静寂に包まれ、飛行機は空港に待機となり、多くの人々は自宅の庭に出るのが精一杯という状況になった。元の生活に戻れるのは、まだまだ先の話だ。 日常生活が崩壊し、ミレニアルズはビジネスだけでなく、自分たちの文化の見直しも迫られている。究極的には我々の価値観やアイデンティティへの概念、ライフスタイル、そして購買行動も大きな影響を受けるだろう。 では、ミレニアルズのパーソナリティや文化的視点はどのように変わるのだろうか。 アイデンティティは「冒険心」 何人かの読者の方々は、心理学者のカール・ユングが人格を理解するために提唱した「12の元型」をご存知だろう。ユングによれば、それぞれの元型は人間社会における象徴的な感情やイメージ、つながりから形成され、異なる人格を生んでいる。12の元型にはそれぞれの特徴や価値観、信念があり、それらはしばしばストーリーテリングに反映される。例えば「賢人」型は知識を追求し(具体的に言えば映画『スター・ウォーズ』のヨーダ)、「恋する者」は深い関係性を求める(同じく、ロミオとジュリエット)。 もちろん、現実には一つの元型を忠実に再現している人間はいない。個々の人間はもっとずっと複雑なものだ。だが元型は、一つの集団や世代の価値観と特徴を表すのに有用なツールとなる。 洋の東西を問わず、ミレニアルズには共通点があり、夢を求める「冒険家」型が当てはまる。自由を求め、冒険や発見を通じて世界に自分の足跡を残したいと望むタイプだ。 現代のアクセスの向上は、エクスペリエンスの進歩に大きな役割を果たした。新たな旅や人との出会いの可能性が増え、エクスペリエンスの幅が広がることで冒険家を演じやすくなったのだ。 こうした魅力的なキャラクターの増加は、当然ながらソーシャルメディアのストーリーに反映される。バリでのハイキングやウィーンのお菓子のスナップ写真は、投稿者の冒険家的精神(と経済的幸福度)を手っ取り早く表現するものだ。我々はモノの所有よりも、行動によって生活の質を評価する。家の購入など長期的投資が困難になった今、冒険家の行動はますます積極的になった。 だが、冒険家を演じるためのエクスペリエンスが使えなくなってしまったのだ。では、ミレニアルズは何をするのだろうか。そもそも、今後もこの魅力的なキャラクターに固執するのだろうか。それとも、ほかの元型にシフトするのか。だとしたら、この状況の変化は我々のライフスタイルをどう変えるのだろう。 ミレニアルズが歩む道 エクスペリエンス・エコノミーの機能停止がまだしばらく続くのであれば、ミレニアルズが歩む道はふた通り考えられる。 1.     「冒険家」へのさらなる憧れ 今のようにアクセスが遮断された状態が続くと、過去のエクスペリエンスへの郷愁が付加価値を生むことになるだろう。 すでにソーシャルメディアでは、過去のバカンスや旅に関する投稿が増えつつある。これには郷愁と、いつか世界が元通りになってほしいという希望が入り混じっているが、ミレニアルズにとっては新たな社会的価値を引き出すチャンスでもある。 例えば、東南アジアのインフルエンサーたちは過去の旅のコンテンツから対照的な二つのイメージを投稿する。一つは、思索に耽るような己れの静かなイメージ。もう一つは、ドラマチックな自然や水平線をフィーチュアした雄大な風景写真だ。前者は事態の終息を心待ちにする彼らの気持ちを映し、後者は未知の世界の雄大さと美、つまりいまだ満たされない旅への渇望を表す。 過去の旅にまつわるインフルエンサーたちの投稿 ...

Read more

最も人気

ロックダウン時代の「冒険者たち」 | 視点 | Campaign Japan 日本

新型コロナウイルスのパンデミックでエクスペリエンス・エコノミー(経験経済)が機能停止に陥り、ミレニアル世代(ミレニアルズ)の文化が変わろうとしている。 我々ミレニアルズが皆、エクスペリエンスに夢中なことはどのマーケターも心得ている。ミレニアル文化は旅と発見に価値を見出してきた。そのためにどうお金を使い、どんなストーリーをソーシャルメディアに投稿するかが、つい最近まで我々の興味の中心だった。...

