200ドル以下のベストスマートウォッチ | ギズモード・ジャパン

米Gizmodoの製品比較企画「Battlemodo」、今回のテーマは「200ドル以下のベストスマートウォッチ」です。 米GizmodoのVictoria Song記者によるレポートをどうぞ。 かつてスマートウォッチは、「贅沢な」ガジェットの類いでした。スマホほどの機能はなかったですし、それよりもだいぶ安いフィットネスバンドができることと大差なかったのです。そんな製品に数100ドルも払うのはなんだかお金の無駄遣いのように感じられました。 しかし、最近は200ドル以下のスマウォがたくさん発売されています。ほとんどが心拍数モニターを含む各種センサーを搭載しており、中には内蔵GPSまでもが付いたものも。今ではこの価格帯でカラーのAMOLEDタッチスクリーン、数日間は持つバッテリー、睡眠モニタリングにアクティビティトラッキングがつくのは割と一般的です。それに低予算スマウォであるにかかわらず、実際の値段よりもかなり高見えする製品も多いです。 今回、比較する製品にApple Watch Series 3とFitbit Versa 2は含まれていません。どちらもすばらしいスマウォではあるものの小売価格は200ドルであって、このBattlemodoは200ドル以下のウォッチを対象としているからです。この2つの機種は確かにセール価格になっていることも多々ありますが、どこかで線引きする必要があったのです。私たちの言う200ドル以下とは少なくともスマートウォッチとランチを購入できて、もしかしたら映画もレンタルできるかもってお値段です。 この価格帯は品ぞろえが豊富です。どれを手に入れるかは近々型落ちになりそうで値下げされた高級スマウォなのか、それとも200ドル以下のスマウォとして特別に設計されたものなのかによって異なります。今回のBattlemodoでは後者に当てはまる、2019年か2020年に発売されたスマウォにフォーカス。なるべくシンプルにするためFitbit Versa ライトエディション、Timex(タイメックス)のMetropolitan R(メトロポリタンR)、そしてPolar Unite(ポラール ユナイト)の3モデルに絞り込みました。 デザインと快適さ TimexのMetropolitan R。スタイリッシュですね! ...

Read more

最も人気

卓球ボール市場のグローバルな競争とビジネスの展望2020-2025 – label-online

世界の卓球ボール市場の成長2020-2025: レポートは、「グローバル卓球ボール市場」の詳細な評価を提供します。これには、有効化するテクノロジー、主要なトレンド、市場規模、課題、標準化、規制の展望、機会、将来のロードマップ、収益、需要、供給データ、競合情報、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイル、および戦略が含まれます。レポートは、2020年から2025年までの卓球ボールへの投資のSWOT分析と予測も示しています。...

社長の履歴書①|「社長として大切にしていることを学んだ2つの転機」/インヴェンティット代表取締役社長 鈴木敦仁|インヴェンティット株式会社のストーリー・ナラティブ|PR TIMES STORY

創業14期目・インヴェンティットの3代目社長である鈴木社長。彼が社長として大切にしている価値観を、過去の経歴を振り返ってお聞きしました!インヴェンティットとして大切にしたい価値観にも繋がります。(聞き手:FanReC代表/当社採用アドバイザー 濱田悠佑さん(@hamadaysk))原点はウォークマンへの感動。どんなサービスでも使われるのは便利さだけではなくそこにワクワクがあるから濱田-ではさっそくですが、社長のこれまでの経歴について教えてください!鈴木–新卒入社したのがダイエー社で、配属はグループ会社だったエンタメ系の会社でした。もともと起業や会社を経営したいと心に決めていて。でも具体的にどんな業界でどんな事業をやるかは全く決まっていませんでした。学生時代にはスキーをするため、2ヶ月ほど山籠りするくらいのスポーツ好きだったこともあって、スポーツ事業に携わりたいと思い入社を決めたんです。運よく、今では当たり前のようにあるフィットネスクラブの運営をはじめとしたスポーツ事業、ゲームなどのエンタメ事業に関わることになりました。入社時は90年前半で、バブルが弾ける直前の頃。小売業界も絶好調で創業者の中内㓛さんに影響を受けたいうことも入社を決めた大きな理由でした。アカウンティングなど経営に必要な知識を学びながら、「エンタメ」の重要性も深く学ばせていただきましたね。ユーザーが根本的に「楽しい」や「面白い」などポジティブな感覚を持たれないサービスや製品は絶対に購入してもらえないです。私が小学生の頃、SONYのウォークマンを手にした時のドキドキワクワクしたあの感覚。どんなサービスを作っても、あの時私が感じたドキドキ感ワクワク感を提供しないといけないと考えていました。・くだらないけど面白い。・何か分からないけどワクワクする。・純粋に楽しい。これらの感情や感覚がユーザーにとっては嬉しいものであり、人を動かす大きな原動力になる。それを真剣に追求するからこそ、サービスや製品の価値や作り手の想いがユーザーに届く。論理や理屈だけではなく、感情としてワクワクするものでない限り、そのサービスや製品はユーザーに長く使われることはない。それらを事業を通じて学び、それは、今でも私の中で大切にしている大きな価値観の1つとして生きていますね。やりたかった会社経営のためのスキルを培い、退職金は全て「英会話学習」と「CPA資格取得」に費やした濱田-なるほど。エンタメの本質である「ユーザーへの価値」を事業を通して学ばれたと。鈴木-はい、その影響もあって2社目はゲーム会社に転職をしました。大手ゲーム会社のグループ会社で、1社目の経験を生かして経営企画と事業企画を兼任するポジションを担当していました。経営戦略、事業戦略、M&Aの策定、買収後のPMIなどかなり広い裁量をいただいて様々なことにチャレンジする環境を得ることができました。IPOを目指し、現場にでも積極的に出ていって会社全体で一つの目標に向かってという体験が大変おもしろかったです。そして、ここでも大きな学びを得ました。それは「事業運営をしていくことだけではなく、いかに社会への還元、貢献も視野に入れて経営をしていくか?」ということでした。事業自体はトレンドもあり、急成長していました。一方、社会的な意義ってなんなんだろう?と感じるようになっていったんです。ユーザーに愛されるサービスや製品を作ることを一番に考えてきました。ただ、ユーザーだけではなくもっと広く社会的な価値がある事業に挑戦したいと思うようになったんです。その結果、退職することを決めました。濱田-会社経営を通して会社として実現したいミッションと、それに加えて社会的な意義がある仕事をしたいと。鈴木-はい。2社目を退職してからは、「次のキャリアをどうするか考える期間」として自己研鑽しようと決めていました。今後必要になるであろうスキルとして「英語」と「アカウンティング」を徹底的に身につけようと、両社とも退職金は全て英語学習と米国公認会計士(CPA)の資格取得のために充てました。2年ほどそんな時を経て、英会話教室の知人からエージェント、その人の知人と何人か人を介してインヴェンティット創業者の西田と出会い、この会社と縁を持つことになりました。その西田の創業の思いというのが、「機械を介して遠隔で人を見守る」というものでした。正直、そこにひかれましたね。<まとめ>・もともと起業をしたいという想いを持っていて、そのためのキャリアを歩んできた。・製品やサービスを作るときに必ず大切にしている視点は「エンタメ性=「ユーザーへの価値」」。・ユーザーにドキドキ、ワクワクする体験価値を大切にしたい。・広く社会的な意義がある事業をしたい。そんなサービスや製品を作りたい。Vol2に続く!◆◆インヴェンティット株式会社 鈴木敦仁(すずき・あつひと)◆◆法政大学社会学部卒業。小売・ゲーム・IT業界にて、営業・管理・経営企画・事業企画業務を経験。ダイエーグループにおけるスポーツクラブやアミューズメント施設運営を皮切りに、ドワンゴグループでのゲームビジネス、ホールディング企業の立ち上げやマネジメントに携わるなどエンターテインメント業界を中心に従事。その後、2011年にBtoBのITサービス事業の創成期であるインヴェンティットに参画。CFO・COOを歴任し、2016年から代表取締役社長CEOを務めている。1968年東京都生まれ。 --...