LA発のバーエクササイズ、CARDIO BARRE が混雑を避けたい方、お仕事前や忙しい方のために、早朝レッスンを7月13日(月)よりスタート!|株式会社ベイクルーズのプレスリリース

株式会社ベイクルーズ(東京都渋谷区、代表取締役:杉村茂)が運営する、L.A.を中心にハリウッドセレブに人気を誇るバーエクササイズ「CARDIO BARRE(カーディオ・バー)」は7月13日(月))より「早朝レッスン」をスタートします。今回の早朝レッスンは、45分という通常レッスンよりもコンパクトにまとまっていながらも、約480kcalを消費するというレッスンです。お客様から「朝の出勤前に参加できるクラスが欲しい」「混雑にならない時間帯でレッスンを受けたい」という要望を解決するレッスンです。【コロナウイルスによるニューノーマル時代、CARDIO...

フェルナンド・アロンソ 「F1で重要なのは年齢ではなくスピード」 【 F1-Gate.com 】

ルノーF1で2021年にF1復帰することが決定したフェルナンド・アロンソは、シーズン中に40歳を迎えることになるが、重要なのはスピードであり、年齢ではないと自信をみせる。今月で39歳の誕生日を迎えるフェルナンド・アロンソは、F1から2年間離れていた後、2005年と2006年に2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーF1で2021年にF1復帰することが決定した。 「僕は何年にもわたってF1を見てきた。重要なのはストップウォッチだけであり、年齢ではない」とフェルナンド・アロンソは7月7日(水)に行われたビデオ記者会見で述べた。「僕はパスポートや生年月日に基づいてレースを分類したことは一度もない。常にストップウィッチだった。僕たちはまだ速いことを願っている」アルファロメオF1のキミ・ライコネン(40歳)が今シーズン限りでF1から引退することになった場合、フェルナンド・アロンソは2021年のF1グリッドで最年長ドライバーとなる。40歳のFドライバーは昔のF1では比較的一般的だったが、若者を重要視する現代のF1では珍しいことだと言える。先週末のF1オーストリアGPで3位表彰台を獲得したランド・ノリスは19歳。フェルナンド・アロンソが2001年にミナルディでF1レビューを果たしたときは18歳だった。2021年にルノーF1でチームメイトとなるエステバン・オコンは23歳で、先週、アロンソの成功を見て「F1を好きになった」と語っている。ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ルノーF1が新進の若い才能よりもベテランを選んだことに疑問を呈する人もいることを認める。「我々の決定がそう思われることはすでに期待できる。ルノー・スポール・アカデミーのプロジェクトに対する関心や忠誠心の欠如と見なされる可能性がある。だが、そうではない」とシリル・アビテブールは語った。シリル・アビテブールは、新型コロナウイルスの影響でシーズンが遅れたことで、アカデミーのメンバーである中国人ドライバーの周冠宇や、デンマーク人ドライバーのクリスチャン・ルンガーを評価することが困難になったと説明した。「我々はアカデミーについて非常に真剣であり、特にこの2人については非常に真剣だ」とシリル・アビテブールは付け加えた。「エステバンのように、フェルナンドは彼らの発展に多くをもたらしてくれると確信している」フェルナンド・アロンソも、自分のミッションは成功をエンストンに戻すことではあるが、自分がそれを成し遂げられないとしても、若い世代がルノーF1で成功を味わうことを助ける仕事をすることを誇りに思うと語った。「自分の経験を生かしてできる限りアカデミーを助けようと思っている」とフェルナンド・アロンソは語った。「2022年のレギュレーションがどのようなものをもたらすとしても、僕は彼らを助けることができる。僕のミッションは、マシンだけでなくマシンの外にもあることと認識している」「全力を尽くし、チームがワールドチャンピオンチームになる手助けをするつもりだ。もし、それが自分のドライビングで達成できれば素晴らしいけど、それが将来の若いドライバーで達成されたとしても誇りに感じるだろう。それが僕のミッションだし、チームのためにベストを尽くす。」フェルナンド・アロンソが最後に表彰台に上がったのは2014年のF1ハンガリーGPまで遡る。アロンソは、キャビネットに新たなトロフィー追加することが主な目的の1つであると認める。「チームも僕と同じように表彰台に戻ることを望んでいるし、そのための手段を持っている」とフェルナンド・アロンソは語った。。2018年にF1を去って以降、フェルナンド・アロンソは、インディ500、デイトナ24レース、ル・マン24時間レース、ダカール・ラリーに出場してきたが、F1復帰の可能性があることが明らかになったとき、フィットネスの強化をさらに加速させたと語る。「身体を作り直す必要がある」とフェルナンド・アロンソは語った。「かなり具体的なフィットネスの準備を始めなければならなかった。2月に始めて今では100%だ。15日前にいくつかのフィットネステストを行い、これまでのキャリアで最高の結果が出た。だから、かなりやる気になっているし、満足している。かつてないほど強くなっているよ」...