200ドル以下のベストスマートウォッチ | ギズモード・ジャパン

米Gizmodoの製品比較企画「Battlemodo」、今回のテーマは「200ドル以下のベストスマートウォッチ」です。 米GizmodoのVictoria Song記者によるレポートをどうぞ。 かつてスマートウォッチは、「贅沢な」ガジェットの類いでした。スマホほどの機能はなかったですし、それよりもだいぶ安いフィットネスバンドができることと大差なかったのです。そんな製品に数100ドルも払うのはなんだかお金の無駄遣いのように感じられました。 しかし、最近は200ドル以下のスマウォがたくさん発売されています。ほとんどが心拍数モニターを含む各種センサーを搭載しており、中には内蔵GPSまでもが付いたものも。今ではこの価格帯でカラーのAMOLEDタッチスクリーン、数日間は持つバッテリー、睡眠モニタリングにアクティビティトラッキングがつくのは割と一般的です。それに低予算スマウォであるにかかわらず、実際の値段よりもかなり高見えする製品も多いです。 今回、比較する製品にApple Watch Series 3とFitbit Versa 2は含まれていません。どちらもすばらしいスマウォではあるものの小売価格は200ドルであって、このBattlemodoは200ドル以下のウォッチを対象としているからです。この2つの機種は確かにセール価格になっていることも多々ありますが、どこかで線引きする必要があったのです。私たちの言う200ドル以下とは少なくともスマートウォッチとランチを購入できて、もしかしたら映画もレンタルできるかもってお値段です。 この価格帯は品ぞろえが豊富です。どれを手に入れるかは近々型落ちになりそうで値下げされた高級スマウォなのか、それとも200ドル以下のスマウォとして特別に設計されたものなのかによって異なります。今回のBattlemodoでは後者に当てはまる、2019年か2020年に発売されたスマウォにフォーカス。なるべくシンプルにするためFitbit Versa ライトエディション、Timex(タイメックス)のMetropolitan R(メトロポリタンR)、そしてPolar Unite(ポラール ユナイト)の3モデルに絞り込みました。 デザインと快適さ TimexのMetropolitan R。スタイリッシュですね! Photo: Victoria Song/Gizmodo腕時計というものはスマートウォッチであれ普通の腕時計であれ、いくらかは自分らしさを出すものです。もしウォッチが醜いか身につけるのにイライラするようであれば、引き出しの中でホコリを被ることになるでしょう。この3製品はうれしいことにどれもダサくはないですし、リストバンドの変更も可能。とはいえ、それぞれに個性がありました。 Fitbit Versa ライトエディション(160ドル)はどちらかというと派手な色で…主張の強いブルーとパープルとだけ言っておきましょう。ケースカラーも同様ですが、もっと控え目なシルバーも存在します。明るい色は最高なんですが、購入するカラーによっては少し子供っぽく見えてしまいそう。しかもVersa ライトは、今回比較している製品の中では一番わかりやすくApple Watchのクローンです。 一方、Polar Unite(150ドル)はラウンドフェイスでデフォルトのリストバンドも良さげですが、それ以外に特筆すべき点はありません。手首にまとった感じはかわいらしくて表面加工シリコンも触り心地はいいですが、バックルの留め具を好む人向けではなさそう。デフォルトのリストバンドは扱いにくくて、着用したまま寝るには心地悪い時もありました。...

Read more

これぞ王道、手頃なスマートウォッチの代表選手:Polar Unite | ギズモード・ジャパン

ストラップは、黒、白、青色もアリ。今回、米Gizmodoがレビューしているのはスマートウォッチ「Polar Unite(ポラール ユナイト)」。睡眠と自律神経系(ANS)の情報を組み合わせた、リカバリー用のメトリックがひとつの特徴なんだそうです。ただ、ウォッチのアドバイスに従うかどうかは、あなた次第!昨年モデル「Polar Ignite」との比較も交えたレビューをどうぞ。フィットネスって本当は、複雑である必要はないんです。でも、スマートウォッチのデータ分析が高度になるほど、ついていけないかも...と考え始める人もいるかもしれません。わたしのもとに「オススメのスマートウォッチは? 」という質問をくれる人のほとんどは、細かい指標よりもコスパや基本的なトラック機能はどうか、というところが気になっているのではないでしょうか。"基本"がそろったスペック「Polar Unite」は、極めてスタンダードな機能がそろったスマートウォッチです。スマホでの通知受け取り、心拍数の計測、GPS連携、睡眠のトラッキング、呼吸エクササイズ機能などを提供してくれます。充電は(推定※のちに詳述あり)4日に1回必要。水深30メートルまでの防水機能(水泳には通常、最大50メートル対応の5ATMが望ましい)なのでシャワーやお皿洗い、プールの水しぶき程度なら着用したままでも大丈夫そうです。カラータッチスクリーンの下部には角のあるベゼルあり。解像度は可もなく不可もなく。音楽ストレージ、サードパーティのアプリ、NFCの支払いは非対応です。Polar UnitePhoto: Victoria Song/Gizmodoこれは何:Polarのベーシックなライフスタイルスマートウォッチいくら:150ドル(日本では2万円)好きなところ:コスパよし、リカバリー機能が便利!好きじゃないところ:バッテリー寿命がちょっと残念。これから運動する習慣をつけたい人に製品リリース前のブリーフィングに参加したとき、Polarはパンデミック以降どれだけの人たちが運動に興味を持つようになったか数字を出しつつ、Polar Uniteはアクティブになりたいけど少し迷いがちな人向けだと説明されていました。おそらく「体動かすの、大好き!!」という人たちよりもっとカジュアルに「ちょっと運動する習慣つけようかな...」という心持ちの人たちも多くいるはず。Uniteはそんな人たちに向けたスマートウォッチということになります。さて、そんなPolar Uniteを腕に装着するとわかるのが、ものすごくアイキャッチングな何かがあるわけではないけれど、じわじわと愛着が湧いてくるデザインだということ。わたしがレビュー用にゲットしたのは、ピンクのストラップ。おそらく自分では選ばない色ですが、数日も使うと気に入るように!ストラップは交換可能で、Polarの公式サイトで色を選ぶこともできます。(旧モデルにはストラップを交換できないものもあったので、これは嬉しいポイント)ウォッチ自体は超軽量で、重量は32グラム、43 mmのケースはガラス繊維強化ポリマー製です。特徴的なメトリクス 個人的に1番気になったのが、リカバリー機能。たとえば、指標のひとつである「Nightly Recharge」は、睡眠と自律神経系(ANS)の情報を組み合わせたもので、心拍数の変動や呼吸数を測定して、睡眠中に自律神経系がどの程度回復したかを判断してくれます。これにより、どれくらいハードにトレーニングすべきかを決めることもできます。睡眠スコアはわかりやすく、1から100までのスコアを取得します。スコアが緑色で表示されると通常よりもよく休んでいて、オレンジ色だとよく眠れていなかったことを示しています。こうしたリカバリーの指標は、昨年の「Polar Ignite」モデルから搭載されるようになりました。自律神経系を指標として活用したウェアラブル機器は、Polar UniteのほかにWhoopがあります。「Nightly Recharge」は科学的根拠に基づいた指標ですが、FDA認証を得たものではないことも留意しておくべきかもしれません。Polar Uniteも、IgniteもWhoopも医療機器ではありません。リカバリーの指標としていかに効果的であるかは、Polarから臨床的・査読済みの研究論文が発表されるのを待ちたいところです(Polar製品を用いた研究のホワイトペーパーやリサーチライブラリなら公開されています)。Photo: Victoria Song/Gizmodo個人的には、「Nightly Recharge」の言うことに懐疑的になることもありました。それは、ウォッチによれば「体調が思わしくない」日でも、「リカバリーできていない」日でも、「ぜんぜんリカバリーできていない」日でも、わたしの身体は軽く1日で約5キロメートル以上走れていたときのこと。謎めくスコアの悪さを見ると、ちょっとやる気を阻害されそうになりました。でも、Polar Flowのアプリの言う通りにリカバリーできていない日でも"軽め"の運動を続けることに。ときには、アドバイスよりも自分の身体のいうことを適度に聞くのも良いのかな、と思っています。GPS、心拍数の精度はさて、アクティブトラッカーとしてのPolar Uniteはどうでしょう。GPS連携機能は、スマホのGPSを使うため、たとえばスマホを持たずにランニングに出かけるという身軽さは叶いません。5回ほど試してみて、4回は問題なくGPSが機能しましたが、1回は信号が掴めず。スマホを再起動したら直りました。Apple Watchなどと比べると、Polar Uniteはちょっとランニング距離を長めに取る傾向がありました。ただし、差異はごくわずか。最大でも数十メートルくらいです。たとえば、スマホいわく5.05キロメートルのランニングは、Polar Uniteだと5.13キロメートル。Apple Watch Series 5だと5キロメートルぴったり。この違いは、平均ペースが10〜20秒ズラすことになるので、おそらく1回1回のランニングで記録を少しでも伸ばそうとしている人からしたら煩わしい誤差かもしれませんが、全体的な記録や走行距離を把握したいというランナーにとってはそれほど深刻な問題ではないです。その他、心拍数の計測に関してはApple Watch...