サッカー選手は必見!動く体づくりのための「体幹トレーニング」 | ガジェット通信 GetNews

 姿勢や腰痛改善には、体を固定した状態での「体幹トレーニング」も効果的ですが、スポーツする方は、固めすぎはよくありません。動きをコントロールしながら、体を動かすためにおすすめの体幹トレーンングをご紹介します。 特に、サッカーなどの回旋動作に対する安定性、片足を操作している中で軸足を安定させるために必要な前側・横・後ろ側のエクササイズをご紹介します。...

ロックダウン時代の「冒険者たち」 | 視点 | Campaign Japan 日本

新型コロナウイルスのパンデミックでエクスペリエンス・エコノミー(経験経済)が機能停止に陥り、ミレニアル世代(ミレニアルズ)の文化が変わろうとしている。 我々ミレニアルズが皆、エクスペリエンスに夢中なことはどのマーケターも心得ている。ミレニアル文化は旅と発見に価値を見出してきた。そのためにどうお金を使い、どんなストーリーをソーシャルメディアに投稿するかが、つい最近まで我々の興味の中心だった。 そして、パンデミックがその活動を突然断ち切った。レストランや劇場は静寂に包まれ、飛行機は空港に待機となり、多くの人々は自宅の庭に出るのが精一杯という状況になった。元の生活に戻れるのは、まだまだ先の話だ。 日常生活が崩壊し、ミレニアルズはビジネスだけでなく、自分たちの文化の見直しも迫られている。究極的には我々の価値観やアイデンティティへの概念、ライフスタイル、そして購買行動も大きな影響を受けるだろう。 では、ミレニアルズのパーソナリティや文化的視点はどのように変わるのだろうか。 アイデンティティは「冒険心」 何人かの読者の方々は、心理学者のカール・ユングが人格を理解するために提唱した「12の元型」をご存知だろう。ユングによれば、それぞれの元型は人間社会における象徴的な感情やイメージ、つながりから形成され、異なる人格を生んでいる。12の元型にはそれぞれの特徴や価値観、信念があり、それらはしばしばストーリーテリングに反映される。例えば「賢人」型は知識を追求し(具体的に言えば映画『スター・ウォーズ』のヨーダ)、「恋する者」は深い関係性を求める(同じく、ロミオとジュリエット)。 もちろん、現実には一つの元型を忠実に再現している人間はいない。個々の人間はもっとずっと複雑なものだ。だが元型は、一つの集団や世代の価値観と特徴を表すのに有用なツールとなる。 洋の東西を問わず、ミレニアルズには共通点があり、夢を求める「冒険家」型が当てはまる。自由を求め、冒険や発見を通じて世界に自分の足跡を残したいと望むタイプだ。 現代のアクセスの向上は、エクスペリエンスの進歩に大きな役割を果たした。新たな旅や人との出会いの可能性が増え、エクスペリエンスの幅が広がることで冒険家を演じやすくなったのだ。 こうした魅力的なキャラクターの増加は、当然ながらソーシャルメディアのストーリーに反映される。バリでのハイキングやウィーンのお菓子のスナップ写真は、投稿者の冒険家的精神(と経済的幸福度)を手っ取り早く表現するものだ。我々はモノの所有よりも、行動によって生活の質を評価する。家の購入など長期的投資が困難になった今、冒険家の行動はますます積極的になった。 だが、冒険家を演じるためのエクスペリエンスが使えなくなってしまったのだ。では、ミレニアルズは何をするのだろうか。そもそも、今後もこの魅力的なキャラクターに固執するのだろうか。それとも、ほかの元型にシフトするのか。だとしたら、この状況の変化は我々のライフスタイルをどう変えるのだろう。 ミレニアルズが歩む道 エクスペリエンス・エコノミーの機能停止がまだしばらく続くのであれば、ミレニアルズが歩む道はふた通り考えられる。 