Read more

定額制映画チケットサービス「MoviePass」創業者の次の一手 |

約8年前、Hamet Watt(ハメット・ワット)氏とStacy Spikes(ステイシー・スパイク)氏は、定額制の映画チケットサービス「MoviePass」を立ち上げた。このサービスは、投資家の心と資金を掴み、何千人もの映画ファンに映画の見放題という、かなりお得なサービスを提供した。 ワット氏は、True Venturesの客員起業家(Entrepreneur-In-Residence、アントレプレナー・イン・レジデンス)としてMoviePass に入社した後、ブランドとプロダクト・プレースメントのスタートアップであるNextMediumを設立し、Upfront Venturesのボード・パートナーとしても活躍していた。現在は連続起業家として知られており、スタートアップ投資家でもあるこの人物は、Share Venturesの支援のもとで、2つのキャリアパスを融合させようとしている。 「今回やろうとしていることは、まさに私がいまやるべきことです。」とワット氏。「私はデザインと起業家精神で問題を解決するのが大好きなんです。私はこれまで投資家としての望みを完全に掻き立てることはしてきませんでした」と続ける。 Share Venturesは、Upfront Ventures、Alpha Edison、True Venturesのジェネラルパートナーと創業者、韓国のファミリーオフィスなど、多くの投資家から1000万ドル(約10億6000万円)の資金を調達し、年に2~4社の会社を立ち上げる予定だ。 ワット氏によると、新しいスタジオは、彼が「ヒューマン・パフォーマンス」と呼ぶものに焦点を当てるという。「これらの事業は、フィットネス、栄養学、メンタルヘルスをターゲットとしたサービスを創造するために、テクノロジーと人間の相互作用を融合させたものになる」と同氏。 Share Venturesが最初に注力するのは「未来の生活」と「未来の仕事」の2つの分野だ。ワット氏は「この2つの分野では、個人の目的の開発、精神的・肉体的な強化、個人的・職業的な成長を可能にするビジネスの開発に注力していく」という。 画像クレジット:Share Venturesワット氏にとって、スタジオモデルはスタートアップ投資の次のイテレーション(反復によって精度を高めること)を象徴している。「スタジオがその道をリードすると考えています」と同氏。 「未知数の企業や経営陣に投資するのではなく、既存の企業が新製品や新サービスの開発を繰り返しているのと同じように、スタジオでは迅速にプロダクトを生み出すせると考えています」と語る。 「私たちはツールを集めて、会社のビルディングスタックを作りました。これらは、サードパーティが開発したツールと内部ツールスタックで構成されています」と説明する。 画像クレジット:Share Venturesワット氏によると、シェアベンチャーズは持株会社として運営され、プールされた株式は会社の従業員全員で共有される。「投資先企業とともに働き、専門のチームを構築していく中で、才能を開花させるための十分な資金がある」とのこと。 「このモデルは、Share Venturesの本拠地であるロサンゼルスから数マイル離れたカリフォルニア州パサデナを拠点とするBill Gross(ビル・グロス)氏のインキュベーター施設であるidealabと大きな違いはない。また、ドットコム時代にさまざまなポートフォリオ企業を数多く作ってきた@Venturesにも似ている。「我々投資家が立ち上げを支援したすべての会社は、最終的に創業者が所有しています」とワット氏は言う。 同社には10人のスタッフがおり、最初の候補企業を選定している。 ワット氏は2018年にこのアイデアについて投資家と話し始め、2019年の大半を費やして最初の数社の企業を立ち上げようとした。「私たちは多くの実験を行い、多くのアイデアを生み出しています。会社を立ち上げる前にゴールに放り込んだショット数は多いです」と語る。 franckreporter /...