1.     「冒険家」へのさらなる憧れ 今のようにアクセスが遮断された状態が続くと、過去のエクスペリエンスへの郷愁が付加価値を生むことになるだろう。 すでにソーシャルメディアでは、過去のバカンスや旅に関する投稿が増えつつある。これには郷愁と、いつか世界が元通りになってほしいという希望が入り混じっているが、ミレニアルズにとっては新たな社会的価値を引き出すチャンスでもある。 例えば、東南アジアのインフルエンサーたちは過去の旅のコンテンツから対照的な二つのイメージを投稿する。一つは、思索に耽るような己れの静かなイメージ。もう一つは、ドラマチックな自然や水平線をフィーチュアした雄大な風景写真だ。前者は事態の終息を心待ちにする彼らの気持ちを映し、後者は未知の世界の雄大さと美、つまりいまだ満たされない旅への渇望を表す。 過去の旅にまつわるインフルエンサーたちの投稿 過去のコンテンツを利用し、彼らは今でも冒険好きであることをオーディエンスに訴求する。そしてオーディエンスは自分たちにエクスペリエンスの機会がないことを知り、こうした旅を極めて貴重と捉えるだろう。つまり、冒険家はこれまで以上に崇拝を受けるようになるのだ。 その一方で、国内の旅に関するコンテンツも増えている。フィーチュアされるのはお馴染みのスポットの意外な情報であり、食べ物や飲み物、フィットネスといった新たな発見だ。ミレニアル世代は様々な「おすすめ商品」にも強い関心を示す。移動制限を強いられる今、こうした国内の情報は身近で新鮮なコンテクスト(文脈)となり得る。これらのコンテンツも冒険の延長であり、冒険家としての一面を示せるものなのだ。 国内のスポットを紹介する東南アジアのインフルエンサーたち もし旅が恒久的に制限されてしまえば、我々には過去のエクスペリエンスが礎となったノスタルジックなアイデンティティが生まれるだろう。それは決して繰り返されることのない事実を記憶する、第2次世界大戦を体験した世代と似ているかもしれない。思い出こそがミレニアル世代のアイデンティティの大きな特徴となり、永遠に冒険者たらんとしてもその実践は過去を振り返ることでしかできなくなるのだ。 エクスペリエンス・エコノミーが停止し続けた場合、ブランドはどう対処するだろう。答えは簡単ではないが、その一つは家庭での活動に冒険のトーンと新しさを持ち込むことだ。エクスペリエンス・エコノミーに関わるマーケターは、D2C(direct-to-customer)のビジネスモデルや、過去のエクスペリエンスからノスタルジーを呼び起こすプロダクトを試すかもしれない。いずれにせよ選択肢は少ないが、企業はミレニアルズのこうした特徴を捉え、そのニーズにアンテナを張っていかねばならない。 2.     新たなアイデンティティ:クリエイターの誕生 もう一つのシナリオは、新しいライフスタイルに見合う価値観にシフトすることだ。旅をしたり週末にフェスティバルに出かけたりできなくなれば、我々は家庭でできるアクティビティを探求することになる。 ミレニアルズはすでに、その方向転換の予兆を示している。今は新たなクリエイティビティが花盛りだ。パン作りや料理、アート、執筆、家の改装、縫い物、クラフト……インフルエンサーの間で起きているこうしたアクティビティのルネッサンスは、我々の興味の方向性を示唆していると言えよう。 料理道具や絵筆を取る理由は多々あるにせよ、こうしたクリエイティビティの追求は自分たちがコントロールできる活動であり、不確実性の時代にあって安心感を与えてくれるものだ。そして多くの人々が、己れの努力の賜物である創作物と、時代への思いを世に発表できる喜びを知りつつある。このシナリオでは、クリエイターは社会的により好ましい存在になっていくかもしれない。...

Read more

【ヨーロッパ発】バンジースーパーフライジャパン直営店「Fitness Studio Vi’RISE  世田谷」が7月9日(木)よりMakuakeにて限定サービスの提供スタート !

https://www.youtube.com/watch?v=6MXsnABjCyY   「Fitness Studio Vi’RISE 世田谷」 URL:http://vi-rise.com/ 当スタジオは欧州発のフィットネス器具を使用した日本初のフィットネススタジオになります。 Vi’RISEヴィーライズとはVi(ヴィ)=美が rise(ライズ)=上昇する。という意味。 美が向上していけるようにと想いを込めて付けました。 健康に対する意識、関心がとても高くなっている今日。 私たちはそうした方々に効率的、且つ少しでもメリットのあるレッスンをお届けしたいと思っております。 体も心も健康で自然体。そのような状態に少しでも近づけるお手伝いをしたい、それが我々の想いです。 外観もヨーロッパのイメージを基調としております。 一般社団法人日本ライトピラティス協会認定プログラム導入店! 日本ライトピラティス協会とは、ピラティス・メソッドをべースに、運動生理学、解剖学、ファンクション トレーニング理論を取り入れたピラティスエクササイズの普及を図り、健康に寄与することを目的とし、 その目的に資するためピラティスの普及活動、ピラティスの研修、ピラティスのライセンス発行を行っておりま す。   バンジーフィットネスのワールドマスタートレーナー資格保持インストラクター在籍! オランダ発のバンジーフィットネス!! ワールドマスタートレーナー資格保持者。 世界で7名しか発行されていない資格保持者が当スタジオトレーナーとして在籍しております。   欧州発最新フィットネス器具導入スタジオ 欧州から導入した最新フィットネス器具を利用し、楽しく安全にエクササイズ!3フロアに分かれたスタジオ 1Fはバンジーフィットネス(アクティブトレーニングフロア) ...

Read more

LA発のバーエクササイズ、CARDIO BARRE が混雑を避けたい方、お仕事前や忙しい方のために、早朝レッスンを7月13日(月)よりスタート!|株式会社ベイクルーズのプレスリリース

株式会社ベイクルーズ(東京都渋谷区、代表取締役:杉村茂)が運営する、L.A.を中心にハリウッドセレブに人気を誇るバーエクササイズ「CARDIO BARRE(カーディオ・バー)」は7月13日(月))より「早朝レッスン」をスタートします。今回の早朝レッスンは、45分という通常レッスンよりもコンパクトにまとまっていながらも、約480kcalを消費するというレッスンです。お客様から「朝の出勤前に参加できるクラスが欲しい」「混雑にならない時間帯でレッスンを受けたい」という要望を解決するレッスンです。【コロナウイルスによるニューノーマル時代、CARDIO BARREはオンラインとオフラインの両方に対応】  2017年に日本初上陸後、自由が丘、渋谷、新宿にスタジオ展開し、キャンセル待ちが出るほどご愛顧いただいていたCARDIO BARRE。新型コロナウイルスによるスタジオ営業休止を経て、6月から通常営業再開しました。それに伴い、オンラインレッスン「CARDIO BARRE LIVE STREAM(以下、ライブストリーム)」をスタートし、わずか10日間で新たに500名もの新規会員を獲得しました。新たに始まったニューノーマル時代、コロナウイルスによる事態の終息はまだ見えないながらも、カーディオバーは、新しい生活様式に沿ってお客様が参加しやすいよう、オフライン(STUDIO)とオンライン(LIVE STREAM)の両方に対応することで、今までと変わらないサービスとクオリティをお届けします。◆CARDIO BARRE「早朝レッスン」概要 開始日:2020年7月13日(月) 時間 :7:15-8:00 / 8:15-9:00     「45 分の短時間でも約 480kcal 消費」     その他詳細はHPを参照     http://cardio-barre.jp/index.html 公式Instagram :@cardio_barre.jp◆LIVE STREAMレッスンのメリット ・スタジオで強度が高いレッスン参加は敷居高く感じるが、オンラインだと参加しやすい ・CARDIO BARREに行きたがっていた、地方の友人に紹介できる ・さらに、地方の友人と一緒にレッスンを受けられる ・自分のペースで休憩を取りながらできる ・外出が不安な状況が続くので、家でレッスン参加できるのは嬉しい ・一人で行うことで集中できる ...