Read more

卓球ボール市場のグローバルな競争とビジネスの展望2020-2025 – label-online

世界の卓球ボール市場の成長2020-2025: レポートは、「グローバル卓球ボール市場」の詳細な評価を提供します。これには、有効化するテクノロジー、主要なトレンド、市場規模、課題、標準化、規制の展望、機会、将来のロードマップ、収益、需要、供給データ、競合情報、バリューチェーン、エコシステムプレーヤーのプロファイル、および戦略が含まれます。レポートは、2020年から2025年までの卓球ボールへの投資のSWOT分析と予測も示しています。 (特別オファー:期間限定のフラット20%割引) リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを取得します。 https://www.marketintelligencedata.com/reports/66667/global-table-tennis-balls-market-growth-2020-2025/inquiry?Source=label&Mode=87 世界の卓球ボール市場分析レポートには、トップ企業が含まれます: DHS、EastPoint Sports、Double Fish、STIGA、Andro、Nittaku、TSP、Xushaofa、DONIC、Butterfly、XIOM、Yinhe、Champion Sports、729、Weener、JOOLA など。 製品の種類と用途で分割された世界の卓球ボール市場: このレポートは、タイプに基づいて世界の卓球ボール市場を  分類し  ます。 スターボール スターボール スターボール その他のボール アプリケーションに基づいて  、世界の卓球ボール市場は次のように分類されます。 フィットネス&レクリエーション 試合とトレーニング 卓球ボール市場の地域分析: 市場のダイナミクスを包括的に理解するために、世界の卓球ボール市場は、米国、ヨーロッパ、中国、日本、東南アジア、インド、中南米などの主要地域で分析されています。 これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。 詳細な目次を含む完全なレポートをここで探索してください: https://www.marketintelligencedata.com/reports/66667/global-table-tennis-balls-market-growth-2020-2025?Source=label&Mode=87 世界の卓球ボール市場のTOCスナップショット: –卓球ボール市場の概要–グローバルな卓球ボール市場の競争、プロファイル/分析、戦略–グローバルな卓球ボールの容量、生産、地域(2015-2020)による収益(値)–グローバルな卓球ボールの供給(生産)、消費、輸出、地域(2015-2020)ごとのインポート–グローバル卓球ボール市場地域のハイライト–産業チェーン、ソーシング戦略、ダウンストリームバイヤー–マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー–市場効果因子分析–現在のシナリオに関する市場決定–世界の卓球ボール市場予測(2020-2025)–ケーススタディ–調査結果と結論 この調査には、2015年から2020年までの履歴データと2025年までの予測が含まれているため、重要な表を通じて業界の幹部、マーケティング、セールス、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、利害関係者がレポートに簡単にアクセスできます。ドキュメントグラフで主要な業界データを探しています。 最後に、卓球ボール市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速する市場調査結果の信頼できる情報源です。このレポートは、地域、経済状況、製品の価値、メリット、制限、作成、供給、要​​求、市場開発率と数値を提供します。卓球ボール業界レポートに加えて、SWOTテスト、投機的実現可能性調査、ベンチャーリターン調査に関する新しい課題を提示します。 完全なレポートを購入: https://www.marketintelligencedata.com/report/purchase/66667?mode=su?Source=label&Mode=87 レポートのカスタマイズ:  このレポートは、最大3つの企業または国または40の分析時間までの追加データのニーズに応じてカスタマイズできます。...

Read more
Page 1 of 826 1 2 826