Read more

「LEAN BODY」がスポーツクラブ「メガロス」運営会社と業務提携契約を締結。リアル店舗とオンラインの融合で新たなフィットネス体験を創出|株式会社LEAN BODYのプレスリリース

国内最大級のオンラインフィットネスサービス「LEAN BODY」を提供する株式会社LEAN BODY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:中山 善貴、以下 LEAN BODY)は、スポーツクラブ「メガロス」を展開する野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社⻑:小林 利彦、以下 野村不動産ライフ&スポーツ)と業務提携契約を締結いたしました。リアル店舗とオンラインが融合した新たなフィットネス体験を創出すべく、共同で開発したオリジナルプランの提供を2020年7月1日より開始いたします。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止策による外出自粛要請は解除されましたが、終息はまだ遠く、現在でも多くの人が外出を控えています。、自宅で過ごす時間が長くなりこれまで以上に健康意識が高まっていることから、4月の「LEAN BODY」の新規会員登録数は2月に比べて21倍になるなど、オンラインサービスを活用してフィットネスを行う人が増加し続けています。本提携により、オンラインフィットネスの始めやすさとリアル店舗ならではのライブ感や一体感が融合した、「メガロス」と「LEAN BODY」によるオリジナルコンテンツの制作やLIVE配信などの2つの取り組みに挑戦いたします。   ①メガロスの新規・既存会員向けのオプションプラン 新規入会時に『メガロスオンラインプラス』をオプションとして選択いただけます。また、既存会員にはオプションの追加で登録することが可能です。月額980円で「メガロスLIVE」と「LEAN BODY」がオンラインで受け放題のプランとなります。本プラン開始からすでに登録1,600人を突破し、「臨場感あふれるレッスンで楽しい」「普段受けられないレッスンも受けられるので嬉しい」など喜びの声も多くいただいております。   ②『メガロス LEAN BODY』の提供 『メガロス LEAN BODY』は、「メガロスLIVEレッスン」と「LEAN BODY」の両サービスが月額1,980円で受け放題のプランとなります。 https://lp.lean-body.jp/megalos-a/index.html?utm_source=prtimes「メガロスLIVEレッスン」は、若年女性に人気の当社オリジナル暗闇エクササイズシリーズ「VOLTBOX」「VOLTCORE」「VOLTHIP」や、スポーツクラブで大人気の最新音楽に合わせたトレーニングを行う「MOSSA(モッサ)」、「LES MILLS(レズミルズ)」などの人気レッスンをオンラインで受けることができます。ライブなのでレッスン中の双方でのやり取りなど、参加者とインストラクターとのインタラクティブなコミュニケーションの場も設けており、参加者は一体感のあるレッスンを通して、飽きることなく続けることが可能です。「LEAN BODY」は、ヨガ・筋トレ・マッサージやストレッチだけでなく、一大ブームとなっている『令和版 ビリーズブートキャンプ』を含む400以上のレッスンがオンラインで受け放題です。「メガロスLIVEレッスン」と「LEAN BODY」の両サービスが受け放題の『メガロス LEAN...

Read more
Page 1 of 788 1 2 788